coindeskのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
03:38 2019年11月19日
CardanoからEthereumまで2020年はProof-of-Stakeの年を決定する可能性がある! 業界で最も注目されている2つのPoSネットワーク、つまりイーサリアムとカルダノが第1四半期に(再)ローンチされる予定です。
ホスキンソン氏は、近いうちにカルダノがイーサリアムとの間で相互運用性を持つ可能性にも触れた。】 カルダノはイーサリアムのスマートコントラクトで使う言語でもプログラムすることができる! 言ってた通りになってきたねー!
中国IT大手テンセント、ブロックチェーンベースの仮想銀行設立へ──香港証券先物委が承認 #coindeskjapan
ちょっと古い記事(2019.9.21)ですが、BoAもMarco Poloに参加してるんですね バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)は、ブロックチェーン技術を使った国際取引の効率化に取り組むコンソーシアム「マルコ・ポーロ(Marco Polo)」に加わった
JVCEA、そしてJCBAからの税制改正提言を受けて、CoinDeskでも記事にしていただいていますね。Aerialチームの岡田からも、何やらお固いコメントを寄せさせていただいてますー! 仮想通貨の2協会、税制改正の要望書を金融庁に提出──取引活性化の鍵を握る税率 @Coindeskjapan
ブロックチェーン白書の巻頭インタビューも全文読みましたが、前向きな将来予測。これまでもこれからも、ユースケースが理論にリードしてイノベーションが起きていく 「インターネット×ブロックチェーンの先にあるものとは?」慶大・村井純教授から学ぶ"テクノロジーの大局観
ブロックチェーン白書の巻頭インタビューも全文読みましたが、前向きな将来予測。これまでもこれからも、ユースケースが理論にリードしてイノベーションが起きていく 「インターネット×ブロックチェーンの先にあるものとは?」慶大・村井純教授から学ぶ"テクノロジーの大局観
今日明日に目黒で開催されているb. tokyo、13:35より「ブロックチェーンが変える“データの価値”──「改ざんできない」がイノベーションをもたらす」に登壇させていただきますー! 最大限吸収して発信する2日間にしたいです
BTC超速報:Bakkt(バックト)はCFTCの自己認証プロセスにより現物決済されるビットコイン先物のローンチの許可をされており、2019年9月23日にビットコイン先物とビットコインカストディをローンチすると発表
BTC速報:CFTCによりDCMライセンスを付与されたオプション取引所のLedgerXは、アメリカで初となるビットコイン現物で決済される先物をローンチ。
BTC速報:CFTCの広報によると、LedgerXの昨日ローンチされた現物決済ビットコイン先物は"まだ承認されていない"とCoundeskの取材に回答
BTC速報:CMEのビットコイン先物のオプションは規制当局の認可が降りれば2020年1月13日にローンチすると発表
BTC速報:CMEのビットコイン先物のオプションは規制当局の認可が降りれば2020年1月13日にローンチすると発表
BTC速報:LedgerX同様、現物決済されるビットコイン先物提供予定のBakkt CEO「最終的なCFTCの承認を得られれば、即座にビットコイン先物をローンチする」と発言するも、具体的な予定は示唆していない
BTC速報:世界最大手保険ブローカーのマーシュは、カストディアンのKNOXに異例となるビットコインやイーサリアムのハッキングに対し100%の完全補償を提供。
BTC速報:世界最大手保険ブローカーのマーシュは、カストディアンのKNOXに異例となるビットコインやイーサリアムのハッキングに対し100%の完全補償を提供。
BTC速報:SECはVanEck SolidX含む3つのビットコインETFの審議を最終延長を発表。最大240日の審議期間により、VanEck SolidXのビットコインETDの最終審議は10月中旬となる
BTC速報:現物決済ビットコイン先物を提供するBakktは、2020年上半期にローンチ予定の消費者がビットコインなどの仮想通貨アクセスの向上を図るアプリを開発中と発表 $BTC
BYC速報:WSJはビットコインETFと報道していたもの、Coindeskは「ビットコインETFに類似する」と報道を修正。VanEckによると正確にはETF同様の設定交換が可能なビットコイン"Brocker Traded Fund"(BTF)という初の試みと補足
BYC速報:WSJはビットコインETFと報道していたもの、Coindeskは「ビットコインETFに類似する」と報道を修正。VanEckによると正確にはETF同様の設定交換が可能なビットコイン"Brocker Traded Fund"(BTF)という初の試みと補足
ETH超速報:スペイン最大手のサンタデール銀行はイーサリアム上で21.6億円の社債を発行。決済にはカストディアンにより保管されるフィアットによる裏付けされたERC20トークンを使用する。銀行がイーサリアムのパブリックチェーン使用を開始!
ETH速報:ステーブルコイン発行者のPAXは、ニューヨーク州金融監督局(DFS)の承認により、1オンスのゴールドに裏付けされたPAXGをイーサリアム上でローンチ。ゴールド投資家やトレーダーの仮想通貨参入を狙う。 #イーサリアム #Ethereum #仮想通貨 #ゴールド #金 #PAXG
速報:Ledger Nanoの開発元のLedgerが提供する仮想通貨カストディは最大手保険グループマーシュによりロイズのArchから163億円の保険を獲得したと発表
速報:アルトコイン世界最大手のバイナンスがレンディングサービスをローンチ。対象仮想通貨はUSDT、ETC、BNBの3種類のみで主要通貨であるビットコインやイーサリアムは現時点では含まれない 
Bakkt 2020年前半にスタバで使えるアプリを発売予定
米国商品先物取引委員会(CFTC)が交換を承認しなかったと述べた後、LedgerXは木曜日、LedgerXが以前に主張したようにbitcoin先物を発売していないことを認めた。
Coindeskの日本語版タイトルが悪い。ALGOが関係してるのに、それがタイトルに無いのはいただけない。 英語版は「Algo Capital Loses Crypto Funds After CTO’s Phone Is Hacked」
ここかな。 ただ、仲介がいらないというより、 Trusty account function がいらないということかな。
史上最大規模のICOで多額の資金調達に成功したEOS。ここに来て暗雲か? 分散が不十分。 決定権の多くが中国(人?)にある。 資金難に陥ったデベロッパーがプロジェクトを中止。 初期サポーターが抜けている(ただの利確?)。 とのこと。 ラリマー氏が次のプロジェクトに移ったら要注意。
CTOのスマホがハックされて、USDTとALGOが盗まれる。
おっ、coindeskにもSecuritizeのニュース出てる。
セーシェルが世界初のデジタルIPO
ボーイングがハッシュグラフ。すげげぇな!
上場企業のマーチャントバンカーズ株式会社がエストニアの不動産をトークン化。STO。
寝起きでちゃんと読んでなかったの再読。 航空機最大手のボーイング社が、ヘデラ・ハッシュグラフの管理委員会に参加。 管理ノードを運営。参加企業10社目の発表。 他には野村やTata communicatioやIBMなど。
Coindesk Japan さんのブロックチェーンカンファレンス にきたよ!
Coindesk編集長から「いいね」きた!これまじあるかもしんない!久保田さん大好き!
プログラマブルマネーが実現したら本当に生活が一変すると思います。Libraに限らずどんどん出てきてほしい。 【リブラ】 LayerX榎本CTOが語る「プログラム可能なマネー」とブロックチェーンの可能性 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

2ch掲示板

10313: mmp***** 2018/8/25(土) 16:58 ID:17u.FYh5uTEbrsVv6FXaariC10313.net
フェイスブックを超えるIPO


世界有数の仮想通貨マイニング企業 Bitmain(比特大陸)が、香港における IPO を9月までに申請すると CoinDesk が伝えた。

Bitmain は最大で180億米ドルを調達するつもりであり、これは Facebook の160億米ドルを超える額だ。同社の新たな評価額は400億米ドルから500億米ドルになるものと思われる。申請プロセスが上手く行けば、同社は今年末か2019年第1四半期までに株式を公開することになる。

Bitmain の設立者 Wu Jihan(吳忌寒)氏は今月上旬に IPO の計画について訊ねられた際、直接的なコメントはしなかった。

同氏は韓国の Huobi(火幣)のイベントでこのように述べた。

10097: 投資丞相 2018/8/14(火) 05:55 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10097.net
既にリラの信頼性は失われていますが、リラの暴落によりリラ対仮想通貨では仮想通貨上昇しても円やドルと比較すれば上がっていません。

Lukasz Stefanski / Shutterstock.com

トルコでは経済危機の高まりとともに、ビットコインや仮想通貨の取引ボリュームがここ数日で急増している。

トルコ最大の仮想通貨取引所「Koinim」は、ビットコインの取引高が63%の急増となったと報告した。一方、「CoinMarketCap」のデータでも、トルコの取引所「BTCTurk」と「Paribu」の取引量がそれぞれ、35%増と100%増になっている。

トルコでは仮想通貨がまだ規制されておらず、新たに仮想通貨の取引を始める人も多い。現地の仮想通貨ユーザーは、トルコの通貨危機の行方に危機感を高めている。

イスタンブールでビットコイン投資を行なうBitmovと名乗るユーザーは、「CoinDesk」の取材に対し、ビットコインで海外のデジタル広告を購入していると述べた。

「トルコの通貨のリラの値下がりや、トルコ政府の地位の低下を懸念して、1年半ほど前から個人で仮想通貨取引を開始した。仮想通貨で資産を保有するほうが、安全だと思う」とBitmovは述べている。

ツイッター上でBit_gossipと名乗るユーザーも取材に対し「トルコでは毎日のように、新たな仮想通貨取引所が生まれている」と話している。

米トランプ政権によるトルコの鉄鋼やアルミに対する関税引き上げへの懸念が高まるにつれ、リラの価値は急落。今年に入り過去最安値を更新した。

トルコの財務大臣、Berat Albayrakは8月12日の地元メディア「Hurriyet」のインタビューで「金融機関は必要な対策を講じるべきだ」と述べたが、ロイターによると対処方法はほとんど存在しないという。

Albayrakのコメントは、トルコ大統領のエルドアンが今回の通貨の下落が、海外からの圧力によるものだと発言したのを受けてのものだ。報道によると、エルドアンはリラの下落を食い止めるため、トルコ国民に手持ちのドルやユーロ、金などの資産をリラと交換するよう求めているという。

トルコ国民が自国の通貨への信頼を失った場合、ハイパーインフレ下のベネズエラで起きたビットコインや仮想通貨の高騰が、再現される可能性もある。

10086: mmp***** 2018/8/13(月) 08:58 ID:17u.FYh5uTEbrsVv6FXaariC10086.net
仮想通貨ファンド日本にもできるといいな



15億ドル(約1700億円)の投資資金を運用する、米国大手デジタル通貨ベンチャーGrayscale Investmentsは、仮想通貨の資産運用を行う投資信託の中で、どの通貨がクライアントから人気が高いかを明らかにしました。

Grayscale Investmentsは、大手仮想通貨メディアCoindeskと並び、ニューヨーク市に本社を置くデジタル通貨を主な投資事業とするDigital Currency Groupの子会社です。

15億ドルに及ぶポートフォリオの中にも、ビットコイン(BTC)の資産運用額は約13億ドルを占めていることが判明。そのほかの仮想通貨に関しても、運用額を初公開しています。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト