NAS(Nebulas、ネブラス) 今後のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
19:35 2019年09月17日
はやぶさ2 再着陸の成功は、オールJAPANの技術力の高さを世界に示しました。
JAXAの年間予算は、NASAの10分の1以下です。それでも月より遠い天体から地下物質を採取するという米国に先行する成果をあげました。
今後、世界で同じ様な試みが計画されます。日本の技術力の存在感には光るものがあります。
14日のNY市場はまちまち
NYDOW: 25709.94 (+7.05)
NASDAQ: 7630.91 (-12.50)
CME225: 21170 (+50(大証比))
中国の2月鉱工業生産が予想下振れ、経済減速懸念から揉み合う展開。米中首脳会談延期や、英議会でのEU離脱期限延長案可決など、今後見極思惑から小動き。
株探ニュース
28日のNY市場は下落
NYDOW: 24528.22 (-208.98)
NASDAQ: 7085.68 (-79.18)
CME225: 20575 (-65(大証比))
半導体や建設機械メーカーの慎重な業績見通しや中国経済減速警戒感から売り先行。今後の企業決算やFOMC結果見極め思惑から、その後緩やかに下げ幅を縮小。
株探ニュース
仮想通貨の上昇!?Nasdaq(ナスダック)CEOの重要発言を初心者解説。

2019年上半期、仮想通貨上昇のカギを握る #NASDAQ CEO発言からみる今後のポイントは・・・

#仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #BTC #Bitcoin #リップル #XRP #Ripple
医師が処方するスマホ治療アプリ 薬・機器に次ぐ柱? : NIKKEI STYLE

NASHの治療アプリ、興味深いなぁ。認知行動療法を取り入れることで行動変容を促し、結果、費用対効果の高い医療行為につながる、と。今後さらには高血圧、糖尿病、脂質異常症、メンタルヘルス等にも。
【NASDAQでビットコイン先物をローンチする可能性】
Bllombergの報道によると、NASDAQは2019年第一四半期にビットコイン先物取引を開始する計画を推進している模様。

情報元が「関係者二人」という曖昧性の高いものであるが今後NASDAQはどのような動きを見せるだろうか。
NASDAQのバブルから考えるビットコインの今後の値動き
NASDAQでさえ48年かけて成長してきた今の市場規模はおよそ700兆円。

仮想通貨全てを指数で見る時が来るとしたら、市場原理からして上場した後の伸び幅が驚くほど少なくなると思う。

マックス70兆円とすでに成長しすぎてる、700兆円を超えるかどうかは今後10年間の焦点となりそう。
暇だから私の今後の投資計画について語ろうな。

日経もNASDAQも順調に上がり続けてるけど、リーマンショックみたいなボロがそのうち絶対起きます。そうなると、東京・神奈川で勤務してる社会人が所有している不動産投げ売られます。それを安値でいくつか買いたい。利回りはどれも10%はいくでしょう。
ビットコインの今後の動き

どうなるんでしょうね。

NASDAQにしろETFにしろ、まだ9月頭ですし、理想的には赤線86万円前後?にタッチして再度暴落、また上昇→下落→そして青線割り込んで大暴落からの反発→からの情報が出てきてブチ上げ→上昇トレンド

なんて妄想はしてます。
NASAによると観測史上最も暑かったのは2016年。2番目は2017年
今年は史上4番目に暑い年になりそう…とのこと
大丈夫か?地球
ワニとかカメみたいに、ある温度以上の場合はメスしか生まれなくなる温度依存性決定の生物もいるし、今後予想できないような事態が生じるかも
$BTC ログスケール、ATH2箇所からのサポテストは未だ未確認
ふと疑問に思ったのだがNASDAQ、金と比較されるのはチャート似ている政治的な要素も含め今後の価値から超長期で楽観だがその可能性は100%ではない所が参加者の不安要素の根底で。
株式のバブルチャートを参考に、今後の「仮想通貨相場」の動向を考察したものをまとめました。

内容は

・日経平均の罠

・ダウ平均株価とエリオット波動

・ NASDAQやその他チャートとBTCの比較

です。
お時間あれば是非目をお通しください。
ちなみに魚屋は、BTCは今後、こんな感じで推移するんじゃないかな?と思いたいw HenaさんとKazmaxさんが出た動画でも使われたNASDAQの月足。BTCは15倍から30倍の速さでチャートが作られているんで。

2ch掲示板

6206: svu***** 2018/5/8(火) 20:47 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6206.net
ICE、仮想通貨取引プラットフォーム導入を計画NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社であるICE(インターコンチネンタル取引所)の関係者がニューヨークタイムズに明かした情報によると、ICEは仮想通貨取引プラットフォームの開発に着手しており、大口投資家の仮想通貨取引のほか、BTCスワップ取引の導入も検討しているようです。複数の企業がBTC先物参入ICEの競合プラットフォームであるCBOEやCMEなどが2017年にいち早くビットコイン先物を開始して以降、NASDAQなどの大手金融機関がビットコイン派生商品の上場申請を行っています。ICEもCBOEなどに連動したビットコインETFを申請しています。

New York Timesは5月7日、ニューヨーク証券取引所の親会社であるIntercontinental Excahnge(以下、ICE)が仮想通貨取引のためのオンラインプラットフォームを開発していると報じました


遂にNY証券取引所の親会社まで仮想通貨取引所参入予定
市場規模は今後、何十倍になっていくのか
仮想通貨及びブロックチェーンの未来は明るい

6997: svu***** 2018/5/22(火) 07:22 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6997.net
仮想通貨の市場規模は、’18年5月上旬現在で、およそ48兆円にもなる。昨年末にかけて起きていた各主要通貨の「バブル」は落ち着きを見せているものの、依然として投資家たちの熱心な眼差しは向けられたままだ。

 だが、冒頭の三上氏が指摘するように、1580種類にも増殖した仮想通貨のすべてが「生き残る」わけではない。

「ビットコインは世界通貨で言えばドルに当たるものなので、今後もそのポジションは変わらないでしょう。ただ、ビットコインは設計が古いため決済が遅く、手数料も高い。このデメリットを改良したコインがいま、市場を広げています」(前出・三上氏)

 なかでも注目を集めているのは、ビットコインに次いで取引高2位のイーサリアム(ETH)だ。ビットポイントジャパン代表取締役社長の小田玄紀氏が話す。

「イーサリアムは、仮想通貨がどのように移動したかの履歴だけではなく、贈与や売買、貸借など、どのような意図で通貨が移動したかまで記録されます。信頼性が高いので、契約など、実用面で使用されやすいのが特徴です」

 この「実用性」の高さが評価され、価額が高騰。昨年1月時点では1ETH=940円程度だったのが、いまやおよそ8万2800円で取り引きされている。東京大学の大学院に通いながら、趣味の仮想通貨で数百万円を稼いだというアマチュア投資家のA氏は熱を込めて語る。

「イーサリアムには、NASAやマイクロソフト、インテルなど、アメリカを代表する企業も投資しているんですよ! 実用性はバツグンなので、今後一層利用が広がるでしょうね」

 一方で、投資家のポイン氏(注:ハンドルネーム)が将来性を確信するのはリップル(XRP)だ。ポイン氏は、1XRP=0.6円(現在はおよそ88円)の時点でこの通貨を購入し、いわゆる「億り人」になったという。

「リップルは国際送金に特化したコインで、送金手数料が安く、送金時間が短いのが特徴。母体のリップル社は日本の3大メガバンクと業務提携しており、その社会的信頼は非常に高い。去年だけで価格は100倍以上になっていますが、今後も伸びるのは間違いない」(ポイン氏)


凍死群死んの連投気持ち悪い
カス中のカス
異常

7115: 投資軍師 2018/5/24(木) 15:15 ID:sTs3T3FktTXU2tjhKQE-7115.net
古い記事貼り付けマルチ投稿バカは都合にいい部分だけ切り取って貼っているが、誰も読まないから騙される者もいない。残念~

ビットコインは7500ドル台まで下落 米国とカナダでの規制強化発表が影響か
2018年05月24日 13時11分 公開
[中澤彩奈,ITmedia]

 ビットコインは5月24日に入り7500ドル台まで下落した。その他の仮想通貨もおおよそ下落が続いている。
 米CNBCの報道によると、背景には北米証券監督協会(NASAA)に率いられる形で米国とカナダの規制当局が22日に、仮想通貨の投資スキームに対する取り締まりを強化すると発表したことがあるようだ。
 40以上の州や地方の監視機関が”仮想通貨一掃作戦(Operation Crypto-Sweep)”に今後参加するという。この作戦では既に少なくとも70件の調査が実施されている。

7476: svu***** 2018/6/3(日) 04:23 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--7476.net
世界初のNASDAQ(ナスダック)の取引エンジンを使用した仮想通貨取引所『DX.Exchange』が6月より開始されると海外メディアFinance Magnatesが報道しました。

DX.Exchangeでは「簡易的な操作と取引手数料を無料で提供」、取扱い通貨に関しては「最初にBitcoin、Bitcoin Cash、Ethereum、Litecoinなどのトップ6のコインを取扱い、その後20~25のアルトコインを取り扱う予定」とされています。


今後、機関投資家が続々参入してきて
今までとは比べものにならないくらい
本当のバブルがやってくる

まだ仮想通貨持ってないんですか?

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト