資産管理のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
23:51 2019年11月18日
エクセルでLSKの資産管理表作った
Feeなど細かく管理出来るからクリプトフォリオとさよならしました
今までありがとう
#LSK #Lisk #資産管理
去年から年明けすぐに
資産管理から外してた通貨
もう記憶から消した通貨
この通貨達は去年買って枚数持ったけどマイナス過ぎて売る事すら忘れた

持ってない事にした草コイン達
$PAC $CCAP $DCN $DIME
$DBIX $PT
いつか助からねえかなw
$ZIP に関する記事です。
中国語ですが翻訳すると資産管理のこれからを担うプロジェクトであることが見えてきます。
分散投資資産管理リスクヘッジ…正しい事を正しいと言うのは誰でもできるけどそれを実行する方法を言えないインフルエンサーは全員すきゃむだと思ってる。

2ch掲示板

8142: svu***** 2018/6/15(金) 16:15 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--8142.net
米国を拠点とする仮想通貨取引所を運営するコインベースは13日、大口投資家向けのインデックスファンドを開始した。同社がブログへの投稿で明らかにした。

ファンドの設立自体は3月に発表されていた。このファンドは米国在住者向けで、純資産100万ドル以上または年収20万ドル以上の投資家が対象だ。投資可能な金額は25万ドルから2000万ドルの間となる。

 インデックスには、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)が含まれる。ETCは、コインベースが11日に取り扱いを開始すると発表している。コインベースはブログの中で、コインベースに将来上場する資産も含むようにファンドがリバランスされると述べている。

 今回のインデックスファンドは、コインベースが高額所得者や機関投資家といったより厳選されたグループをターゲットにしようとする最近の取り組みの一環だ。コインベースは5月、機関投資家を対象としたカストディ(資産管理)サービスなどの新しいプロダクトを提供すると発表している。コインベースは、大口の投資家が懸念するようなプライバシーやコンプライアンスといった障壁を、これらのプロダクトで緩和させたいとしている。

 コインベースは3月末、取引所でERC20トークンをサポートすると発表したが、特定のアルトコインについて言明することは避けていた。

 仮想通貨取引所のフォビも今月、仮想通貨ベースの上場投資信託(ETF)の開始を発表している。これはフォビが5月に発表したマーケット指標に基づくものだ。フォビのマーケット指標は、フォビでテザー(USDT)と交換されるデジタル資産の上位10種をリアルタイムに追跡する。



機関投資家が続々参入してくる
昨日がセリクラなのでこれから上げてくる予想

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト