NTK(Neurotoken) 最高値のTwitter・掲示板の評判

2ch掲示板

10532: 投資丞相 2018/9/10(月) 17:19 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10532.net
「億り人」は泡沫の夢…大暴落で泣いた仮想通貨トレーダーの今
2018.09.10
印刷
 昨年、半狂乱の仮想通貨相場で数多くの億り人が生まれた。しかし、相場は一転。厳しい氷河期に突入し、資産の多くを失った仮想通貨トレーダーは多い。熱狂の渦にいた仮想通貨トレーダーたちは今、いったい何を思うのか――。暴落した相場に泣いた3人の男たちを直撃した。

NTKのミートアップに参加した梅木氏(右)だが、現在は購入時から10分の1にまで価値が減少してしまった。

億り人を夢見た瞬間もあったのに……

仮想通貨の価格が低迷している。ビットコイン(BTC)の価格は8月25日現在、6700ドル前後で、昨年末につけた最高値から3分の1程度にまで下落しているのだ。
 著名トレーダーたちも、この強烈な下落相場で苦しんでいる。
「正直、今は何も信じられない」

 こう嘆息するのは、お笑いコンビ「ハニートラップ」の梅木一仁氏。梅木氏は昨年の春、当時1枚6円だったリップル(XRP)とネム(XEM)を計15万円ほど購入。直後にバブルに乗れ、資産はたちまち10倍に膨らんだ。極めて順調な滑り出しに見えたのだが……。
「これで億万長者になれる」借金で買った草コインが大暴落


「ウハウハだったのは今年の1月まで。1月にニューロメーション(NTK)というコインのICOに参加するため、消費者金融で60万円を借りてぶち込みました。『最低600倍になる』という触れ込みにノッてしまった。その後も買い増して現在、手元には計1万5000枚のニューロメーションが残ってます。これがまずかった」
 バブルから一転、仮想通貨全体が調整相場に突入。草コインであるニューロメーションも煽りをもろに受け、価格は大暴落した。平均購入価格1枚53円が1枚5円に。梅木氏のNTK資産も80万円から7万5000円に目減りした。
「しかも、取引所の板が薄いので売るに売れない。このコインを僕に勧めてきた知人が失踪するなど精神的なダメージも大きいです」

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト