BNK(Bankera、バンクエラ) 利確のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
16:24 2018年11月15日
バンクエラ。
取引所開設のアナウンス、国内取引所での取り扱いの噂、ジョージ・ソロスの参画の噂。後ろ二つは単なる噂(仕手?)だけど、実際上がってるのでよしとしよう。
ただ、いつ落ちるかが怖い。噂で買って事実で売る。取引所オープン前後で底値買い利確組が動きそう。

$BNK #バンクエラ
レンドロイドを最安値で買って、ADKの取引所新設して買い戻して、仲間のレンドロイド受け取りの問い合わせや手続きして、バイナンスの問題を解消して、Horyouの受け取りして、バンクエラやスイスボーグ利確して、トークンペイを取引所へ移して出金手続きもして、儲けもないのにやること盛りだくさん。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
この一件でXRP基軸が加速するならそれも良し
「全てのBTCマイナーに告ぐ・・。もし君らがBCHに鞍替えしたら、我々はその分をBTCで補う必要がある。ドルに換金することになる・・。仮想市場は耐えられないと思うがね・・。よく考えてみて欲しい。物凄い量を売る。良い一日を(P.S.私はBTCが1000ドルになっても全然構わないよ)」クレイグ・ライト
んなもんBTC持ちはBCHも持ってる、BCH持ちはBTC持ってる
んやから、本気で潰すわけない、どっちも上げたいの。

去年、茶番やったん忘れたん、どっちもあげるための序章やで。
XRPこのまま頂点まで行ってくれ!!
マーケットは暴落だけどXRPは逆に勢いづいたイメージ。今にも飛びそう。
NY州金融当局が新たなビットライセンス発行|ビットコイン、リップル(XRP)など主要仮想通貨のカストディサービス提供へ


ニューヨーク州金融サービス局がNYDIG Execution LLCとその子会社にビットライセンスを認可、14つ目のビットライセンスとなった。
「ははーん、これはジハンとロジャーが売ったんだな。ヤツらはハッシュ代払うために、手持ちのBTC全部売らないといけなくなるだろうよ。戦争が長引けば・・・、BTCの価格は2014年に戻るかな・・・、そんな想像をしてみてくれたまえ・・・、良い一日を」クレイグ・ライト
24時間後にはBCH戦争も終わってるし、最後のチャンスと言える
おこづかいの大半をBETしてBTCの仕入れを完了したから、いつでも500万円になってくれて大丈夫だよ。そわそわするね。ソワレだね
【推奨】

リップルがビットコインに引っ張られる形で下落しています。

XRP50円という好機が来ました。

資金の少ない方は現物一点張りを強く推奨します。
おすすめサイト