NAS(Nebulas、ネブラス) 最高値のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
21:02 2019年11月19日
S&P500、NASDAQ、ダウ、揃って最高値更新。

来週から決算が本格化クルー
11日のNY市場はまちまち
NYDOW: 27088.08 (+227.88)
NASDAQ: 8196.04 (-6.49)
CME225: 21595 (-5(大証比))
FRB議長議会証言受け買い。薬剤給付管理企業への割戻金禁止撤回から医療保険やPBMが買われ、製薬銘柄に売り。一時27000ドルの節目上回り過去最高値更新。
株探ニュース
10日のNY市場は上昇
NYDOW: 26860.20 (+76.71)
NASDAQ: 8202.53 (+60.80)
CME225: 21530 (+30(大証比))
FRB議長の議会証言で今月の利下げが意識され買い広がる。決算発表シーズン控え上値は限られたものの終日堅調に推移。ナスダックは過去最高値を更新。
株探ニュース
米国主要株価指数 日足チャート

パウエルFRB議長の議会証言に注目が集まったが、利下げ期待高まる内容だったようだ。


米国債利回りは証言直前と比べやや低下、ドル安、米国株高の反応。

S&P500は一時3000の大台を突破、NASDAQは最高値更新。
NASDAQこんなに落ちてもまた年内に最高値目指すのかヌゥ?

2ch掲示板

6894: svu***** 2018/5/19(土) 15:49 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6894.net
仮想通貨インデックスファンドへの機関投資家マネーの流入

仮想通貨インデックスファンドへの投資は、デジタル通貨の価値に前向きの影響を与える。

CrowdfundX(フィンテックのマーケティング会社)のダレン・マーブル氏は、現段階では、ビットコインの成長(値上がり)を誘引する主力は機関投資家であるという。同氏はさらに、機関投資家は非集中型の仮想通貨取引所でビットコインを購入しないと指摘している。その理由は、彼らが流動性、セキュリティ、取引先リスク、仮想通貨の保管などのトラブルを恐れているからだ。

マーブル氏は「tZERO、Coinlist、あるいはNASDAQ(ナスダック)など、規制管理された取引所が2次的な仮想通貨取引プラットフォームを開いている時だけ、機関投資家の投資金はビットコインの直接投資に向かう」という。

結果として、「こういう事態になれば、水門は開き、新しいパラダイム(実例)が浮上する。仮想通貨の時価総額は10億ドルを超え、ビットコインが市場最高値に到達するだろう」という。

仮想通貨関連の上場投資信託(ETF)の拡散

ビットコイン価格を吊り上げる要因の最後の1つはETF(exchange-traded funds)の普及である。BitcoinIRA.comのクリス・クライン創業者兼最高執行責任者(COO)は、ビットコイン価格は間違いなく反騰するだろうと、次のように語った。

「仮想通貨関連の上場投資信託(ETF)は、仲介業者アカウントを通じてより容易に取引され、それによってビットコインやその他仮想通貨の価格急上昇に貢献する」

ビットコインの値崩れを引き起こした主として3つの要因は、政府の規制の動き、ビットコイン大口保有者である”クジラ(鯨)”の動向、そして限りなく続くICOだと言われる。その逆となるビットコイン価格急上昇の3要因は、目先の1万ドル回復にも当てはまると考えられる


6月からナスダックのシステムを使った取引所の開始とコインチェックの再開とボーナスシーズン
夏頃からSBI取引所の開始
その後もヤフー、ライン等の大企業が続々100社以上参入
上がらない理由が見つからない

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト