米ドルのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
22:43 2019年12月09日
「今後3ヶ月以内に矛盾を解消した後に、国の暗号鍵が国内の銀行システムへ導入される可能性」「8月以降に米ドルの獲得から締め出される等の難題を回避するため」
イラン政府:国家発行の仮想通貨の「準備を整えている」、米国による制裁を迂回する狙い via @JpCointelegraph
GDPは各国が計算方法を公開していない推計値。強大な信用力を持つ米ドルに対する金利操作は、アメリカの名目上の成長率の恣意的な誘導操作と同義。実体経済を正しく評価できる絶対指標は実はどこにも存在しない。/
米4~6月GDP速報値 プラス4.1% 目標上回る大幅な伸び
トラリピって特許取ってたんだなー。知らんかった。

1発勝負?それとも資産運用型FXでリスク管理を行いつつ、コツコツと利益を狙う?
詳細はこちら⇒
#FX #トラリピ #イーサリアム #スワップ #米ドル
米ドル!今から10分だけ3円に落ちてくれ!
スワップ狙うなら、トルコリラより、米ドル買いませんか?

毎日が楽しいですよ。。。
暗号通貨民なので授業で日本円や米ドルの文章を書く時、「JPY 」、「USD」と書いてしまう癖があります!

Because I love crypto so about money, I tend to write “JPY” and “USD” in English school.

not "U.S. dollar”, “Japanese yen”.



Sponsored by @scashofficial

#crypto $SMART
これは利用店舗取れたら強い!
通販のどこまでいってもすぐに欲しいには対応できないからなぁ〜。

"アイルランドのPointy、シリーズBラウンドで1,200万米ドルを調達——Amazonに対抗する実店舗を支援" #it #feedly
FRB極力公平的であろうとするが、米の成長のためには米ドルを操作する。ドル建て債券については、これに自動的に従う。ドル建て以外の債権は連動するまでのわずかの間のタイムラグにリスクが潜む。米経済は自分で成長していると公言してしまえばそれが事実になってしまう。それが格差とバブルの原因。
債権の多くは「米ドル建て」これがすべての元凶と分かっていても勝ち組志向・安定志向の企業は米ドルを選ぶ。結果、米ドルを集めやすい米ヘッジファンドが世界相場を動かすことになっている。/
ドルしか買えない 米1強時代、独走どこまで:日本経済新聞
マックスカイザーさん「US帝国は金玉を殴られた。ビットコインおよびロシア中国ドイツは国際銀行システムSWIFTを離脱し米ドルを捨てるらしい!仮想通貨ビットコイン価格が急騰」
もはや米ドル幕府は終わりか?
問題は今週のループイフダン
米ドルが落ち続けるなら爆死確定(笑)

#ループイフダン
#EA
#シストレ
# FX
IBMが米ドル連動ステーブルコイン「Stronghold USD」を発表

ドルと連動する仮想通貨、多すぎじゃない?法定通貨と紐づけて安定を図ること自体が仮想通貨の普及と逆行しているような…
21時過ぎ。
米ドルが大幅に下がり、カナダドルが上昇。
ドル円は一気に下目線。
同時に金は上目線に。

忙しい相場だな…
仮想通貨「Stronghold USD」:IBM、新たな仮想通貨の開発に着手 米ドルにペッグする安定した仮想通貨を - ITmedia ビジネスオンライン
Bitcoinistによると、手続きフリー取引所COBINHOODは米ドルと複数の仮想通貨のトランザクションペアを発表した。 交換所は7月20日に米ドルの預金チャネルを開設すると報じられている。

2ch掲示板

9727: 投資丞相 2018/7/28(土) 05:07 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9727.net
コインポスト

青天の霹靂で市場に冷や水・Upbit上場2銘柄では前日比一時200%高のコインも

仮想通貨市場
仮想通貨市場は日本時間27日の早朝5時に、申請中のビットコインETFの一つが、米国証券取引委員会(SEC)に承認されなかったことが明らかになり、価格が急落しました。

ビットコイン価格は、内容が公開された朝5時頃から下落を開始、約2時間半で、92万円から87万円まで-5万円もの下落幅を記録、市場全体に下落の影響が波及しました。
再度米ドル建で8000ドル、日本円建で90万円を切ったビットコインですが、執筆時(19時30分)では、すでに復調傾向に相場が戻りつつあり、89万円まで価格を戻し、前日比−3.7%となっています。
ビットコインETFの期待感が、織り込まれつつある相場状況の中で、ETF非承認の影響が必要以上に大きな影響を与えなかったのは、今回のETFが市場の期待感を背負う「本命」ではなかったことが大きな理由と言えます。
現在、米国史上初となるビットコインETFの誕生事例となることが期待されているのは、ビットコイン先物を取り扱うCboeに上場を予定している.Vaneck SolidX Bitcoin TrustのETFであり、この可否判断が”今後の要”とされています。
CboeのETFは、BTCや現金のカストディを含む複数の専門業者が参画していることや、SECのETFに対する公式コメント欄への支援表明が相次いでいる点が挙げられます。
一時的に急落が確認されたものの、依然としてCboeの可否判断が判明する日程(早ければ8月10日、また16日との見解も多い)を目処に、相場が形成される状況は依然変わりないと言えるでしょう。
上場情報が価格に反映されつつある
数日前より、流動性に直接的な影響が出る主要取引所の上場情報にて、価格への影響が顕著に表れていますが、本日もアルトコイン市場で盛り上がりを見せる韓国市場で運営を行うUpbit上場が発表された2通貨が、価格を暴騰させました。
DMarket(DMT)とRefereum(RFR)が、上場を発表した通貨であり、共に50%を超える高騰、またDMTに限っては一時前日比で200%を超えました。

947: 承認済み名無しさん 2018/07/25(水) 20:56:48.24 ID:zx/b3cRE.net
>>941 とりあえずNoah側はかなりの資金力があると判明しました!

Noahの資本金「1米ドル」だけどな(笑)

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト