BCH(ビットコインキャッシュ) 売りのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
02:05 2019年11月23日
#CoinEx

$CET じわ上げしながら6600(/BCHペア)まで到達
特に7000までは目立った売り板もないですが…

久々に 7000 タッチなるでしょうか?
米中貿易摩擦が思わぬ形で仮想通貨売りを助長?
主要仮想通貨価格(日本時間6時)
ビットコイン:6333.1ドル(-1.67%)
イーサリアム:269.34ドル(-2.65%)
リップル:0.31558ドル(-3.43%)
ビットコインキャッシュ:515.03ドル(-2.81%)
ロジャーのコンビニでBCH決済話アゲインにビットポイントのCMに本田選手でしょ。期待しかないやん、リミックスポイント。なおワシ、リミポ株を売り抜けている模様…。タイミング…。。
主要アルトであるETH BCH XRPは8月以降の下落からの出来高が大幅に増加しています。

BTCのボトムギリギリまでの連動下げにより、アルト相場はセリングクライマックスの雰囲気が漂ってきました。

個人投資家達の投げ売りが連鎖し、大口が一斉に仕込みを始めるタイミングです。
BitmainのIPOに関連した情報開示で、BTCやBCHの保有数が話題になってますが、海外では「もしかしてBtimainのBTC売りが一段落したってこと?」という意見も出てきています。
いいタイミングでEOS売りBCH買い出来た。
あとはCETはよ値を戻せ。
#coinex
比特币女博士さん写真借りると

ジハン先生は

①2016年末→2017年末

②2017年末→2018年3月末

①でBTCを売り&マイニング等収益でBCC、LTCが買われ、②でBCCを買った

3月末は古すぎてこの情報を元に将来予測はムズイけど、BCCメインでマイニングしてることは分かる!

#BCHとBCCどっちが正しいの
◆ビットコインキャッシュ長期価格予測◆
価格は2つのSMAの下で取引されている。 14日SMAは50日SMAを上から南に向け遮っている。ストキャスティックスは、売られ過ぎなゾーンに移動。ベアの売り圧力が依然として有効な可能性が高いことを示している。
【情報提供:Bitcoin Exchange Guide】 #フォビ
ますます草の投げ売りが始まりそうな雰囲気が…

悔しいけどCET損切りしてノーポジ(BCH)にして備えようかしら
CARD売り圧強すぎる
BCHチャレンジしようと思ったけど無理だ
CET 7500台ヨコヨコ
CoinExのアナウンスとかはもう期待しない方がいいと思うんですよね。
何回出してるんだよって
7500に計算合っていればBCH1000枚分の買い板が貼られていますw
逃げるならそこで逃げれるからバウンドする度に売り買いしたら面白いかも
BCH全部売りました

#2秒でバレる嘘ついてください見た人もやる
BCH
強力なサポラインで止まっている
ここを下抜けするにはかなりの売りが必要
割れば3万円付近まで下がる可能性があるため正念場

しかしチャートからみて下落相場の中ではやはり優秀なコイン

様子見しながら上抜けの可能性が高まれば買い(資金に余裕を持って少しずつ買うことをお勧めする)
BCHもzaifは1時間以上売買成立してないじゃん
深夜でもないのにアホかと
こっちも小銭すぎる

こんな少量の売買の為に自分の時間は使いたくない
1日10億くらいは売買したい

さっさと損切してくれ
はるか上値まで買い上がらないと大した数量買えないし
その買えるところは戻り売り待ちの訳で
CoinExのCETはどうかな?と思ったらBCHで8900まで下がってますね。僕がCETを全売りしたのが7000なので、それでもまだ上ですが。
仮想通貨は潰れないし無くならない。

一番もったいないのは、下がって手放すこと。私は3年くらい前に約70BTC近くを買ったけど、周りの雑音ですぐ手放してしまった。

BCHもCETもHYDROもCARDも、投げ売りなんて真似はしない、生まれた場所が違うんだ、死ぬときくらいは一緒にいようぜ…元ネタはワンピ
【マウントゴックス民事再生計画変更、債権者の既存口座にBTC振込へ】

売り圧が消えて上昇に転じるかもしれないですね!

マウントゴックス債権者の弁護士が民事再生計画の方針変更

既存の取引所口座にBTCやBCHで返金

アルトコインによる返金はしない
HYDROもCARDも可能性の塊でしかない。下がったら買い増すだけよ。そして吹いたら売り抜くだけよ。

あぁこれだから仮想通貨は楽しい。そして最後に笑うのはBCHだ。まだまだ夏真っ盛りだけど、ここを乗り切ったら年末にかけてまた全体的に盛り上がってくると思うので、やはり買い増し一択なんだよなぁ
マイナーが価格操縦でマイニングの利益作るために価格を上げてきたんだから、PoWであるBCHやLTCでイグジットパンプして、そっちも売り抜くはずだから、そっちで張ってればワンチャンあるで!ってまだ思ってる。から刈られて回復不能になった。
草コインの冒険は失敗に終わるかもしれないけど、ビットコインとビットコインキャッシュを全売りした判断は間違ってなかったかもしれない(^.^)
$XRP
CETですが…買うなら8000からナンピン買いでリバったところで押し目売り
これが1番良いかと思います

基本的にファンダ無視の爆上トレ転なんてないです

1〜3年間待てるなら持ってても良いと思う?
BCHを増やしたいのが目的なら配当狙いはオススメはしません

BCHは可能性あるコインですから
ALT迷走中

見てて押し目売り多すぎ…
ここら辺で買えるなら良いALTは基本ガチホでいい

BCH,ADA,ETHだけ現在保有してるけど、そろそろBCH,ADAは買い増しするかな
#THPC
昨日まで10分の1以下だった取引量がETH、BCH建てで逆転

さらに上昇中︎ ⤴︎

BTC建ての43にあった3000万の売り壁も700万まで減り、これ書いてる最中に崩壊

もしかしたらもしかするかも
$BTC 下落600ドルで-7%超、デッドクロス到達。昨日予想した通り売り強まり大幅下落、そのためフォロワーの方は想定済みでしょう。大型アルトコインでは $QTUM $BCH $NEO $ADA が-8%超、 $ETH $TRX $EOS が-7%超、 $XLM $ETH $LTC が-6%程度の下落。特に $ETH は再び4月前後の最安値圏内に向かう。
早速、BitwiseがSECに承認トライするようです。

BTCアルト盛り合わせETF

BTC 55%
ETH 20%
XRP 9.4%
BCH 6.4%
LTC 2.6%

既に投資信託コインは多くありますが、それらとの違いは、SEC承認により大手証券会社や運用会社が米国の富裕層に売り込めるようになること

承認されたら上の通貨上がるね

2ch掲示板

561: 承認済み名無しさん 2018/09/04(火) 11:51:59.84 ID:HMlBxP2w.net
米調査会社 トム・リーはETH先物は現在の価格から更に下落し50$になるとしている。反対にBTC.BCHはETHに売り圧が向かうとし、上がっていくだろうとアナウンスをした。また同氏は数年間XRPの価格研究を行っており、今後半年間でXRPは8円のラインを破ってしまうとみている。

10336: 投資丞相 2018/8/27(月) 07:51 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10336.net
ビッドコインはハードフォークにより、ビッドコインを以前から保有していればビットコインキャッシュ等が付与されましたので、それほど暴落しているとはいえないものの、買い物で使用する人は少ないようです。

ビットコインなどの仮想通貨が支払い手段として普及しない理由はたくさんある。激しい相場変動や、規制を巡る不透明感などのせいで、多くの事業主は取り扱いをためらっている。

つまりXRPも同様に、銀行間での送金として使用する事を金融機関はためらうでしょう。

私は、これからはプロダクトのある仮想通貨に人気が集まると考えます。


しかしwowbitの感動の可視化なんて、求めている人はいないわけです。

また、ガクトのSPINDLEでは投資や資産運用における運用の不透明性を解決すべく、ブロックチェーン上で安全に資産管理と運用情報の透明化を目指したプロジェクトです。
投資や運用の漠然とした不安を取り除くため、運用プラットフォームの「SPINDLE」では、その課題解決を目指しています。

SPINDLE自体が不安では?(笑)

ですから、これから有望な仮想通貨は

①プロダクトのある仮想通貨である。

②プロダクトの内容が理解しやすい。

③そのプロダクトが多くの人に利用されて需要を生み出す。

この条件を満たす仮想通貨が最初に売りだされた安い時に仕込めば大きく期待できるでしょう。

9850: 投資丞相 2018/8/4(土) 09:34 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9850.net
来年になればビットコインおよびビットコインキャッシュにまた売り圧力発生に?

マウントゴックス民事再生計画変更、債権者の既存口座にBTC振込へ

 マウントゴックスの債権者グループは2日、当時世界最大の取引所だったマウントゴックスに対する債権者の代理人を務める弁護団が、同取引所の民事再生計画を変更したと声明を出した。
 マウントゴックス債権者たちは8月1日付けで民事再生計画の基本方針を変更したという。マウントゴックスに対する法的債権者団体からの意見も含む、前回の方針に出された意見が反映されたかたちだ。
 債権者への資金返還は、債権者の希望に沿って既存の仮想通貨取引所口座、あるいは新しく開設する口座へ、ビットコインおよびビットコインキャッシュ (BCH) で行われることとしている。
「債権者の多くが既に口座を持っている、あるいは今後容易に口座を開設できる取引所にビットコインおよびビットコインキャッシュの形で返還するのが好ましいと考える」
 また、今回変更されたマウントゴックス民事再生計画は、同取引所が、「ビットコインの債権者に支払われるべきビットコインおよびビットコインキャッシュのセールスによって得た多額の現金を有して」おり、「金銭的債権者に対する返還が片付いた後」に残った現金での追加返還を提案している。
 新たな再生計画はアルトコインでの返還に関しても触れているが、各仮想通貨取引所が扱うコインの種類が違うことをあげて、アルトコインを使ってのビットコイン債権者への返金は「非現実的」であるとしている。
 加えてマウントゴックスの弁護人は、管財人によるアルトコインのセールスは同コインの価値下落に繋がる恐れがあるとして、次のように述べた。
「管財人がアルトコインを売ることで同コインの価値が急激に下がるかもしれず、また、管財人がアルトコインを動かすことで安全上の問題が生じる可能性がある。従って、管財人はこれらの点をよく検討したうえでアルトコインのセールスを進めるべきだ」
 弁護人は声明文において、再生計画の承認直後となる2019年5月あるいは6月に予定されている第1回目の支払いでは、16万ビットコインおよび16万8000ビットコインキャッシュ、現在マウントゴックスが保有するその他のデリバティブが支払われるとしている。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト