LTC(Litecoin、ライトコイン) ICOのTwitter・掲示板の評判

2ch掲示板

38: 承認済み名無しさん 2018/11/05(月) 21:37:54.93 ID:nKw5CTtd.net
ちむのアメブロ
11/15まで引っ張ったら
配当による買い増しも可能でしたが
それを残し完売!
タコ足と呼ばれた時もあったが
詐欺の可能性は非常に薄れたのでは?

ビットは1/8厳しいが
SCのライトコインは半額だ!
先月も本当はこうだったんだろうけど
ICO中だったから無理したんだろう

186: 承認済み名無しさん 2018/08/02(木) 12:16:16.73 ID:uV6GqQWE.net
ワイ、色んな国に友達がいるが各国の仮想通貨の保有銘柄は

アメリカ=ビット、キャッシュ、ライトコイン(意外とリップルは注目されてない
韓国=リップル、ADK(日本とマジで似てる)
ベトナム=ビットコイン
シンガポール=ICO ビット イーサ
中国=イーサ、EOS

だぞ

231: 承認済み名無しさん 2018/08/02(木) 13:31:17.13 ID:uV6GqQWE.net
>>229
少ないけど中には、証券化されたら買ってるやるよって人もいる
けど、基本はビットとライトコイン

ICOとはあんま手出す人いない

9144: svu***** 2018/7/8(日) 03:41 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--9144.net
CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏は、「仮想通貨に関して、適格金融機関が直面している最も重要な問題は、セキュリティである」と述べており、この問題が解決されるとき、主要な仮想通貨(特にXRP)への絶好の投資機会は、終わると言えるでしょう。

 

規制環境

現在、XRPが証券として見なされるかどうかの議論が起こっており、多くの投資家がXRPが証券として見なされることを恐れています。

 

しかし、タイはXRPが有価証券であるのかどうかという議論を省略し、XRPを他の主要な仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、Stellar、イーサリアムクラシック)と同じく、ICOでの資金調達で使用できる仮想通貨として見なしたことは、素晴らしい出来事であると言えます。

 

また、主要な5つの仮想通貨のほとんどは米国に拠点を置いていますが、リップルはアメリカ政府と近い距離で働きかけており、リップルの活動に何も問題がないことをアメリカ政府が確認するのを、確かめようとしています。

 

さらに、リップルは米国政府を、中国政府などの他の政府よりも上位であることを確かにすることを提供しているため、米国政府による規制政策は、リップルにとって害にならない可能性があると言えます。

 

実際に中国政府は、仮想通貨の使用が世界的に行われ、最新の技術が仮想通貨市場で利用されていることを認識し、アメリカ政府や他の政府との競争に取り残されたくないと感じているため、仮想通貨の禁止を解除する方向に向かい始めています。

実用性

仮想通貨市場は、実用性の問題に直面しており、銀行や金融機関に仮想通貨が使用されるのかという疑問があります。

 

リップル社の製品に対する多くの心躍るような計画があり、同社のCEOであるBrad Galinghouse氏によると、特にXRPを利用するxRapidが、まもなく本格生産されるとしています。xRapidについては、【XRP使用のxRapid正式版を近日リリース予定!大手銀行の導入に自信を表明】を参考にしてください

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト