HKNのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
20:31 2018年11月13日
$HKN 調べっかな 海外人気が強すぎる
シルバーバレット銘柄が良いとか見たけどPFに $HKN 入ってたから宗教的にちょっと無し
メモ
$OCN $TEL $TKY $XHV $HKN $TOMO $HYDRO $RVN
$HKN つええなーさすが海外激推され銘柄
MRJ、英航空ショーで受注ゼロ:日本経済新聞

いつ完成するかわからないからな。
$XEM のハッキング事件からわかるように侵入テスト市場は確実に需要がある。
また $HKN は競合の $QSP と違い、イーサリアムスマートコントラクトの脆弱性を検証するだけでなく、あらゆる仮想通貨、取引所、ITを使用する企業に適用可能なユースケースを持っている。
#NEM #HKN
$HKN 近々moonするかも。
トップ20に入るコインとのパートナーシップとトップ5に入る取引所への上場を控える。
どう見ても底だし、損する事はまず無い筈。
期待値はかなり高い。

#HKN #HACKEN
$HKN binanceに上場したら熱い。
CMCでトップ20に入るコインとのパートナーシップの締結(確定)とトップ5に入る取引所への上場の噂。
ちなみに現在CMCの20位に $BNB が来ている。

#HKN #BTC #ETH #XRP #BCH #LTC #ADA #IOTA #NEO #NEM #OMG #BNB
ちなみにHackenは巷で話題のNeuromationやLegolas Exchange 、binanceに既に上場しているSONMなどとパートナーシップを締結しています。

#HKN #NTK #LGO #SNM
ちょっと早いかもしれないが、 $HKN 仕込みました。
時価総額わずか10億円程度

材料
・CMCのトップ20に入るコインとのパートナーシップ
・今週か来週に、インフルエンサーによるshillがある模様
・またトップ5の取引所にリストアップされる予定がある(いつになるか不明)
あーおととい気になってたHKNが飛んでってた。
kucoinに送金するのを後回しにしてたのが失敗だった・・・
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
紐解くニュース、
【タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有している】

その他↓
■xCurrent4.0ではXRP(xRapid)をシームレスに使用できる
■XRP、9/21よりも11/12の方が出来高がある
1/2
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
仮想通貨のウォレットを提供するWEBサービスにも規制が入るなら、気軽に仮想通貨を扱えなくなりますね。例えばxrptipbotも日本が主体だったら、日本の規制を受ける可能性もあるわけで。
Ripple社CEOブラッドは、SG FinTech festival 2018で『来年銀行はデジタル資産のカストディソリューションを提供するだろう』と発言した。
おすすめサイト