LTC(Litecoin、ライトコイン) ロングのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
19:45 2019年11月18日
ビットコインキャッシュ(BCC BCH)
いとも簡単に前日比20%アップ
比較 記念スクリーンショット

ハードフォークの噂が出た金曜日から
無限ロングが正解だったようだ(笑)
仮想通貨ファクトム以外全面高!

遅れて
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
リスク(LISK LSK)も時間差で上がり始めた
LTCロングしてもいいわね

赤線↓でBye
Celsiusの金利、ETHもBTCも今日はちょっと下がってるのか。
と同時にLTCとXRPが上がってる。
ヘッジファンドのETH、BTCの売り需要が減ったって考えるとまだロングでいいような気もしてきた。
#celsiusnetwork
さっき成行で変な値で入ったBTCロングが軽く焼けたせいでLTCショートの利益が相殺された
待たせたなライトコイン、ロングだ!
$LTC 下げすぎを感じたのでロングin
アラームで起こされた。
$ADA $LTC ロングin
$LTC USD建チャートの保ち合いが綺麗だったのでロング。
$TRX ロング継続中

#MEXチャレンジ
これだと、もしも落ちたら全部落ちてしまう。アルトコインではヘッジにならない。LTCロングがヘッジショート代わりになっていた頃の仮想通貨が帰ってきてほしい。

2ch掲示板

9857: 投資丞相 2018/8/5(日) 09:18 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9857.net
下記の記事から更に下げていますからね。

Rakesh Upadhyay
8月3日:仮想通貨の人気10種のテクニカル分析!ニュースによる相場の影響は?

 仮想通貨市場全体の時価総額は、27日の3000億ドルから2660億ドルに下落した。このような現象は仮想通貨市場にはよくあることだが、投資銀行UBSは、ビットコインが通貨と認識される上での最大の欠点は不安定さだとしている。
 CNBCでファンドストラット社のRobert Sluymer氏は、ビットコインが7400ドルを維持し損ねたら、6000ドルレンジへの大規模な調整もあり得ると話した。ボラティリティが高いので、レバレッジをかけるのは危険かもしれない。OKExの先物トレーダーは、ロングが大きな損失を出した時にこのことに気が付いた。もしレバレッジをかけていなかったら、これは通常の損失で間に合ったが、レバレッジによって破産するほどの損失を出すこともあるのだ。
 それゆえ、我々は下降気味の時には常に小さいポジションでの取引を勧める。そうすれば損失を出してもポートフォリオを傷つけなくてもよいからだ。大きいポジションはマーケットが上場している時にしよう。

BTC/USD
 ビットコインは日中安値は7288.97ドルまで下落した。

ETH/USD
 イーサリアムはサポートである404.99ドルを下抜け、397.84ドルまで下落した。

XRP/USD
 リップルは6月23日以降、0.51978 〜0.4242ドルの間で取引されている。

BCH/USD
 ビットコインキャッシュは、ボトムレンジからの反発を維持するのに苦戦している。現在はトレンドラインのサポートである710ドルまで下落している。

EOS/USD
 イオスは過去2日間、レンジ内ボトムを維持している。これを下抜けたら5.1ドル、4.3396ドルへの下落も可能性がある。

LTC/USD
 ライトコインはクリティカルサポートの74.074ドル付近にいる。このレベルは6月24日以降下抜けいていない。それゆえ、もしこのレベルを破ったら57ドルへの下落もありえ、これはダウンサイドの次のパターンターゲットとなる。 

ADA/USD
 カルダノは下降トライアングルパターンを下抜けた後、下落を続けている。

8565: svu***** 2018/6/23(土) 06:02 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--8565.net
英国に拠点を置く仮想通貨先物取引所のクリプト・ファシリティーズは22日、ライトコイン(LTC)のデリバティブ取引を開始した。同社が発表している。

 この新しい米ドル建ての取引は、満期が週ごと、月ごと、四半期ごとになっており、長期と短期の取引期間を選択することができる。大きな特徴は、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)やCBOE(シカゴ・オプション取引所)等での既存のビットコイン(BTC)先物取引と異なり、ライトコインを優先担保とする点だ

 クリプト・ファシリティーズのティモ・シュラファーCEOは、コインテレグラフに対して、今回のライトコインの先物導入は「顧客からの強い要望」に応えるために決断をしたと述べている。

 LTC先物取引の開始は、クリプト・ファシリティーズがリップル(XRP)とビットコイン(BTC)に基づいた既存の仮想通貨のデリバティブに並んで、イーサリアム(ETH)先物取引を投資家に提供し始めたわずか1か月後だ。

 シュラファーCEOは、プラットフォーム上の仮想通貨先物取引は「極めて高い成長を占めており」、「18年第1四半期で、17年第4四半期から比べ84%増となった」とコインテレグラフに語った。

「〔クリプト・ファシリティーズの仮想通貨先物契約の取引高は〕今年の第2四半期で、第1四半期の倍にあるとみている。…月ベースのXRPの取引高は約1億2500万ドルで、2月から3000万ドル増えた。5月にETHの先物をローンチした後、このプロダクトは広く受け入れられており、この四半期で約1億5000万ドルの取引高になるとみている


GODさん、ありがとうございます
馬鹿は相手にするのも時間の無駄なので全て虫かごに入れていますよw

本日はマネックスの株主総会に要注目です
コインチェック再開発表出た瞬間にロング狙います
初心者の方は暴騰、暴落に振り回されないように暴騰は売り、暴落は買いでやれば負けない相場です

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト