SC(Siacoin、シアコイン、サイアコイン) 取引所のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
02:15 2019年11月19日
バンクエラが日本で取引所ライセンス取得できる可能性は限りなく低いじゃろ。日本の企業ですら撤退している中で、SCが日本で事業を展開していくのは資金的に無理がありそうじゃ。それに加えてCEOがテロ資金調達防止法違反とマネロンで罰金刑を受けているしのぅ。ふおっふぉっふぉっ。
◆マレーシア、ICOや取引所に対する規制の枠組みを策定◆

同国リム・グアンエン財務相は予算演説の中で、マレーシア証券委員会(SC)は現在、ICOや仮想通貨取引所に対する規制の枠組みを策定していると述べた。この枠組みは2019年第1四半期に発効する予定。

【情報提供:金色財経】 #フォビ #huobi
Siacoinの10/31HFへむけてv1.3.7をサポート状況一覧。
Binance、Bittrex、upbit、Poloniexなどの主要な取引所はサポート確認済み。
#バンクエラ 売り実装おめでと&
取引所オープン後の予定も少しアナウンスでました!
#スペクトロコイン
祝・バンクエラのSC売り実装&取引所オープン後の予定が少しでた - トークンセール
もし売り限度額が無制限だった場合,予想以上に売られた場合に買いきれない等も考えられる.(実際にはP2Pネットワーク内のデータ移動?出金されなければ問題ない?)

そうなるとバンクエラの余力が気になります.
(ICO調達額,SC粗利などなど)

バンクエラの取引所リリースが分岐点になる気がする!
バンクエラのサイトが新しくなりました。

スペクトロコインの紹介が最初にきて、

販売所(SC)、バンクエラ取引所、ローンなどのサービスなどを、
バンクエラウォレットでシームレスに利用できる。みたいなイメージかなぁと感じました。

2ch掲示板

406: 承認済み名無しさん 2019/01/20(日) 09:22:08.25 ID:MESWhRdQ.net
取引したいんじゃなくて、売りたいだけだろ?
買いたい奴は少なくても、売りたい奴は多いはず
だからこれまでも売らせないためにSCでも理由つけて売却制限してきた
規制なんて以前からあったのに取引所開始直前に規制を理由に日本居住者利用禁止にした
なんのためにそうしたと思っているの?
もちろん売らせないため
引っかかったバカな日本人にガチホさせたいんだから
わざわざそれを売却できるようにするなんてありえない

946: 承認済み名無しさん 2019/01/08(火) 16:08:04.69 ID:fp6bsbxA.net
おそらくSCで制限を下げたのは
日本人による失望売りをさせたくないからだと思うね
とりあえず取引所オープンした後に
他国に向けてBNKのイメージダウンさせたくないんだろ
他国は普通にトレードできるし
日本人にとっては経営陣の対応がクソ過ぎるけどなw

841: 承認済み名無しさん 2018/10/26(金) 11:30:37.24 ID:iUodU5qX.net
ニュースの次は「白と黒どっちがお好き?」だもんな
他の取引所ならそんなもん質問しなくても複数用意するぞ
これはもう、ニュースに便乗した仕手の売り抜けか運営の買い戻しなんだろうが
SCの規制外したらみんな売りまくるから運営はそんな買い取る金ないだろうから外せないだろうな

10093: mmp***** 2018/8/13(月) 17:06 ID:17u.FYh5uTEbrsVv6FXaariC10093.net
マイニング関連企業IPO

2012年のFacebookの170億ドルIPOを上回る大規模資金調達目指す

180億ドルの資金調達は、Facebookが2012年に行った170億ドルのそれ上回る大規模なものになる。Sequoia Capital Chinaはすでに2018年6月、ビットメインの幹事社として5000万ドルのシリーズA、4億ドルのシリーズBの調達ラウンドを実施した。Aラウンドは事後評価額10億ドル、Bラウンドは120億ドルに相当する。

計画中のIPOの株価と発行数は明らかにされていないが、IPOに近い投資銀行は、ビットメインの株式公開初年度の株価収益率(PER)は、20と計算している。IR情報によると、ビットメインの利益は、16年度1億ドル、17年度は11億ドル、18年Q1だけで11億ドルだった。18年度通年のそれは20億ドルと予測されている。

ビットメインのジハン・ウー(Jihan Wu)最高経営責任者(CEO)は5年前、ビットコイン採掘をより効率的に実施するため、ビットコインのマイニング専用の最先端半導体ASICの開発目的で共同創業者のマイクリー・チャン(Micree Zhan)氏と協議した結果、ビットメイン設立に至った経緯がある。マイニング事業はその後、ビットコインのほかBitcoin cash、Litecoin、Dash、Siacoin、Ethereumにまで広がった。

ジハンCEOと共同事業者チャン氏、合わせて資産53億ドル

今回のIPOによって、ジハン、チャン両氏合わせた持ち分は、2018年1月時点で約60%保有していると推定して、約53億ドルに達する見込み(Bloomberg)。投資家向け目論見書によると、ビットメインの採掘マシンは、採掘全量の66.6%を占め、ビットメインが運用するマイニングプールは、マイニングネットワークの40%に及んでいる。

ビットメインは5月以来、オープンソースの分散型取引プラットフォームDEx.topに投資している。これは従来の仮想通貨取引所とは異なり EthereumとRSK(ビットコインのスマートコントラクト・プラットフォーム)の両方のネットワークと互換性のあるスマートコントラクトで構築されている。非保管型の取引プラットフォームであり、ユーザーの秘密鍵へのアクセス権を持っていないため、ユーザーの資産は取引所によって保管されることはない。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト