NAS(Nebulas、ネブラス) 上げのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
15:54 2019年11月12日
空中発射のシステム自体は既に完成され相当昔から実施されてる打ち上げ方法。
最も殆どNASAの衛星打ち上げに利用されて来たから、民間衛星は初めてになる。
NASA、ドローンで土星の衛星探査へ 生命の痕跡探す


氷で覆われた土星最大の衛星タイタンで、生命の痕跡は見つかるのか。 #NASA はドローン型探査機を打ち上げ、探査する計画を明らかにした。どんな探査機なのか。 #宇宙
【NASA、土星の月へ「ドローン」派遣】

NASAは土星を周回する衛星タイタンに、無人探査機「ドラゴンフライ」を送り込む計画を公表しました。2026年に打ち上げ、34年にタイタンへ到達。ドローン(小型無人機)のように回転翼で浮上し、各種データを地球へ送信します。
NASAが打ち上げた、宇宙望遠鏡TESS。太陽系の外にある未知の惑星を探索します。
NASDAQは-1.61%

NYダウ平均株価指数はプラ転して引けた。

米セントルイス連銀のブラード総裁「米利下げ、近く正当化される可能性がある」との発言などもあり円高ドル安。ブラード総裁っていつも利上げ反対路線の発言が多かったような気がするのでいつものアレですが。
イナリサーチと新規契約したアメリカのSouthern Research Institute社は税務上501(c)(3)法人、すなわち非収益NPO企業なんですね。だからアカデミアとも近く、NASAとの契約もある。一方で、このNPO法人からイナリサーチが大きな収益を上げることは少し考えにくいわけです。
26日のNY市場は上昇
NYDOW: 25657.73 (+140.90ド)
NASDAQ: 7691.52 (+53.98)
CME225: 21270 (+120(大証比))
長期金利低下一服、原油相場上昇好感で買い先行。住宅着工建設許可件数や消費者信頼感指数が下振れ、米中交渉やEU離脱動向注視思惑から上げ幅縮小。
株探ニュース
窪田製薬HD (4596) 3/22
エーザイがS安なので、逆に目立ち上げでアピールしてくると思って。
ゴチです。

#空中戦怖い
#NASA絡みなのでサンバイオやエーザイとは思惑が違う
#4597#
プラ転かぁ^^;
窪田はNASA上げじゃから牽引要素はないけどラクオは伸びたら他を引っ張りそう(笑)
NASAは2011年以降、有人のスペースシャトルを打ち上げていない、、、

→スペースXがそのきっかけをまた作ってくれるのか?!
12日のNY市場はまちまち
NYDOW: 25554.66 (-96.22)
NASDAQ: 7591.03 (+32.97)
CME225: 21230 (-100(大証比))
2月消費者物価指数鈍化で利上げ据え置きが長期化するとの見方から、買い先行。EU離脱修正案は再び否決されたものの、相場への影響は限定的だった。
株探ニュース
正しいの? - 宇宙船帰還 NASA「新時代」 ニュース (引用元) アメリカの民間宇宙企業「スペースX」が打ち上げた有人型宇宙船が8日、地球に帰還した。8年ぶりとなるア - 暴走ロボット コメント - 佐賀県嬉野市 信長さん
つい先日Onewebが宇宙インターネットの為の衛星を打ち上げました
SpaceXもStarlink計画がありますし近い将来実現するかも知れません
NASAを始めどれもブロックチェーンには意欲的です
宇宙系も$NXSや$SPC、$XYOのように実際に提携し関係しているものも含め色々と探してみるのもいいかと思います
宇宙船はカプセル型の4人乗りです。米テスラのイーロン・マスクCEOが立ち上げた宇宙開発ベンチャー、スペースXがNASAの委託で開発しました。
4日のNY市場は上昇
NYDOW: 25239.37 (+175.48)
NASDAQ: 7347.54 (+83.67)
CME225: 20880 (+30(大証比))
雇用統計や製造業景況指数の堅調さにFRBの利上げ一時停止方針に懐疑的な見方広がり売り先行。その後はアルファベット決算期待からハイテク株を中心に上昇。
株探ニュース
ニューヨーク市場、DOW、NASDAQ 、S&P500揃って最後の方でピョコッと上げてるのだけど、何があったのだろう
NASAは既に2022年に探索のための打ち上げを予定しているとのことですよ!
#仮想通貨 #ビットコイン #最新
15日のNY市場は上昇
NYDOW: 24065.59 (+155.75)
NASDAQ: 7023.84 (+117.92)
CME225: 20485 (-25(大証比))
中国の景気刺激策導入示唆で米国株買い先行。英EU離脱案否決で一時上げ幅縮小したものの、ハイテク株に買い広がり、引けにかけて上昇する。
株探ニュース
9日のNY市場は上昇
NYDOW  : 23879.12 (+91.67)
NASDAQ  : 6957.08 (+60.08)
CME225  : 20250 (-170(大証比))
米中貿易摩擦解決期待からアジア欧州株全面高、米国株も買い先行。FOMC議事録での追加利上げ慎重姿勢も好感。連邦政府機関の閉鎖解除会談不調で上げ幅縮小。
【ナスダック】

ETH爆上げ!?NASDAQ上場企業の株式をトークン化!サービス開始

LINE@→【#BTC #ETH #XRP #ビットコイン #ADA #仮想通貨 #ICO #インサイダー #上場 #ETF #ノアコイン #noah #リップル #ナスダック

米航空宇宙局(NASA)は1月1日、無人探査機「ニューホライズンズ」が地球から約65億km離れた天体「ウルティマトゥーレ(世界の果てという意味)」に到着したと発表。打ち上げから13年かかり、探査機が訪れた天体としては最も遠い。
NYダウもNASDAQも強めに上げたり強めに垂れてきたり、なんとも神経質な展開が続いている 米トレーダーいまヒィヒィ言ってるんだろうなとか妄想 日経先物は19910なう センチメントは強気になった 欧州株は2%くらい上げている
昨日の米国株復習まだしてないンゴ( ˘ω˘)クソネミ 結構NASDAQが下げたんだよな これではもうさすがに利上げはきつい パウエル議長もここは空気を読み忖度金利据え置きという技をお願いしたい トランプ大統領が中銀に口出すから、独立性を示すために利上げしろみたいな雰囲気出てきてイクナイよな
20日のNY市場は下落
NYDOW  : 22859.60 (-464.06)
NASDAQ  : 6528.41 (-108.42)
CME225  : 20345 (+135(大証比))
FOMC利上げや議長会見内容を嫌気し売りが先行。トランプ大統領が19年2月までのつなぎ予算案に署名しない意向伝わると警戒感から下げ幅拡大。
株探ニュース
18日のNY市場は上昇
NYDOW  : 23675.64 (+82.66)
NASDAQ  : 6783.91 (+30.18)
CME225  : 20970 (-100(大証比))
前日の年初来安値で買い戻し先行。しかし、FOMCの結果見極めたいとの思惑から上値限られ、引けにかけて上げ幅縮小。
株探ニュース
NASAの探査機ボイジャー2号、太陽圏を脱出し星間空間到達。打上げから41年
NASAの探査機ボイジャー2号、太陽圏を脱出し星間空間到達。打上げから41年 - Engadget 日本版 @GoogleNewsさんから
#skycoin hard wallet も開発完了!
NASDAQ, United Nations, Forbes,にも取り上げられた唯一の仮想通貨は流石の一言
#BTC $SKY $ETH $XRP #仮想通貨 #cryptocurrency #BLOCKCHAIN #ビットコイン #リップル
28日のNY市場は上昇
NYDOW  : 25366.43 (+617.70)
NASDAQ  : 7291.59 (+208.89)
CME225  : 22395 (+165(大証比))
[NY市場データ]
米中首脳会談での貿易交渉進展に楽観的な見方が広がり買い先行。FRB議長講演で追加利上げ見通しが大きく後退。
- 株探ニュース
日経もNASDAQもダウもビットコも死んで、上海総合指数が爆上げする未来きますか。
自宅にVPN接続し、WOLでメインPCとNASを立ち上げて、RDP接続しているので持ち歩くPCはSurbook miniで十分足りている。

って話で盛り上がれる人が職場にいると楽しいのですが、残念ながらいませんでした。
友人達が貴重である事を感じましたね。
NASDAQ爆上げしてるヌゥ
//ニュース速報
米探査機、太陽への接近記録を更新
【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、8月に打ち上げた無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が太陽の表面まで約240…

#ニュース
#NEWS速報JAPAN
$BCH
コタツムリグループで事前に17時頃に今が底と話してからかなりぶち上がってます。その時が676くらいで今が725だから7パーくらいだしかなり利益出てます。ミラトレの利益はOMOTENASHIトークンの買い上げにまわるのでコタツムリのトレードをご存知の方はどれだけ買い上げに回るか想像頂けますね^^
米航空宇宙局(NASA)などは「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象が起きた天体を線でつなげて「ゴジラ座」と命名したと発表。国際天文学連合による「オリオン座」などの88の星座の名称と異なるが、放射線の一種のガンマ線を観測するフェルミ宇宙望遠鏡の打ち上げ10周年などを記念して、NASAなどが命名。
ビットコイン上げ上げしていく気がして来ました
最後の花火になるかNASDAQみたいになるか
ソユーズ エンジントラブル NASA「徹底した原因究明」 (NHK) ロシアの宇宙船、ソユーズが11日、打ち上げに失敗したことを受けて、NASA=アメリカ航空宇 #NEWS速報JAPAN 
//
ニュース速報

ボイジャー2号、近く太陽系の外へ

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー2号」が近…



#拡散希望 #ニュース

#NEWS速報JAPAN
//
ニュース速報

ボイジャー2号、近く太陽系の外へ

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー2号」が近…



#拡散希望 #ニュース

#NEWS速報JAPAN
次はNASDAQお買い上げ(*´-`)

2ch掲示板

968: 承認済み名無しさん 2018/11/26(月) 19:26:00.56 ID:rhTw1Txn.net
>>941
仮想通貨全体が低迷している中、ファクトム(FCT)が高騰を見せています。この高騰の背景にはソフトウェア大手のMicrosoft(マイクロソフト)との技術提携の噂やNASDAQ上場企業の子会社であるEquator(イクエイター)との業務提携がなど関係しているようです

今更こんなので上げる訳ないから利用した仕込みかな?

6264: svu***** 2018/5/9(水) 12:57 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6264.net
ニューヨーク株式取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が、銀行等の大口投資家向けにビットコインの取引プラットフォームの立ち上げを計画していることがわかった。ニューヨークタイムズ紙が記者が見た「メールや書類」および匿名の情報提供者の話としてつたえた。米金融界では先週もゴールドマンサックスが仮想通貨取引参入を表明したばかり。

 同取引所が計画するのはスワップ契約をベースとしたオンライン取引プラットフォームで、米先物取引委員会(CFTC)によって規制されることになるようだ。

 タイムズによると

銀行がスワップ契約を買うことで翌日ビットコインを所有することができる新たなオペレーション立ち上げについて、(ICEは)複数の金融機関と話している。取引所の安全性が後ろ盾となる仕組みだ。

 米金融界ではICEやゴールドマンサックス以外にも、多くの機関投資家や金融大手が仮想通貨事業参入に興味を示している。最近でもNASDAQが「仮想通貨取引プラットフォーム立ち上げについてオープンに考えている」としている


ガイジの凍死至難は虫
異常

6894: svu***** 2018/5/19(土) 15:49 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6894.net
仮想通貨インデックスファンドへの機関投資家マネーの流入

仮想通貨インデックスファンドへの投資は、デジタル通貨の価値に前向きの影響を与える。

CrowdfundX(フィンテックのマーケティング会社)のダレン・マーブル氏は、現段階では、ビットコインの成長(値上がり)を誘引する主力は機関投資家であるという。同氏はさらに、機関投資家は非集中型の仮想通貨取引所でビットコインを購入しないと指摘している。その理由は、彼らが流動性、セキュリティ、取引先リスク、仮想通貨の保管などのトラブルを恐れているからだ。

マーブル氏は「tZERO、Coinlist、あるいはNASDAQ(ナスダック)など、規制管理された取引所が2次的な仮想通貨取引プラットフォームを開いている時だけ、機関投資家の投資金はビットコインの直接投資に向かう」という。

結果として、「こういう事態になれば、水門は開き、新しいパラダイム(実例)が浮上する。仮想通貨の時価総額は10億ドルを超え、ビットコインが市場最高値に到達するだろう」という。

仮想通貨関連の上場投資信託(ETF)の拡散

ビットコイン価格を吊り上げる要因の最後の1つはETF(exchange-traded funds)の普及である。BitcoinIRA.comのクリス・クライン創業者兼最高執行責任者(COO)は、ビットコイン価格は間違いなく反騰するだろうと、次のように語った。

「仮想通貨関連の上場投資信託(ETF)は、仲介業者アカウントを通じてより容易に取引され、それによってビットコインやその他仮想通貨の価格急上昇に貢献する」

ビットコインの値崩れを引き起こした主として3つの要因は、政府の規制の動き、ビットコイン大口保有者である”クジラ(鯨)”の動向、そして限りなく続くICOだと言われる。その逆となるビットコイン価格急上昇の3要因は、目先の1万ドル回復にも当てはまると考えられる


6月からナスダックのシステムを使った取引所の開始とコインチェックの再開とボーナスシーズン
夏頃からSBI取引所の開始
その後もヤフー、ライン等の大企業が続々100社以上参入
上がらない理由が見つからない

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト