EOS(イオス) 可能性のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
17:43 2018年11月13日
XRP

現状他のアルトがXRPの上昇に連動する気配はありません。

このことからXRPの連動はずれが考えられます。

去年11月のBCH
今年4月のEOS

ある程度時価総額の大きなアルトは、地合いの整っていない時期に、資金集中による上昇があり得ます。

今のXRPはその信号弾になる可能性を持っています。
パーミッションレスという点では、
EOSよりも公共性の高いチェーンに成り得ると見ることもできるよね。

ガバナンスはテーマだけどね。
コミュニティが堅実でしっかりしてる印象だから、サシャさんのリーダーシップで何か面白いことになっていく可能性はあるよね。
ジャンルとして機能が将来プロトコル(通信規格)に属さない仮想通貨を投資用の判断として置いとく。

・ビットコイン系全て
・リップルステラ
・固定通貨テザー系
・ダーク系
・トロン
・ネム

ETH/ADA/EOS/IOTA
DAppsとIoT向けの銘柄たちは一応次世代のネットワークの標準になる可能性はある。
EOSでhello worldは行ったもののtoken発行ができず、バージョン問題で死んでた可能性あるので、ハンター試験会場いく前にザバン市行きのバスにのってしまったかんじ
kitaくんと違うところは、EOSをショートしていないところ。というのも、EOSはこれから年末に向けていろいろファンダが出て、所々でpumpする可能性が高いと思ってるから。全体的に下げトレンドなんだけど、EOSは噴火しそうなんで下手にショートすると焼かれそう。
【速報】EOSの投票において、大手仮想通貨交換所であるHoubiが操作を行なっているのではないかとの噂が広まっている。 EOSは投票者が21ノードと限られており、票購入などの操作の可能性については前々から指摘されていた。Houbiは投票への関与を否定している。
EOSの投票において、Houbiが操作を行なっているのではないかとの噂が広まっている。 EOSは投票者が21ノードと限られており、票購入などの操作の可能性については前々から指摘されていた。
EOSガバナンスに批判も:Houbiは関与を否定 | ビットコインの最新情報 BTCN|ニュース
EOSの投票において、大手仮想通貨交換所であるHoubiが操作を行なっているのではないかとの噂が広まっている。 EOSは投票者が21ノードと限られており、票購入などの操作の可能性については前々から指摘されていた。Houbiは投票への関与を否定している。
仮想通貨投資アプリCircleが新たにクアンタム、ステラを含む4通貨の取扱追加

Circle Investが新たに4つの通貨、Qtum(QTUM)、0x(ZRX)、Stellar(XLM)、EOS(EOS)を追加すると発表。
採用理由は、仮想通貨市場拡大で強力なインフラとなる可能性がある通貨を選んだという。
XRP

現状他のアルトがXRPの上昇に連動する気配はありません。

このことからXRPの連動はずれが考えられます。

去年11月のBCH
今年4月のEOS

ある程度時価総額の大きなアルトは、地合いの整っていない時期に、資金集中による上昇があり得ます。

今のXRPはその信号弾になる可能性を持っています。
アルト復活!
特にETHが久しぶりの大反発

問題はここからしっかり上昇していけるか、今日だけのものなのか

今までの薄っぺらい私の経験からだと、今日上がらなかったやつが明日上がる可能性高い
ってことでEOSとBCHに期待

#もちろんポジトークです
ベアマーケット #仮想通貨 キーワード

暗号通貨終わった
アルトコインのブルはもう来ない
ビットコインは詐欺
ETH は糞コイン
リップル終わった
EOS 4000億撤退スキャム
BCH は詐欺
NEO 終わった
LTC の価値0
Binanceはハックされる(可能性有)
Bitmexは倒産する (可能性有)

何か他あります?
キヤノンも想像よりずいぶん早い可能性が・・・ ::
:: キヤノンのフルサイズミラーレスは「EOS R」という名称になる? - デジカメinfo
つぎ100万超えて暴落したあとにアルト祭りが開始される可能性がある。
アルトのドミナンスチェックとビットコの暴落時
リップル EOS ビットコキャッシュ が下がらないで上がったら
祭り開始の合図だろう。
4年で仮想通貨時価総額は様変わり|熾烈な競争の中で生き残る可能性のあるアルトコイン7選

ステラ(XLM)
イオス(EOS)
モネロ(XMR)
ウォルトンチェーン(WTC)
ネオ(NEO)
バイナンスコイン(BNB)
ライトコイン(LTC)
ADAとEOS、深夜に利確できた、良かった(^^)
Tron TRXが案外下がらないなぁ…どうしよ。
明日8/20(月)辺りは例年夏休暇が終わって大きく動き出す可能性あるから、今日中に切りたいな

しかし暗号通貨、昨年のVALU以降、特に利用方の発展無いからトレードするくらいしか使い道ないな
ETHがここまで落ち込むとEOSが台頭する可能性が高まる。
ただし、EOSトークンは公式が無価値を謳っているので、ETHみたく何万円にも跳ね上がると考えるのは時期尚早。
EOS

誕生以来の大きなエリオットウェーブの1周期が終わろうとしています。

同じ周期の銘柄としてはBCHが挙げられます。

ただしEOSの場合4月の底を割っておらず、EW4とC波の終点一致により調整終了の可能性が残されています。

いずれにせよこの規模の特異銘柄は要注目です。
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (8/8)

・ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性
・米国麻薬取締局:ビットコインは犯罪組織のための道具ではなくなった
・EOSに米ドル連動通貨?今年中にローンチか
7月2日にCoinbaseがカストディサービスを開始とツイートしましたが、XRPやNEM、EOSなど約40の資産の追加が検討されていると発表されました。展開が早いですね
「カストディによって機関投資家による投資を100億ドル促せる可能性がある」との発言も以前あり、注目です
EOS/BTCチャートから見れる
エリオットウェーブ理論の威力。

しかも大きなEW3エクステンションの可能性。
$EOS / USD popping on 200MA I'm not in 抜けて、上で跳ねたものの、静観なう。またEOSが音頭をとって行く可能性も無きにしも非ず?あるいは、そう単純には上行かない?
時価総額上位TOP4のALT(ETH+XRP+BCH+EOS)のBTC建チャートは
今が調整波動のチャネルをブレイクし
これからEW3の可能性を示している。

ブレイク後の動きが弱いけど
BTCに新規資金が集まっている中で
少しずつ上向きになって来ていることに注目したい。
まあ推測だろうけど、イーサの評判を落としたいEOSホルダーの攻撃の可能性があるってことか・・・。
イーサのガス高騰の原因が判明?イオスコミュニティが関与か via @JpCointelegraph

2ch掲示板

9857: 投資丞相 2018/8/5(日) 09:18 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9857.net
下記の記事から更に下げていますからね。

Rakesh Upadhyay
8月3日:仮想通貨の人気10種のテクニカル分析!ニュースによる相場の影響は?

 仮想通貨市場全体の時価総額は、27日の3000億ドルから2660億ドルに下落した。このような現象は仮想通貨市場にはよくあることだが、投資銀行UBSは、ビットコインが通貨と認識される上での最大の欠点は不安定さだとしている。
 CNBCでファンドストラット社のRobert Sluymer氏は、ビットコインが7400ドルを維持し損ねたら、6000ドルレンジへの大規模な調整もあり得ると話した。ボラティリティが高いので、レバレッジをかけるのは危険かもしれない。OKExの先物トレーダーは、ロングが大きな損失を出した時にこのことに気が付いた。もしレバレッジをかけていなかったら、これは通常の損失で間に合ったが、レバレッジによって破産するほどの損失を出すこともあるのだ。
 それゆえ、我々は下降気味の時には常に小さいポジションでの取引を勧める。そうすれば損失を出してもポートフォリオを傷つけなくてもよいからだ。大きいポジションはマーケットが上場している時にしよう。

BTC/USD
 ビットコインは日中安値は7288.97ドルまで下落した。

ETH/USD
 イーサリアムはサポートである404.99ドルを下抜け、397.84ドルまで下落した。

XRP/USD
 リップルは6月23日以降、0.51978 〜0.4242ドルの間で取引されている。

BCH/USD
 ビットコインキャッシュは、ボトムレンジからの反発を維持するのに苦戦している。現在はトレンドラインのサポートである710ドルまで下落している。

EOS/USD
 イオスは過去2日間、レンジ内ボトムを維持している。これを下抜けたら5.1ドル、4.3396ドルへの下落も可能性がある。

LTC/USD
 ライトコインはクリティカルサポートの74.074ドル付近にいる。このレベルは6月24日以降下抜けいていない。それゆえ、もしこのレベルを破ったら57ドルへの下落もありえ、これはダウンサイドの次のパターンターゲットとなる。 

ADA/USD
 カルダノは下降トライアングルパターンを下抜けた後、下落を続けている。

タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
Ripple社CEOブラッドは、SG FinTech festival 2018で『来年銀行はデジタル資産のカストディソリューションを提供するだろう』と発言した。
#XRP
これは少し遠い将来の話になるけどXRP貸出(レンディング)の利率は今より遥かに高くなると思う。

それだけ貴重になる。

それも機関投資家が保有したくなる理由となろう
SKR
おすすめサイト