行政処分のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
08:06 2019年09月16日
【仮想通貨取引所の行政処分と業界再編の可能性】


#仮想通貨 #ビットコイン #BTC #取引所 #行政処分 #相場 #交換業 #bitFlyer #bitbank #QUOINE #BTCBOX #BITPOINT #Zaif #コインチェック #NEM
BitFlyerだけ、行政処分の理由とかなんとかでまる3日も送金が承認されないのですが、同じ人いますか??

同じく処分を受けたBitBankとQUOINとかは全然すぐ出金されるのですが。

これで資産凍結された人がさらに金融庁に文句が集まって、どんどんBFの立場が危うくなりそうな雰囲気なんですが。
bFの、行政処分をくらうほどの安心安全懇切丁寧な体制のおかげでMEX→bFのBTC着金が全く反映されず、特にやることもないので、今日は記帳や整理整頓をしていきます。
まだ行政処分的に無傷の仮想通貨交換業者っているの?
これはほんとにいろんな意味で具合悪い。
もし「行政処分を受けたから」ってのが表面上の口実としたら。。。
コメントすべきところではないかもしれないけど、この辞任は残念としか言いようがないし、これまで牽引されてきたのだから時間をあけて復帰してほしいですね。>

仮想通貨団体の副会長2人が辞任 金融庁の行政処分受け | 2018/6/25 - 共同通信
3.むしろ個人的にはまだ60万代でとどまってるのが不思議なくらい。
4.私は日本の取引所しか開設しておらず、大半が行政処分を受けている段階なので入金をしたくない。
(SBIはコンビニ入金できない)

下げ相場で買う人が将来大きく利益あげるとは思うけど
今までの下げとは今まで下げ方とは違う印象。
BTC入金まだ反映されないな。安いとはいえ0.0004BTCの送金手数料払ったんだけど。bFの行政処分の影響かも。
仮想通貨情報まとめ : 【超絶悲報】ガクトコインこと仮想通貨SPINDLE、なんと運営メンバーが行政処分を受ける・・・      $SPD
#投資 #副業探してます
チャートの形がいつぞやに似てる

にしても国内最大の取引所への行政処分と年内最安値更新がこの程度の売りしか呼ばないってのはどう解釈すべきなんだろう

ここへきてCCと管財人が汚名返上ばりにトレ転インパクトになってくれないものだろうか。管財人に対して汚名は言い過ぎか笑
CCおめえは汚名だ
今日はいろいろな業界の方と仮想通貨についての懇親会がありました。
GOXの件と、(G20へ向けて急いだと思われる)取引所への行政処分等、今後の業界の基盤となる好材料にみんなで乾杯でした
NHKから静かに報がでたことも、健全な状態にするよう後ろで‥動いていることがわかります。ね。
よかよか
有価証券の累積投資では資産分別管理をしてます。zaif積立は資産をごっちゃにして管理しているという風に行政処分から読み取れます。
日本に比べて海外の方が1%ほど下げ。JapanのFSA(金融庁)が取引所に行政処分出してヤベーらしい的な情報が伝わって取り敢えず売るか的なアレかな。
一部価格が高い国内取引所もあるが、多分約定が通らないんだろうな。

そういうとこやぞ
行政処分下げ完全に乗り遅れ
仮想通貨情報まとめ : ガクトコインことスピンドル(SPINDLE)の創業者、別会社で金融庁の報告徴取命令を無視した末に行政処分wwwwwwww
#仮想通貨 #副業
【速報】仮想通貨 ビットフライヤー新規顧客受け入れ停止へ


22日午前、金融庁から業務改善命令を受けビットフライヤー社は、行政処分を受けたことを重くみて当面、新規の顧客の受け入れを自主的に停止しました。

なお、取引の停止や入出金制限等は行われないようです。

2ch掲示板

8815: 投資丞相 2018/6/28(木) 15:41 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-8815.net
盗難被害のコインチェックほか問題業者ばかり
業界最大手のビットフライヤーなど11社の登録を認め、そこまで要件を満たさない業者さえもみなし登録業者として営業を認めてしまったことが、後々になって大変な事態を招くこととなったのはご存知のとおりです。
コインチェックが580億円もの仮想通貨を流出される事態になってから、おもむろに仮想通貨取引所に対する立ち入り検査を実施しました。
結局、みなし登録業者などはほとんどダメで、6月までに実に15の業者が行政処分を受け、撤退を余儀なくされるところも出始めています。

大手ビットフライヤーにも行政処分
その中で6月19日にはビットフライヤー、QUOINE、ビットバンク、ビットポイントジャパン、BTCボックスを含む仮想通貨交換業5社以上に新たな業務改善命令が出されることとなり、仮想通貨相場に大きな影響を与えています。
とくに今回の業務改善命令で致命的な状況になっているのが、大手であるビットフライヤーです。指摘を受けた同社の「新規顧客受け入れ停止」は、市場参加者にも相当なインパクトを与えました。この影響でビットコインはさらに価格が低迷することとなったのは、言うまでもありません。
ビットコインは日本人が牽引している
仮想通貨市場は世界的に拡大し、そのフラッグシップ的な役割を果たしているのがビットコインであると思われている方も多いようです。しかし、いろいろと調べてみますと、ビットコインは実に60.53%が日本円で取引されており、そのほとんどは日本人によって売買されているのです。
また国内では多様な仮想通貨取引所が営業されていますが、ビットフライヤーを利用したいわゆる仮想通貨FXである「ビットフライヤーFX」を通じた取引が、本邦投資家のほぼ88.5%に上っています。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト