DMT 今後のTwitter・掲示板の評判

2ch掲示板

9727: 投資丞相 2018/7/28(土) 05:07 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9727.net
コインポスト

青天の霹靂で市場に冷や水・Upbit上場2銘柄では前日比一時200%高のコインも

仮想通貨市場
仮想通貨市場は日本時間27日の早朝5時に、申請中のビットコインETFの一つが、米国証券取引委員会(SEC)に承認されなかったことが明らかになり、価格が急落しました。

ビットコイン価格は、内容が公開された朝5時頃から下落を開始、約2時間半で、92万円から87万円まで-5万円もの下落幅を記録、市場全体に下落の影響が波及しました。
再度米ドル建で8000ドル、日本円建で90万円を切ったビットコインですが、執筆時(19時30分)では、すでに復調傾向に相場が戻りつつあり、89万円まで価格を戻し、前日比−3.7%となっています。
ビットコインETFの期待感が、織り込まれつつある相場状況の中で、ETF非承認の影響が必要以上に大きな影響を与えなかったのは、今回のETFが市場の期待感を背負う「本命」ではなかったことが大きな理由と言えます。
現在、米国史上初となるビットコインETFの誕生事例となることが期待されているのは、ビットコイン先物を取り扱うCboeに上場を予定している.Vaneck SolidX Bitcoin TrustのETFであり、この可否判断が”今後の要”とされています。
CboeのETFは、BTCや現金のカストディを含む複数の専門業者が参画していることや、SECのETFに対する公式コメント欄への支援表明が相次いでいる点が挙げられます。
一時的に急落が確認されたものの、依然としてCboeの可否判断が判明する日程(早ければ8月10日、また16日との見解も多い)を目処に、相場が形成される状況は依然変わりないと言えるでしょう。
上場情報が価格に反映されつつある
数日前より、流動性に直接的な影響が出る主要取引所の上場情報にて、価格への影響が顕著に表れていますが、本日もアルトコイン市場で盛り上がりを見せる韓国市場で運営を行うUpbit上場が発表された2通貨が、価格を暴騰させました。
DMarket(DMT)とRefereum(RFR)が、上場を発表した通貨であり、共に50%を超える高騰、またDMTに限っては一時前日比で200%を超えました。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト