DASH(ダークコイン) 今後のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
05:45 2019年12月08日
#Liquid リキッドをスマホで利用するのに、機能的な面でアプリは使わずブラウザ版で利用してますが、少し前にバグだったのか今取扱いのない銘柄のアイコンが複数現れました。
#DASH#QTUM、あとは覚えてませんw
今後上場予定なのかな?
まだどこにも出てない情報なのかも?
DASHと今後のアルトの展望について配信します。
クーポンは、20ユーロ、50ユーロ、200ユーロなどの種類があり、現状、BTC、XRP、ETH、LTC、DASHの5種類の仮想通貨に対応。
フランスでの仮想通貨の普及が期待される一方で、仮想通貨の販売ライセンスを持つ企業はまだない状態のため、今後のフランス金融市場庁の動きにも注目。
#暗号資産
◆ベネズエラKFC、来週よりDASHでの支払いが可能に◆

来週よりベネズエラのケンタッキーフライドチキンでDASHでの支払いが可能になる。このサービスはまず首都カラカスの店舗で開始され、今後24都市に拡大する予定。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨
$NPXSを大量に買った
ドバイと強く関係してくる銘柄で今後爆上げが期待できる
チャート的にも

$EOS $lOTA $ZEC $ZRX $XEM $LSK $NEO $TRX $IOTA $DASH $USDT $ETC $BNB $VET $DOGE $OMG $LSK $XVG $Nano $ONT $MDL $XTZ $DOGE $MKR $ZRX $Qtum $DCR $BTS $ZIL $DGB $ICX $Steem $REP $MITH $HT $QASH
バンクエラのチャットから。

スタート時はDASH/BTC、XEM/BTC、ETH/BTC、BNK/BTC、BNK/ETHですが今後法定通貨やより多くの暗号通貨が上場される予定で、XRPはそのなかのプランの一つに入っています。
暗号通貨は現在、BTCドレインとDOGEドレインを継続中。
メジャーアルトではDASH、XLMがなんとかこの地合の中でも踏ん張っている感
XMRはマーク

ETHはETHベースのERC20系アルトからメインネットローンチへ切り替えていく通貨が増えていくことが今後も予測されることから地合回復には程遠く底が深そうだ
仮想通貨ダッシュ(DASH)の価格が急騰している。27日に南米の携帯会社との提携を発表した他、ハイパーインフレーションに苦しむベネズエラでの普及が進んでいること背景にあるとみられており、今後南米における仮想通貨の普及に対してダッシュが果たす役割が大きくなるかもしれない。
【匿名性コイン3つとその技術的特徴】

①DASH
ミキシング:取引プールを経由させる手法

②Monero
リング署名:複数人がグループを形成して取引に署名する手法

③Zcach
ゼロ知識証明:第三者が、取引の内容を知らなくてもその正常性を承認できる仕組み

今後の大きな潮流になりうるかもしれません。

2ch掲示板

10506: 投資丞相 2018/9/8(土) 09:37 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10506.net
>Dashすごい動きしてるけど普通なのかしら。

XRPと同じく送金性に特化したコインですので期待出来ないと思いますよ。

ダッシュは2014年に公開されました。バイトコイン(Bytecoin)という通貨をモチーフにして設計され、もとは「Dark Coin(ダークコイン)」という名前でした。
しかし、名前の印象が悪いため、2015年に現在の「Dash(ダッシュ)」に改名しています。
最大の特徴は送金スピードと高い匿名性
ダッシュの特徴は早い送金スピードと送金時の匿名性の高さです。
なんと、送金はわずか数秒で完了します。
「コインジョイン(コインミキシング)」という送金方法により、「誰が誰に送ったか」という追跡はほぼ不可能と言われています。
ちなみに、ダッシュ、モネロ、Z-Cashなど、送金時の匿名性が高い通貨は「匿名通貨」と呼ばれています。

時価総額上位の仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)、選ばれる3つの特徴とは?

仮想通貨の時価総額をチェックする人は、アルトコイン「」の名前をよく見かけるのではないでしょうか。ダッシュは仮想通貨のなかでもある種特別な機能を持った通貨であり、その特徴や将来性にたくさんの期待がかけられているのです。今回はそんなダッシュが持つ3つの...

Dash(ダッシュ/DASH)はどうやって生まれた?開発者エヴァン・ダッフィールドとは?

2009年に仮想通貨が誕生してから2018年現在までの間に、約1,000種類を超える通貨が産まれ、様々な特徴を備えたそれらは仮想通貨市場を賑わせてきました。そんな中でなどのメジャーなコインと肩を並べる勢いで時価総額12位にまで浮上したコインです。

仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)の今後。将来性やロードマップについて

ダッシュは他の仮想通貨とは少し特殊な事情を抱えています。それは、仮想通貨規制との関りです。今年、6月には国内で唯一取り扱いのあったコインチェックも安全面を優先して、ダッシュの取り扱いを廃止しました。

7584: svu***** 2018/6/5(火) 05:10 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--7584.net
ト初心者ガイド税金解説

仮想通貨ランキング



仮想通貨おすすめランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説

ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「時価総額おすすめランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。

注目記事ランキング



BTCテクニカルアナリスト:ビットコイン下落相場の底は約62万円と分析

BTC テクニカルアナリスト ウィリー・ウー氏は、複数の分析を元に、BTCは6000ドル(約65万円)を切る可能性が高く、しばらくは5500~5700ドル(およそ60万円~62万円)の間を彷徨うと指摘しました。



2日間で国内上場企業5社が仮想通貨取引所開設の意向を表明:株価は一時的に大幅上昇

5月23日と24日の2日間で5社の国内上場企業が新たに仮想通貨取引所開設の方針を明らかにしました。これらの企業の株価は一時的に大きく上昇しました。大和証券などの大手証券会社の参入の動きも広がっています。



BTG51%攻撃で疑惑が生じたジハン・ウーが関与を否定|高度な情報戦に発展

世界最大のマイニング関連会社BitMain共同設立者の「Jihan Wu」氏は、仮想通貨ビットコインゴールド共同設立者の「Jack Liao」氏がBitMainを陥れるため、51%攻撃に関与しているなどと”虚偽の情報”を流していると非難。高度な情報戦の様相を呈しています。


人気記事ランキング

『SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)』サービス開始|大きく期待できる5つの理由

将来、BTC価格とXRP価格の相関がなくなる3つの理由

仮想通貨市場は24時間で約1.4兆円の回復へ|最注目のメインネットトレンドと今後の相場

ビットコインは既に底値であり価格回復が見込める状況|Fundstratアナリストが分析

ビットコインキャッシュが日本のコンビニでの決済対応を目指し協議中?ロジャーバー氏が発言

新着記事



三菱UFJと連携し日本進出する米最大級仮想通貨取引所Coinbaseの影響とは?



仮想通貨投資家はここに注目:新興国や債務国の政治経済



Vitalik Buterin氏:イーサリアムは1秒間に100万取引を処理出来るようになる



XRPの価格上昇にはトークンの有用性を向上が不可欠|仮想通貨投資会社CEOが分析



6/4(月)|再びMtGOXのウォレットに動き・仮想通貨市場はBTCにつられ全面安

仮想通貨ニュース一覧>ブロックチェーン記事一覧>6月仮想通貨重要イベント>仮想通貨ランキングTOP50>仮想通貨一覧/国内人気通貨>取引所比較/おすすめ取引所>仮想通貨の税金解説一覧>

主な仮想通貨取引所

bitFlyerbitbankQUOINEXZaifGMOコインDMMBITPOINTSBICoincheckBinancePoloniexBITTREX

主な仮想通貨

ビットコインBTCビットコインキャッシュBCHイーサリアムETHリップルXRPライトコインLTCネムXEMリスクLSKダッシュDASHゼットキャッシュZECネオNEOオミセゴーOMGイーサリアムクラッシックETCアイオタIOTクアンタムQTUMステラXLM

ホーム

仮想通貨情報

三菱UFJと連携し日本進出する米最大級仮想通貨取引所Coinbaseの影響とは?

2018/6/4 仮想通貨情報


Coinbaseが三菱UFJと連携し金融庁に登録申請アメリカ最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、16年7月に同社に10億円強出資した、三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、三菱UFJ)と連携し、日本市場の開拓を目指すと日経新聞が報じました。Coinbase日本参入による影響機関投資家(大口)に向けたサービスを展開するCoinbaseには、現在日本の仮想通貨業界にはまだないサービスが多く存在します。その影響で、金融機関の参入の加速を促すかもしれません。


日本も遂に機関投資家が続々参入してくる形が出来つつある
SBIも7月からが本番
今のうちにリップル仕込んだ方が良い
来月200は超える

8467: svu***** 2018/6/21(木) 00:30 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--8467.net
PalmPay」は、Android デバイス、タブレットまたはスマートフォンにダウンロードできる無料のPOS(Point Of Sale)アプリです。
セットアップ費用や登録料、取引手数料、月額料金などは一切なく、完全無料で使用できます。

「PalmPay」のようなPOSレジアプリを使えば、店側はレジを購入したり、レジを設置するためのスペースを用意する必要はありません。タブレットとカードリーダーがあれば誰でも簡単に取り扱うことができます。POSレジアプリは、アメリカなどキャッシュレス社会の国々で浸透しています。

「PalmPay」1.1.4 がリリースとなり、今回は仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)、モネロ(XMR)が追加されました。
今後のロードマップも公開しており、法定通貨の種類をさらに増やす予定もあるようです

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト