catapultのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
09:14 2019年10月19日
開発中のアグリゲートチキンですが、味の決め手となるcatapultソースのソースコードは当面非公開です。実証実験は未定
#PundiX
『partnership & ecosystem』

〈今後の流れ〉
20000台 #XPOS を生産
⬇︎
#NEM財団 と取引partnerに配布予定
⬇︎
#catapult 実装後
#NEM が爆速で決済分野を凌駕
⬇︎
そんな時代はすぐそこまで来ている

その先駆け端末のなかに
#nem I #LYL が…
"Tech Bureauがダウンロードコードをリリースしたとき、事実上のドキュメントは存在しませんでした。「われわれを導いてくれた日本人プログラマーとのつながりを作った」とロメロ氏は説明する。"

> #catapult_serverビルドチャレンジ ?? www
#mijin / #NEM
ブロックチェーンコアエンジン2.0『#Catapult#カタパルト)』

約2分で簡単に説明してくれてます
日本語解説動画 リンクは

英語解説動画 リンクは


#XEM $XEM #NEMblockchain #Loyalcoin #ProximaX #ペトロ #ネム
金融庁主催、かなり大規模なイベント。国内でもこうゆう動きがあるって何か少し安心する。
てかmijinは既に300社以上も提供されてるって中々の実績だな。

「mijin v.2 (Catapult)」を活用したRegulatory Sandbox Ideathon を9月に開催 - PR TIMES:朝日新聞デジタル
@44uk_i3 さん、@planethouki さんに続き、オレオレCatapultを建てました

Endpoint:
BlockExplorer:
Faucet:

ご自由にお使いください。トラブル時は初期化します。
Faucetは@44uk_i3 のものを使っています。
財団系では北米 #NEM の動きに注目。

日本は外輪を広げるスタートアップの活躍、内輪を固くするコミュニティのワサワサ感に期待。

#COMSA の国内活動再開GOは気長に待機しかない。

そして、#catapult 搭載したNEM2をジッと待つ。
オレオレCatapultを乱立させてクロスチェーントランザクションを投げ合うブームが…! #来ない
ロイヤルコインがmijinを使っているという話を聞いて、catapultのクロスチェーンTxはここにこそ活きてきそうな気がした。

トークンの売買はパブリックで行って、サービス内の利用はプライベートでやるような
Catapultのアカウント情報取得のAPIを生で叩くと、トランザクションを発生させたことがないアカウントだとPublicKeyが0の羅列で返ってくる。
これだと、アグリゲートトランザクションの作成時にバグの温床になるような気がしたので、null返すべきでないかとぶつけてみた
Catapult用としてv3のドラフトも上がっていて、アグリゲートトランザクション用のQRコードの案も出ていた
#NEM I $XEM は
ヤハリ、別次元の世界に
おられるようです( ・∇・)

思っている以上に
$XEM に興味を持っている人は
増えていると思う。

#nem #NEM $XEM #カタパルト #ハーベスト #catapult #harvest
ちなみにツイ元『ISARQ(@isarqcom)』の公式サイトブログ()では、#NEM#Catapult に関する記事がエピソード1~4まで公開されています。
ちなISARQは、金融・産業分野のための技術的ソリューションを創出するソフトウェアエンジニアリングおよびアーキテクチャーとのこと
このAxoniumて「健康データを匿名で使用させる代わりに報酬が得られる」風な #NEM プロジェクトで、ウェブとブロックチェーンの2レイヤーに分かれており、後者は #catapult を使うぽい。ロードマップでは10月ICOがERC20でとありますが、これまたEthereumからの鞍替えかな?
#NEM #catapult のパブリック実装はまだまだ先のことだと思ってるんだけど、実装した日のことをイメージしてみたら、「待ってましたぁぁ」とみんなでワイワイしてる姿が浮かんで、多分、俺がNEMに求めてるものってそういうものなんだろうなって感じた日曜夜20時27分

#NEM#XEM $XEM )
「mijin v.2 (Catapult)」を活用したRegulatory Sandbox Ideathon を9月に開催 @PRTIMES_JPさんから
テックビューロホールディングスが「FIN/SUM 2018 & REG/SUM」(主催:金融庁、日本経済新聞社)で9月に実施される「Regulatory Sandbox* Ideathon」にて #mijin v.2 ( #Catapult )を提供、技術支援を行うそう。アイデアの一般募集を開始。 #NEM
「mijin v.2 (Catapult)」を活用したRegulatory Sandbox Ideathon を9月に開催- 記事詳細|Infoseekニュース
Devslopes(会社)とBlockstart(プラットフォーム)とCache(トークン)の関係を調べていたら、Cacheのホワイトペーパー日本語版が見つかり、これは…!!と思った。特にデベ系の人々に一読してほしいです。#NEM #catapult
Catapult Walletだそう。配信元はDevslopes、LMFAOのRedfooの家で北米NEMミートアップ主催したところ。#NEM #catapult
第一回NEMDev.fukuoka、残り9枠、内容も決まってきたようです。
#NEM アプリ開発ワークショップ&もくもく会
#catapult いじってみたよ(@planethouki)
・NEMの自動引き落としアプリ作ったよ(@ayasamind)
カタパルトの可能性を、「処理速度」だけじゃない件を広げる必要。むしろ処理速度向上は主なメリットではないかもしれない。 #NEM #Catapult
既存のクラウドソーシングの発注手数料の高さにはうんざりしており、その分を受注者に払いたいのは山々。カタパルト使ったエスクロー取り入れたら、既存の仲介業者不要になるはずなので(しかもNEM決済もいけるし)、ワンチャンありそうだけど。
#NEM #catapult #mijin
テックビューロ社の北米CEOとCPOへのインタビュー~開発者のブロックチェーンスキルの不足はすぐに問題ではなくなる #catapult #NEM #テックビューロ
現時点でワシが把握してるのは、#catapult 搭載後の #NEM パブリックチェーンの処理速度は『毎秒2件以上4000件以下』、ですw
#NEM#catapult 搭載で4000tx/秒の件をまだ信じてる?
それはあくまプライベートチェーン(mijin)の話で、パブリックチェーンであるNEMに搭載されても、それほどの処理数に対応できません。コアデベのJaguar0625氏も明言してます。

こちら再掲しますので「3」をどうぞ。
来たね~(* ̄∇ ̄)ノ

mijin v.2 (Catapult/カタパルト)が一般公開を開始 @TheBitTimes
カタパルト♪
カタパルト♪ (๑'ڡ'๑)୨

世界最先端のブロックチェーン製品「mijin v.2 (Catapult)」が一般公開を開始 @PRTIMES_JPさんから
とうとう公開。さてどうなりますか。xemにいい影響がでますように…まだ先の話ですが(笑)
PR TIMES: 世界最先端のブロックチェーン製品「mijin v.2 (Catapult)」が一般公開を開始.


(@GoogleNews)
NEMberiaで話題になってたけどNEM Catapultのフォークが誕生するらしい。ついにこの時が来たかという感じですか。
【2018/5/31 暗号通貨に関するイベント その2】
・NEM( $XEM )がCatapultをリリース


・Stellar Lumens( $XLM)が取引所のβ版をリリース


・Peculium( $PCL)がトークンをバーン
拝啓、エンジニア殿

カタパルトの膿み出し、厳しくガンガンやってください
#NEM #catapult
catapultのビルド自体に賞金かかってて草生える。 $XEM #NEM
#NEM $XEM

新しいバージョンのNEMプロトコルを提供する完全な機能を備えたブロックチェーン・エンジンであるCatapult-mijin v.2の公開を発表しました。

ついにきたかー。
Zaifがちょっとアレやけど…。
価格も安定して上昇してくるかな
《5月 仮想通貨イベント》
5/12 $CAPP エアドロップ
$NXS カンファレンス
$ELA ミートアップ
5/13 $AION トークンリリース
5/15 $BCH ハードフォーク
$EBST エアドロップ
$ADA アップデート
5/28 $ATS バーン
5/30 $ANI ハードフォーク
5/31 $XEM catapultリリース
$XEM は2018年どうなるか。 #NEM はCatapultリリースが目玉だが、2017年アップデートが遅延。 $ETH $NEO $ARDR とも競合し採用する企業がない。CC事件によって日本人へ誤った印象を持たせた。Catapultで一度高騰はあるだろうが、その先は価値を上げるのは難しいのが現状。
NEM Catapultコア開発者 カイゼン氏へのインタビュー
#NEM #catapult #カタパルト
これは貴重。テックビューロに属する #NEM #Catapult コア開発者カイゼン氏へのインタビューの和訳です。#COMSA のサービス設計もされたそう。来週の #Consensus2018 も期待な感じ。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト