BCH(ビットコインキャッシュ) 材料のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
04:39 2019年10月18日
BCHは15%を超える上げで、上昇率では抜けてますね。
株でいうと好材料が出てストップ高の勢い。

とはいえ、去年の仮想通貨の爆発的暴騰はこんなもんじゃないですが。

なんでこんな上がってるんや。
$BCH に対して批判的なインフルエンサーも少なくないが、投資対象としては決して悪くないと思う。次回のHFの前には高騰するだろうし、価格変動率も大きいので短期トレーダーにとっても面白い材料。ただしBTCと比べるとガチホには向かないと私は考えている。あとロゴのカラーが2色あるのが気になる
まぁ。ビットは。材料や本質で。あがってないから。本質はない。投機や。7月。8月。上昇。本質は。XRPとBCH。しかない。わらう。いくで。やるで。リップル買い増しや。

2ch掲示板

571: 承認済み名無しさん 2018/07/20(金) 20:03:41.18 ID:sO1jB7Cn.net
一応、今は調整してるだけでまだ上げトレ継続中なんだけどな、暇なんで長すぎて読む気が起こらない今後の予想を張り付けてみる(叩くなり何なりスレの燃料になれば幸い

今XRPの下げっぷり見て悲観してる人多いけど、調整としては現状は最高レベルに下げてるから全く問題ないと見てる(むしろ底レベルに近い
直近(今日~明日)でBTC約7600ドル円建て85万(今約7450ドル)超えて安定すればBTCからアルト全般に資金が戻ってきて各アルトの爆上げ循環相場(アルトターン)が始まる
BTC落ちついて各アルトが順番に上がりだすいつもの循環相場で、チャート的にはBCHの後にXRPが上がりだす、とりあえず7月末には60円台で50円台組は全員助かってる
短期的には8月にBTC10000ドル付近目指してその時XRP70~80円(材料次第で100円)ぐらい、そこでBTC10000ドル超えなければ5月の天井(約10000ドル)とダブルトップ作って暴落開始
BTC10000ドル超えれば問題ないが9月までは海外バカンスで夏枯れ相場になる可能性高いから多分下がる
8~9月末までに10000ドルから暴落して9月底の時に5000~6000ドルで反発、ここが今年の大底になる
この時XRP30~40円(もし何らかの材料で8月100円までいけば40~50円に修正)で、10月から12月まで爆上げ相場再開、年末までにXRP150円以上は付ける
その後12月後半から翌年4月頃までリバを挟みつつまた下げトレ開始の流れ
XRPに関してはでかい材料が入ると上げ幅が大きくなるから年末1000円は分からないが400円超えは十分あると思う
なんで上のシナリオ通りだと8月XRP最高値(BTC10000ドル付近)で利確からBTCショート、9月大底でBTCショート利確してXRPロングで枚数n倍、10~12月までの爆上げ相場で年末は笑って過ごせる

765: 承認済み名無しさん 2018/07/18(水) 22:34:19.73 ID:RqpoDzxO.net
ようやくスレ建ってたのか
初期から集めて70万CETをゲット
ただそこから500まで落ちるのを経験し1000で7BCHに変えてホクホクしてた
そしたら材料でてきて7000、さらにしばらくしたら14000以上になってもう死にそうなぐらい後悔してる俺が来たよ

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト