NAS(Nebulas、ネブラス) ICOのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
14:56 2019年11月22日
$NASH まとめ

-2018年超絶人気ICOでくじであたった人のみ参加できた。個人キャップは1000ドル。倍率確か8倍。海外人気もえぐい
- $NASH はNASH Exchangeの取引所トークン。取引手数料の配当を受けられる
-アメリカ49州でライセンス取得。バイナンスアメリカの母体は1つの州のライセンスのみ。
【BQT】

・BQT取引所でバイナンスのBNBトークンの取扱いが決定
・NASDAQのテレビ番組から取材
・人気の仮想通貨雑誌『デジ通』に特集として掲載(2019年1月20日発売)

詳しくはLINE@→【

#暗号通貨 #仮想通貨 #ICO #上場 #バイナンス #起業家 #STO #BQT #BNB
思ってたよりも似てたワロタw

LUNASEA・真矢&元ロッテ・里崎氏 念願の初対面「先祖でつながってるかも」 | ORICON NEWS
のちのDX exchangeである

NASDAQがメインパートナーのICO【CoinsExchange(コインズエクスチェンジ)】
【ナスダック】

ETH爆上げ!?NASDAQ上場企業の株式をトークン化!サービス開始

LINE@→【#BTC #ETH #XRP #ビットコイン #ADA #仮想通貨 #ICO #インサイダー #上場 #ETF #ノアコイン #noah #リップル #ナスダック

Ankrがマーケットについて言及。
“この市場かなり苦しく、さらには$2000まで下がる可能性はあります。しかし底は近いと考えています。NASDAQのインターネットバブルの後の推移のように着実な成長を見せるでしょう。ICO時のETHは部分的にフィアットにしている。TGEは来年初めをめどに進めていく方針。”
ゴジラ座

探してみようかな。

ORICON NEWS:ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初 - 毎日新聞
NASDAQどうこうってチラッて見たけどアレってそもそもソースがICOJournalじゃなかったっけ?あそこ、BTCのETFも"元関係者のリークで"
ほぼ確実に承認とか訳の分からない記事出してたし、ソースとしての信用度に欠けるからそこを起点に分析するのしんどいような。。。
アメリカのハイテク企業が上場する世界的な証券取引所、ナスダックが設立する取引所に、XRPが上場する可能性があるようです。

#リップル #XRP #ナスダック #NASDAQ #仮想通貨 #取引所 #証券取引所 #上場 #暗号通貨 #株式投資
#ICO
ICO Journalはアメリカの株式市場であるNASDAQ(ナスダック)が2019年に仮想通貨のリップル(XRP)を上場する事について検討していると報じました。

NASDAQは来年初頭に仮想通貨取引所を設立する計画で、同取引所に最初に上場を予定している通貨にXRPが含まれているとされています。
NASDAQ(ナスダック)がXRP(リップル)上場か、2019年に仮想通貨取引所を設立へ
2018-09-29

FacebookTwitterHatenaLine
ICO Journalはアメリカの株式市場であるNASDAQ(ナスダック)が2019年に仮想通貨のリップル(XRP)を上場する事について検討していると報じました!
「XRPは来年NASDAQが仮想通貨取引所を開始した時、最初の取り扱い銘柄に設定されている」などという報告書の記述...

Ripple is in talks with NASDAQ (NDAQ) to list on NASDAQ's cryptocurrency exchange next year - The ICO Journal

#リップル
$XRP
米リップル、Coinbase、NASDAQも参加:米国おける仮想通貨の規制整備会合が本格化


米国の仮想通貨およびICO規制明確化のため、伝統金融業界を含む代表者80名が集結。とある連邦議会議員は、規制サイドの仮想通貨関連知識が不十分だとして「議員教育の必要性」を訴えた。
☼[cointelegraph] ICOなど仮想通貨プロジェクトの調査対象を200に拡大=北米証券監督官協会(NASAA)【】[cointelegraph] ICOなど仮想通貨プロジェクトの調…
[cointelegraph] ICOなど仮想通貨プロジェクトの調査対象を200に拡大=北米証券監督官協会(NASAA)
北米証券監督官協会(NASAA)は28日、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)や仮想通貨関連の投資商品に対する調査「オペレーション・クリプトスイープ」の対象を200に拡大したと発表した。規制当局による取り締まり強化によってICOブームに陰りが出るかもしれない。
♗ICOなど仮想通貨プロジェクトの調査対象を200に拡大=北米証券監督官協会(NASAA)【】北米証券監督官協会(NASAA)は28日、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)…
ICOなど仮想通貨プロジェクトの調査対象を200に拡大=北米証券監督官協会(NASAA) via @JpCointelegraph
北米証券管理者協会(NASAA)は8月28日、進行中のイニシアチブ「Operation Cryptosweep」がICOと暗号関連投資商品の調査を200件以上実施したと発表
【仮想通貨ニュース】Ripple,NASDAQ,ICEの三社が米国連邦議員から招集を受ける

オハイオ州代表のWarren Davidson議員は上記企業を中心とした32名の仮想通貨専門家を招集し、ICO規制に関する会議を行うと発表しました。

この会議は9月25日に国会で開催される予定です。
【翻訳】

米オハイオ州代表下院議員Davidson氏は、ICO規制を議論するため、仮想通貨業界の大物を、9/25に国会議事堂に招待すると発表。

招かれる32名は、NASDAQ・Intercontinental Exchange [ICE]・Kraken・CME Group・Circleなどで、
リップル社も入っている。

#リップル
【重要】米下院議員がNASDAQ, Intercontinental Exchange [ICE], Kraken, Ripple, Harbor, CME Group, Circle, Coin Centre, Union Square Ventures等から32人の重要人物を招待して、ICO規制に関する議論を9/25に連邦議会議事堂(Capitol Hill)にて行うことを明かした。

2ch掲示板

6894: svu***** 2018/5/19(土) 15:49 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6894.net
仮想通貨インデックスファンドへの機関投資家マネーの流入

仮想通貨インデックスファンドへの投資は、デジタル通貨の価値に前向きの影響を与える。

CrowdfundX(フィンテックのマーケティング会社)のダレン・マーブル氏は、現段階では、ビットコインの成長(値上がり)を誘引する主力は機関投資家であるという。同氏はさらに、機関投資家は非集中型の仮想通貨取引所でビットコインを購入しないと指摘している。その理由は、彼らが流動性、セキュリティ、取引先リスク、仮想通貨の保管などのトラブルを恐れているからだ。

マーブル氏は「tZERO、Coinlist、あるいはNASDAQ(ナスダック)など、規制管理された取引所が2次的な仮想通貨取引プラットフォームを開いている時だけ、機関投資家の投資金はビットコインの直接投資に向かう」という。

結果として、「こういう事態になれば、水門は開き、新しいパラダイム(実例)が浮上する。仮想通貨の時価総額は10億ドルを超え、ビットコインが市場最高値に到達するだろう」という。

仮想通貨関連の上場投資信託(ETF)の拡散

ビットコイン価格を吊り上げる要因の最後の1つはETF(exchange-traded funds)の普及である。BitcoinIRA.comのクリス・クライン創業者兼最高執行責任者(COO)は、ビットコイン価格は間違いなく反騰するだろうと、次のように語った。

「仮想通貨関連の上場投資信託(ETF)は、仲介業者アカウントを通じてより容易に取引され、それによってビットコインやその他仮想通貨の価格急上昇に貢献する」

ビットコインの値崩れを引き起こした主として3つの要因は、政府の規制の動き、ビットコイン大口保有者である”クジラ(鯨)”の動向、そして限りなく続くICOだと言われる。その逆となるビットコイン価格急上昇の3要因は、目先の1万ドル回復にも当てはまると考えられる


6月からナスダックのシステムを使った取引所の開始とコインチェックの再開とボーナスシーズン
夏頃からSBI取引所の開始
その後もヤフー、ライン等の大企業が続々100社以上参入
上がらない理由が見つからない

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト