仮想通貨関連のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
11:02 2019年10月20日
9月1日の仮想通貨ニュースまとめを更新

・DMM Bitcoinが二段階認証に生体認証を追加!
・バイナンスの利益がNASDAQと同等レベルに!?
・イーサリアムのマイニング報酬が減少!
・コロンビアが仮想通貨関連のスタートアップに減税!?

等々をピックアップしています
◆ブロックチェーンの仕事、アジアで人気◆

Blockchainと仮想通貨関連の仕事は、アジアの従来のセクターからの求職者に益々人気。ロバートウォルターズは、2017年以来、アジアのブロックチェーンや仮想通貨に関する求人数が50%増加したと述べている。

【情報提供:CNBC】 #フォビ #huobi #仮想通貨
ビットメインは(仮想通貨関連)上場企業の”レジェンド”になる可能性を秘めている #ビットメイン #仮想通貨関連 #上場企業 #レジェンド #可能性 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
現在、仮想通貨関連の #LINE@ が続々と削除されているようです。LINE@からたくさん情報を仕入れている方、もしくは発信している方は要注意ですね。。たぶん詐欺やトラブルが横行しているため、いいかげんLINEも対策に乗り出したんじゃないかと。 #仮想通貨 #詐欺
フォロワーさんに仮想通貨関連の人がたくさん増えたように思う。こんにちは皆さん。お互い上手く立ち回ってお金持ちになりましょう。僕のオススメは $NANJ です。なお僕はノーポジです。
ビットメインは(仮想通貨関連)上場企業の”レジェンド”になる可能性を秘めている @coin_postさんから
蝶野舞さんのラインも消されていることから、仮想通貨関連(情報商材系)のライン@は時期全滅しますね。。

PS アフィリエイト報酬は払ってくださいね。
ビットメインは仮想通貨関連上場企業の”レジェンド”になる可能性を秘めている

香港証券取引所への上場を目指す、世界最大の仮想通貨マイニング企業ビットメイン。BitMEXは調査書で「巨額の資本を上手く運用できれば、レジェンドになる可能性もある」と期待を込めた。
「ビットコイン取引サービスを展開する米国の決済サービス大手スクエアが、小売店での仮想通貨支払いを簡単にする仮想通貨関連の特許を取得した。キャッシュのダウンロード数は3350万を突破しており、今後、仮想通貨の商業利用が進むかもしれない。」
#仮想通貨
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

ビットメインは(仮想通貨関連)上場企業の”レジェンド”になる可能性を秘めている
ビットメインは(仮想通貨関連)上場企業の”レジェンド”になる可能性を秘めている
ビットメインは(仮想通貨関連)上場企業の”レジェンド”になる可能性を秘めている
♮8月の仮想通貨関連銘柄チェック【】こんにちは、ひろぴーです。 以前、仮想通貨関連銘柄の記事(上場企業が仮想通貨・ブロックチェーン事業に続々と参入)を書いたのですが、なかなか好評だった&nbs…
仮想通貨に厳しい規制を設けていた中国だが、同国規制当局は取引・ICOの規制をさらに強化する方針を明らかにした。
・中国外サーバーを持つ124社への取り締まり強化
・決済サービス企業の監視強化
・北京市では仮想通貨関連イベントの開催の禁止
もてはやされた仮想通貨関連の話題は、1月末のコインチェック(以下「CC社」という)での顧客資産流出問題により、一気にその環境が変わってしまった。 #鬼澤礼志の独り言
BitFlyerとか仮想通貨関連の取引所ってかなり問題多いけど、株とかの取引所ができた時も問題多かったんかな?
╂2018年7月の脆弱性順位でIoT関係が3件ランクイン――チェック・ポイント調べ【】マルウェアでは仮想通貨関連、脆弱性悪用ではIoT関連が多かった。 ... が1位、「Crypto…
弊社(アルトデザイン)が運営している仮想通貨メディアFinAltに9月の仮想通貨関連スケジュールをアップ致しました!9/30のETF承認可否が最重要イベントとなります!
#仮想通貨
#ビットコイン
#スケジュール
#ETF
消費者庁の注意喚起があったように、日本国内でも更に調査や注意喚起が進んでいく事でしょう。

200件以上の仮想通貨関連調査が進行中¬=北米証券監督協会(NASAA)【フィスコ・ビットコインニュース】
【仮想通貨ニュース】世界の一流大学の半数近くが仮想通貨関連の専門課程を導入済み

CoinbaseとQriouslyが50大学に及ぶ計675名の学生を対象に調査したところ上記のような結果となり、特にStanfordをはじめとした米国において、同分野に対する教育に強い力を入れていることが判明しました。
全世界の上位50大学の42%、仮想通貨関連講座を提供!

米国の仮想通貨取引所Coinbaseの最近の調査によると、全世界の上位50大学の42%が、仮想通貨およびブロックチェーンに関する講座を提供していることが分かった。

#仮想通貨 #ブロックチェーン #ビットコイン #大学 #講座
中国最大の検索エンジンを提供する百度(Baidu)が仮想通貨関連コンテンツのブロックに動いてます。
仮想通貨は怪しい、詐欺だ、実体がない、理解できないというような漠然とした批判がヤフーニュースとかの仮想通貨関連の記事にコメントされるけど、法定通貨だって怪しさしかないし実体ないし、ぶっちゃけ金の仕組みなんてプロでも理解してねえよ!
【速報】

■ 中国バイドゥ、仮想通貨関連内容規制へ

中国検索エンジン大手のバイドゥが、自社フォーラムサイトにて、仮想通貨にまつわるトピックの掲載を禁止すると発表

#仮想通貨 #Baidu #速報 #中国
中国の仮想通貨関連の取締りが強化されるらしい。
海外取引所のアクセスを規制されるとか結構厳しいな…

中国・規制当局が仮想通貨関連の取引について警告。取り締まりの強化も。 | 仮想通貨まとめニュース #仮想通貨 @news37482860から
毎週定例キャス、来週時間無いから今日やります。仮想通貨界隈のスタートアップ()、というか仮想通貨関連の日本企業()という風潮は仕方ないよね、といった話。
ようやく週末…。
今週ほど激動で、濃厚で、辛い1週間はそうそう無いと思えるくらいだった。

あー、やっと仮想通貨関連のことに取り組める…この瞬間を待ちわびていた。

今日は力尽きるまで仮想通貨銘柄調べよう…なんとなくそんな気分!
アルトコイン取引所としてはBinanceがやはり別格だな。

"仮想通貨関連の情報誌であるディアーによると、今年1月から7月の間にコインベースのドル建ての取引高が83%減少する一方、バイナンスは7月に前月から21%増加、OKExは先月に過去最高を記録した"
中国・北京市朝陽区で仮想通貨関連のイベント開催が禁止に #中国 #北京市朝陽区 #仮想通貨関連 #イベント開催 #禁止 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
英国の Financial Conduct Authority(FCA、金融行動監視機構)は23日、仮想通貨関連のカード支払い会社であるWirexに対し、電子マネーライセンスを許可した。
Wirexの主要製品はプリペイドのデビットカード。仮想通貨から法的通貨に変換できる。
もてはやされた仮想通貨関連の話題は、1月末のコインチェック(以下「CC社」という)での顧客資産流出問題により、一気にその環境が変わってしまった。 #鬼澤礼志の独り言
[中国・北京の朝陽区、仮想通貨関連イベント開催の禁止を発表]

政策に影響されやすすぎる。。。
まあ、国の「色」っていうのもあるだろうけど。。。

#仮想通貨 #ブロックチェーン #投資 #規制
中国が100以上の取引所のアクセス遮断。

加えてすべての仮想通貨関連のイベントを禁止? まだあまり掘り下げてないですが、不穏ですね。


#仮想通貨 #BTC #ビットコイン
中国・北京の朝陽区、仮想通貨関連イベント開催の禁止を発表 via @JpCointelegraph
▼中国・北京の朝陽区、仮想通貨関連イベント開催の禁止を発表【】中国・北京の朝陽(チャオヤン)区の規制機関が17日、全てのホテルやショッピングセンター、オフィスに対して仮想通貨関連…
張健というのは世襲名なのかも?

華僑系マルチ「云数贸」というのがあって
そのやり口は非常に大きな先行者利益と配当を餌に加入者を釣り上げる手口なんだと
で仮想通貨関連で代表は今年始めに逮捕されてしまったんだけど
似たようなモデルはどんどん増えた・・

取引所インフルエンサーはフロント?
中国・北京の朝陽(チャオヤン)区の規制機関が17日、全てのホテルやショッピングセンター、オフィスに対して仮想通貨関連のイベントを開催することを禁じると発表した。

CoinCheckもダメ、Zaifもダメ。ならばコレかな!

2ch掲示板

10399: 投資丞相 2018/9/1(土) 07:27 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10399.net
svuは今年3月からXRP買い買いと投稿を繰り返しましたが、1回たりとも的中したことがないことは、このスレでは有名ですね。

仮想通貨で大勝したければプロダクトがわかりやすく需要を生み出す仮想通貨が最初に売りだされた時に買わなければ難しいでしょうね。

残念ながら、そのような仮想通貨はまだ発売されていませんから、発売されるまではリミックスポイントや楽天の仮想通貨関連銘柄を買っておけばいいわけです。

435: 承認済み名無しさん 2018/08/23(木) 13:52:49.30 ID:oMwuMPwR.net
次のhagex事件は仮想通貨関連かな
ブチ切れてる被害者多すぎだわ
カネの恨みを甘く見すぎ

10148: mmp***** 2018/8/16(木) 05:06 ID:17u.FYh5uTEbrsVv6FXaariC10148.net
仮想通貨市場で先物取引が行われていることは、市場が徐々に成熟しつつあることを示している。問題は、先物基盤のETFにおいて、流動性がどの程度必要になってくるのかということだ。それに関しては、然るべきテストが行われていない。」
このように、ビットコインETFが金や原油などの既存コモディティ商品に比べ、流動性が低いことを懸念する一方で、「ETFの世界では、最初に承認されることで莫大なアドバンテージを得ることができる」と主張。過去のETFを参考にしても、承認されることで資産が流入し、市場規模が拡大し続ける傾向にあることを示唆しています。

結論は最大限引き延ばされるか

仮想通貨関連スタートアップAmun TechnologiesのCEOを務めるHany Rashwan氏は、今回のビットコインETF申請の判断は、最長2019年2月まで延期できるため、「SECは、(各国の規制動向など外部環境の問題もあり)2018年中にビットコインETFを承認する可能性は低い。2019年2月まで判断を延期させるのではないか。」と予想しました。

さらに、アメリカの投資会社BKCMのCEOであるBrian Kelly氏も、「今の市場にとってビットコインETFは時期尚早であり、SECも最終的な結論に至っていない」と言及し、二次期限の9月30日まで延期とされているVanEck・SolidXのビットコインETFの判断は、さらに延期されるのではないかと予想しています。

期日までに、SECがビットコインETFに対してどのような発表を行うのかは不明ですが、コミュニティ内では「延期」が予想のコンセンサスになりつつあります。

CoinPostの関連記事

ビットコイン下落相場が一服、注目すべき内容はETFではないとの専門家の意見も|仮想通貨市況
ビットコイン下落相場が一服、注目すべき内容はETFではないとの専門家の意見も|仮想通貨市況
仮想通貨市場は9日、昨日の暴落相場が日本時間早朝まで続いたものの、ビットコイン相場が落ち着きを取り戻したことで、市場全体の下落の流れも一服し、一時69万円を割っていたビットコインも再度70万円台まで復調している。延長されたことが予想以上に相場に影響したことを疑問視する声も多く見られた。
coinpost.jp2018-08-09 21:40
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。

428: 承認済み名無しさん 2018/08/06(月) 01:23:41.74 ID:2CPbvtQY.net
そうなると、全ての仮想通貨関連のvaluは無価値になる
BTCのまま持っといたほうがマシ

9865: 投資丞相 2018/8/6(月) 11:21 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-9865.net
法廷仮想通貨が発行されればXRPは不要になりますね。ビッドコインもいらないのでは?

資産1,000兆円の金融グループ、ノーザン・トラストが仮想通貨市場に参入

2018-08-02

仮想通貨市場に新たに大手金融機関が参入する事で市場がさらに盛り上がりを見せる可能性が出てきた。
世界最大規模の金融グループ、Northern Trustが仮想通貨関連のサービスを提供するとともに、ブロックチェーン技術を自社の業務に統合していくことを計画している。
ノーザン・トラストは米国・シカゴに本社を構えており、全米の総収入ランキングであるフォーチューン500の486位にランキングされている世界最大規模の金融グループとしても知られている。
同グループの拠点は世界中の84地域に点在しており、保管・管理している資産の額は1,000兆円にものぼると言われている。
1889年に設立されたノーザン・トラストは、129年もの間で築き上げてきた信頼と歴史を持っており、機関投資家や高額個人投資家などの世界でも特に多くの資産を保有している富裕層の人々を顧客として抱えている。
フォーブスの報道によれば、ノーザン・トラストは仮想通貨ヘッジファンドに対しサービスを提供しながらも、自社業務にブロックチェーン技術を統合するとされている。
この他にも、同社が以前から主要な3つの仮想通貨ヘッジファンドとも提携し、仮想通貨投資をポートフォリオに追加していたことも明らかになっている。
今のところ同社は、仮想通貨を直接保有しているわけではないとしており、それらの投資商品に興味を持っているヘッジファンドや機関投資家に対し、アンチ・マネーロンダリングに関するアドバイスや、投資価値の割り当て、第三者からの資産の保管・管理の認証といった資産管理サービスを提供すると説明されている。
フォーブスのインタビューの中で、ノーザン・トラストの社長であるPete Cherecwich氏は、米国政府へブロックチェーン技術に慎重な姿勢で取り組んではいるものの、法定仮想通貨が発行される事も視野に入れて準備を始めていると語っている。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト