BakktのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
09:47 2019年10月22日
BakktはビットコインETF以上に市場にインパクトを与える
Bakktの海外における評価が、日本より遥かに高いですねー。実は自分仕組みをまだイマイチ良く分かってなかったり。
Bakkt

米仮想通貨調査企業Ironwood Research Groupは、新仮想通貨取引プラットフォームBakktが、ビットコインETFよりも重要との考えを発表
#Bakkt の仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超えるとも言われている。
目先では9月末のBTCETFにはあまり期待してないけど11月のBakktは結構いい感じに行くと思う
確実に、着実に、仮想通貨は浸透してる。アメリカのYahoo Financeで仮想通貨の売買ができるようになった。ICEとBakktもくる。Nasdaqも準備している。仮想通貨の枠組みをこえた大物たちが動きはじめている。今、生き残っている人たちはラッキー。次の波に乗れるから。
#仮想通貨 #リップル #XRP
大手企業と提携して開設する仮想通貨取引所「Bakkt」、大手投資銀行等のカストディー(管理)サービス、世界最大級の保険組合「ロイズ」の仮想通貨業界進出...戻ってきてもおかしくない

一般投資家が仮想通貨に戻る兆候:世界最大級の掲示板でビットコインカテゴリが再浮上
『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由 @coin_postさんから
Yahoo, Bakkt...秋の暗号資産は熱いかもしれない。
かもしれない。
かも

#仮想通貨 #暗号通貨 #暗号資産
『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由 @coin_postから
『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由 @coin_postより
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由
『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由
『仮想通貨市場に及ぼす影響は、ビットコインETFを超える』Bakktが米市場関係者に注目される理由

「Bakktが予定するサービス内容が既存スキームと異なる点として、”ビットコイン現物”に裏付けられたBTC先物取引があり、実際の資金が仮想通貨市場に流入する」等と言及した。
やはりBakktは期待でしかないんだが。(取引所の認可や詳細がまだ出てないけど)
2019年に向けて明るいニュースであることには違いない。Lightningより金融のレイヤー2が先にくるんじゃないかこのペースなら。
Why ICE and Starbucks' Bakkt is Bigger News Than Bitcoin ETF #WhyICEandStarbucks #BakktisBiggerNewsThanBitcoinETF #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
Bakkt CEOからのお手紙。マージン取引やレバレッジを提供しない理由や価格形成が機関投資家や消費者にとっていかに重要か語られてる。

An evolving market – Bakkt Blog – Medium
Bitcoin Exchange Guideによると、米国インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)やMicrosoftなどのBakktプラットフォームのCEO、Kelly Loeffle氏によると、Bakkt暗号化交換はトランザクションではなく投資家に焦点を当てている…
2日前の記事ですが、#Bakkt がSECによる #ビットコインETF の要求水準をすでに満たしているという内容が書かれています。初のビットコインETF実現となるのでしょうか。

米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ @coin_postさんから
bakktだけでビットコインの価値が決まるわけではないからね。世界中の取引所が相場操縦禁止にしないと
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ @coin_postより
#金融
#フィンテック
#仮想通貨
#AI
#ブロックチェーン
#キャッシュレス
#IoT
#テクノロジー
#finance
#fintech
アメリカ
米国NY証券取引所&Microsoft共同設立
⬇︎
#Bakkt
ビットコインETFの要求水準をすでに満たしている

好材料
・Bakkt
・Wechat
・ETF(9月末 cboe)
・v2カタパルト etc.

俄然、期待できますね
#NEM #XEM $XEM #ハーベスト #カタパルト
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ @coin_postさんから
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ #ビットコイン
BakktはSECが指摘した「信頼できる価格形成の欠如(価格操作)」「先物市場およびデリバティブへの依存」の2点を解決してるとしてETF認可推進に向けて期待される、という内容。
How the Effort of Bakkt Could Lead to the Approval of the First Bitcoin ETF
アナリストは Bakkt が BTC ETF 承認を見込んでいる

ETF どうでもよくね
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ #仮想通貨
ビットコインのETF承認はこちらが本格的に稼働する来年だと自分は思う。

それにしてもこのBakktのニュースが昨年出ていたら確実に仮想通貨はムーン。

だが今年は、、、、。

自分は今年最大のプラスニュースはこのBakktだと思う。
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ #米国 #仮想通貨プラットフォームBakkt #ビットコインETF #影響 #さ #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ【】先月、米国証券取引委員会(SEC)は公式に、パブリック仮想通貨取引所の価値の信頼性に対する不備を示した9…
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ @coin_postより
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ
米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ
BakktはSECが指摘した「信頼できる価格形成の欠如(価格操作)」「先物市場およびデリバティブへの依存」の2点を解決してるとしてETF認可推進に向けて期待される、という内容。
How the Effort of Bakkt Could Lead to the Approval of the First Bitcoin ETF
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

米国の新仮想通貨プラットフォームBakktが『ビットコインETF』に及ぼす影響の大きさ
最注目のBakkt、ビットコイン先物にて信用取引の導入予定はなし| CEOが明かす理由とは @coin_postさんから

仮想通貨とか空売りとか見せ板するクソばかりだから 現物なら適正価格で取引できる いいんじゃねぇの

2ch掲示板

9884: 投資丞相 2018/8/7(火) 11:08 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9884.net
好材料に影響されない価格
8月3日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社に当たるIntercontinental Exchange(ICE)が、仮想通貨売買、保管、消費も念頭に入れたBakkt社を立ち上げることを発表しました。
同社は、マイクロソフトやスターバックス、ボストンコンサルティンググループなどの世界有数の企業との提携を行い、ICEのCEOを務めるJeffrey Sprecher氏も以下のように述べています。
ビットコインは、国際的なお金の動きを簡略化することができる。
世界初の”共通通貨”になる可能性を秘めている。
アメリカの投資会社BKCMのCEOを務めるBrian Kelly氏も、自身のツイッターで新企業Bakktの立ち上げが、いかに大きなニュースであるかを言及。コミュニティ内でも仮想通貨のメインストリームへの進出が一気に加速するのではないかという期待が高まりました。
しかし、その期待とは裏腹に、ビットコイン価格は、8月に入ってからも下落を続け、7月末には、8,000ドル(約88万円)以上で取引されていたビットコインも、8月6日時点で、7,000ドル(約77万円)付近で取引されています。

以前Coinpostでも紹介したように、Tabb’s Groupは、BTCが上記のような仮想通貨取引所で一般的に取引されるよりも、BTCの店頭販売市場の方が、2〜3倍ほど規模が大きいと発表しており、このOTC市場が今回の下落に大きな影響を与えているのではないかと予想されているのです。
もし、このOTC市場の規模が適切に図られていおり、実際にOTC市場がビットコイン取引を独占している状態なのであれば、7月27日を始めとする短期的な下落の説明も付くとされる一方で、価格操作が行われる可能性も高まってしまうと懸念されています。
さらに、BitPayやCoinify、GoCoinなどの仮想通貨決済サービスを提供する企業も、2017年9月の仮想通貨受取は4.1億ドルであったのに対し、現在では6,900万ドル程度にまで減少していることを発表しており、消費者からの仮想通貨利用・需要の低下も顕著に現れてきています。そして、今年1月には決済サービスを提供するStripeも仮想通貨の取り扱いを停止し、大手旅行関連会社であるExpediaも同様に取り扱いを停止しました。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト