疑問視のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
10:35 2019年12月09日
アルゼンチンのペソ安止まらず。仮想通貨業界から法定通貨を疑問視する声。#バイナンス CEO:CZは29日、トルコ通貨リラとアルゼンチン通貨ペソのグラフを貼り付けて、「法定通貨というのは安定しない」とツイート。政情不安の国々とはいえ、確かにね…。 via @JpCointelegraph
アルゼンチンのペソ安止まらず 仮想通貨業界から法定通貨を疑問視する声も #アルゼンチン #ペソ安 #仮想通貨業界 #法定通貨 #疑問視 #声 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
┣ アルゼンチンのペソ安止まらず 仮想通貨業界から法定通貨を疑問視する声も【】イラン、トルコ、ベネズエラに続きアルゼンチンでも通貨危機が起きており、仮想通貨業界の中から改めて法定…
アルゼンチンのペソ安止まらず 仮想通貨業界から法定通貨を疑問視する声も via @JpCointelegraph
▼「ビットコインの価格はゼロに近づいていくだろう」:CNBC経済番組でPaypal元CEOが言及【】ハリス氏は仮想通貨の実用性を疑問視しており、ビットコインやXRPよりも速いネットワークが必要であ…
「ビットコインの価値はゼロに近くなる」=ペイパル元CEO 国際送金サービスとしてのリップルも疑問視 #ビットコイン #価値 #ゼロ #近く #ペイパル #CEO国際送金サービス #リップル #疑問視 #BITCOIN #仮想通貨
ゼロに近くなればなる程儲かってしまうという捉え方もひとつ。ユーザーがチャンスに変えるか否かの問題ではないでしょうか。

「ビットコインの価値はゼロに近くなる」=ペイパル元CEO 国際送金サービスとしてのリップルも疑問視 via @JpCointelegraph
「ビットコインの価値はゼロに近くなる」=ペイパル元CEO 国際送金サービスとしてのリップルも疑問視 via @JpCointelegraph
「ビットコインの価値はゼロに近くなる」=ペイパル元CEO 国際送金サービスとしてのリップルも疑問視 via @JpCointelegraph

#ビットコイン
そりゃ自分たち必要なくなっちゃうからな
「ビットコインの価値はゼロに近くなる」=ペイパル元CEO 国際送金サービスとしてのリップルも疑問視 via @JpCointelegraph
電気代説への疑問視が現れたからって、間違い確定扱いが始まるあたり、Twitter は情報共有・意見交換に留めるべきで、充分な議論を追求できないものだと再認識した次第。
実効性が疑問視されてきた韓国の脱原発政策が「夏本番」を迎えて荒唐無稽さを露呈している。
韓国も日本同様、連日の猛暑で電力使用量が急増。火力発電もフル稼働で電力不足が懸念されることから、政府は原子力発電所の追加稼働に踏み切った。
ハイパーインフレに悩まされているベネズエラ・ボリバル共和国仮想通貨ペトロに裏付けられた新しい法定通貨ボリバル・ソペラノは旧通貨ボリバルよりも0が5つ少なくなるという。ハイパーインフレの対策だそうだ。
国内で生産される石油に裏付けられて発行されているが信ぴょう性を疑問視する。

2ch掲示板

10148: mmp***** 2018/8/16(木) 05:06 ID:17u.FYh5uTEbrsVv6FXaariC10148.net
仮想通貨市場で先物取引が行われていることは、市場が徐々に成熟しつつあることを示している。問題は、先物基盤のETFにおいて、流動性がどの程度必要になってくるのかということだ。それに関しては、然るべきテストが行われていない。」
このように、ビットコインETFが金や原油などの既存コモディティ商品に比べ、流動性が低いことを懸念する一方で、「ETFの世界では、最初に承認されることで莫大なアドバンテージを得ることができる」と主張。過去のETFを参考にしても、承認されることで資産が流入し、市場規模が拡大し続ける傾向にあることを示唆しています。

結論は最大限引き延ばされるか

仮想通貨関連スタートアップAmun TechnologiesのCEOを務めるHany Rashwan氏は、今回のビットコインETF申請の判断は、最長2019年2月まで延期できるため、「SECは、(各国の規制動向など外部環境の問題もあり)2018年中にビットコインETFを承認する可能性は低い。2019年2月まで判断を延期させるのではないか。」と予想しました。

さらに、アメリカの投資会社BKCMのCEOであるBrian Kelly氏も、「今の市場にとってビットコインETFは時期尚早であり、SECも最終的な結論に至っていない」と言及し、二次期限の9月30日まで延期とされているVanEck・SolidXのビットコインETFの判断は、さらに延期されるのではないかと予想しています。

期日までに、SECがビットコインETFに対してどのような発表を行うのかは不明ですが、コミュニティ内では「延期」が予想のコンセンサスになりつつあります。

CoinPostの関連記事

ビットコイン下落相場が一服、注目すべき内容はETFではないとの専門家の意見も|仮想通貨市況
ビットコイン下落相場が一服、注目すべき内容はETFではないとの専門家の意見も|仮想通貨市況
仮想通貨市場は9日、昨日の暴落相場が日本時間早朝まで続いたものの、ビットコイン相場が落ち着きを取り戻したことで、市場全体の下落の流れも一服し、一時69万円を割っていたビットコインも再度70万円台まで復調している。延長されたことが予想以上に相場に影響したことを疑問視する声も多く見られた。
coinpost.jp2018-08-09 21:40
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト