仮想通貨相場のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
00:22 2019年10月20日
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的 #米SEC #9つ #ビットコインETF #承認 #仮想通貨相場 #下落 #限定的 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的 #仮想通貨
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的

米SECは日本時間23日、計3社が提供する9つのビットコインETFを一挙に非承認とすることを発表。
仮想通貨相場の下落は限定的だが、この否決を受け残るETF申請がCboeのみとなった。
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的 @coin_postさんから
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認

仮想通貨相場の下落は限定的

#仮想通貨
【速報】
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的


米SECは日本時間23日、計3社が提供する9つのビットコインETFを一挙に非承認とすることを発表。
仮想通貨相場の下落は限定的だが、この否決を受け残るETF申請がCboeのみとなった。#仮想通貨
RT @coisoku: 米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的
仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

#ビットコイン #仮想通貨 #リップル
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的
米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

米SEC、9つのビットコインETFを一挙に非承認|仮想通貨相場の下落は限定的
今日辺り仮想通貨相場が荒れるのかな? お休みー
ビットコイン急落で「売られ過ぎの目安」RSI30%を下回る|仮想通貨相場 @coin_postさんから
例年通りの動きがあまり参考にならない
2018年の仮想通貨相場。

だが9月、10月は非常に楽しみな相場になる予感
「仮想通貨相場の低迷はイーサリアム成長の妨げにならない」=イーサ共同設立者ルービン氏 #仮想通貨相場 #低迷 #イーサリアム成長 #妨げ #イーサ共同設立者ルービン氏 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
今日は、都内でもブロックチェーン系のハッカソンが2件。他にもミートアップが幾つか開催されてるみたいですね。
仮想通貨相場とは別の小さな熱が少しづつ生まれている感あります。
「今の仮想通貨相場の低迷はイーサリアムの成長に影響なし」とイーサリアム共同設立者が発言【】イーサリアムの共同設立社であるジョゼフ・ルービン氏が「最近の仮想通貨相場の低迷は今後のイーサリア…
「マイニング契約のアップグレードを」=ジェネシスマイニング 仮想通貨相場の低迷が影響 via @JpCointelegraph
「マイニング契約のアップグレードを」=ジェネシスマイニング 仮想通貨相場の低迷が影響 #マイニング契約 #アップグレード #ジェネシスマイニング仮想通貨相場 #低迷 #影響 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
「マイニング契約のアップグレードを」=ジェネシスマイニング 仮想通貨相場の低迷が影響

◆日々の維持管理費を下回る額のマイニング契約を終了

◆5年のプレミアム契約へアップグレードを要求

◆「ビットコイン市場価格とマイニングの難易度はコントロールできない」
「マイニング契約のアップグレードを」=ジェネシスマイニング 仮想通貨相場の低迷が影響 #仮想通貨
▲「マイニング契約のアップグレードを」=ジェネシスマイニング 仮想通貨相場の低迷が影響【】ジェネシスは、今年1月からのビットコイン価格の下落と4月と5月の仮想通貨のマイニング活動…
ビットコイン一時復調も、仮想通貨相場停滞には投資家の重要材料軽視が影響 @coin_postさんから
プラスコインのETF建はQRYPTOS上場時の単価まで戻ってきた!

PLC/BTC 28.5%増
0.00006940
→0.00008918
PLC/ETF 5.8%増
0.00157326
→0.00166409

イーサリアムは33,000。
35,000までもう少し。
仮想通貨相場も来週は回復基調となるのか継続チェック。

#メタップス+ #仮想通貨
eToroのシニアアナリスト、「仮想通貨相場低迷の背景にドル高」

米ドルは基軸通貨であって多くの新興国がその安定した為替レートに頼っており、現状では金やBTCより価値の保存手段として重宝されているのではないかという見解が出ています。

法定通貨への信頼性はまだ残っていると言えるでしょうね。
ビットコイン一時復調も、仮想通貨相場停滞には投資家の重要材料軽視が影響 #ビットコイン一時復調 #仮想通貨相場停滞 #投資家 #重要材料軽視 #影響 #BITCOIN #ビットコイン #仮想通貨
[仮想通貨専門の米ヘッジファンド「パンテラ・キャピタル」が3回目の資金調達予定]
前回の6倍となる約192億円の調達を目指していると報道されています。

ここで注目するべきポイントは、低調な仮想通貨相場においても、一部では投資意欲が衰えていないこと示す一つの例になるということですね。
ビットコイン一時復調も、仮想通貨相場停滞には投資家の重要材料軽視が影響 #ビットコイン
ビットコイン一時復調も、仮想通貨相場停滞には投資家の重要材料軽視が影響
ビットコイン一時復調も
仮想通貨相場停滞には投資家の重要材料軽視が影響

仮想通貨キングが「地獄相場」と言うが
普通地獄にいる時には
そこが本当の地獄とは気が付かない

本当のバブルや不景気は
脱出した後で
そこが天井や底だった事に気が付く

と言う事は…
ビットコイン一時復調も、仮想通貨相場停滞には投資家の重要材料軽視が影響


BTCは6000ドルを割り込み、下落相場継続が不安視されたが、一時復調傾向に。
CNBC番組内で、現在の弱気トレンドは、投資家に軽視されているBakktやETFの始動で転換すると、前向きな意見が見られた。

2ch掲示板

10186: 投資丞相 2018/8/18(土) 09:38 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10186.net
BTCNが堀江さんに2015年6月に行ったインタビューの中で「ビットコインなどの暗号通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」について聞かれ、「投機です。投機」と即答されていました。
2017年の仮想通貨界の熱狂をズバリ見通していたかのような発言に唸らされたのですが、仮想通貨相場もいったん落ち着いた今、もう一度聞きたいです。2018年の今、「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」にはどんなことがあると堀江さんは思いますか?

堀江 : 僕が当時予想していた流れは、まずビットコインに対する投機が進み、そこで膨大な含み益を抱えていた「仮想通貨長者」たちによるアルトコインへの投資で、マーケットが拡大することでした。加えて、ビットコインFX、そして最後にトークンエコノミーです。
その中で言えば、トークンはまだ発展途上で、可能性は充分に残っていると思います。問題は日本国内での法規制ですが、エストニアやアルメニアといった旧ソ連邦の小国や東欧諸国などでは次々と実験が行われており、そのあたりの国から徐々に波及していく形でしょうか。
あとは、やはり共通ポイントサービスの動きで、ネガティブな空気は一変すると思います。中でもLINEの動き。仮想通貨取引所「BITBOX」も開設して、ちゃんと手を打っています。旧ライブドアの遺伝子も継いでいるので、個人的には期待しています

堀江 : ある程度、しっかりとその存在を認識したのは、2013年に入ってからです。2011年から1年9カ月、私は長野刑務所にいたのですが出所後、ツイッターで僕に対して、ビットコインやモナコインを投げ銭して「布教」してくる人が結構いたんです。ホリエモンが使ったら、仮想通貨の価格が上がる、と考えるちょっと頭のいい人がいた。当時のビットコインはまだ安かったし、モナコインなんてタダみたいな値段でしたから。

10099: 投資丞相 2018/8/14(火) 06:22 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10099.net
仮想通貨関連のファンド
低迷する仮想通貨相場に逆行するように、2017年を上回るペースで増加する仮想通貨系ファンドの資産運用額は前年比2倍に達する可能性も。国別ではアメリカが最多で、中国、イギリス、シンガポール…と続くが、日本はごく僅かに留まる。

仮想通貨ファンド熱の高まり
2017年末に過去最高値20,000ドル(約220万円)近くまで上昇したビットコインは、2018年以降に下落の一途を辿っており、8月13日時点では、ピーク時の1/3を下回る6,300ドル(約70万円)ほどで取引されています。
ビットコインだけでなく、ほとんどのアルトコインも同様に下落していることから、仮想通貨全体における短・中期的な失速が露骨になっています。
そんな中、Crypto Fund Researchは8月8日、自身の公式サイトにて仮想通貨関連ファンドの調査結果を公開しました。調査によると、現時点で466もの仮想通貨投資ファンドが存在し、その255はヘッジファンド、195はベンチャーキャピタルファンド、残りの16はプライベートエクイティファンドであるとされています。

出典:Crypto Fund Launches
地域的に見ると、最も多くの仮想通貨ファンドが設立されているのはアメリカ(252)で、次いで、中国/香港(34)、イギリス(29)、シンガポール(21)、スイス(19)、カナダ(18)、ドイツ(14)、オーストラリア(12)の順に続いています。

出典:Crypto Fund Launches
そして、このペースで仮想通貨ファンドが増加していけば、2018年に165もの新規仮想通貨ファンドが設立されると見込まれており、2017年の156という記録を上回るのではないかと予想されました。
2016年の年間を通しての仮想通貨ファンド設立数が、わずか42であったことを考慮すると、ここ2年間の仮想通貨ファンド熱の高まりは、急激に上昇してきていると言えるでしょう。
仮想通貨ファンドの実状
さらに、Crypto Fund Researchの調査では、仮想通貨ファンドの実情についてのデータも公開されました。
報告書によると、仮想通貨投資ファンドの数は年々増加している一方で、そのうちほとんどのファンドが運用資産額も小規模であることが明らかになっています。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト