仮想通貨交換業者 可能性のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
21:11 2019年07月16日
Q「仮想通貨交換業者への不正アクセス。秘密鍵管理の方も被害の可能性あるが内訳見れたら嬉しい」
A「その気持ちよくわかるが。『個別の案件の詳細についてはお答えすることができません』という決まり文句で」 #yuzawaws

2ch掲示板

10479: 投資丞相 2018/9/6(木) 16:13 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10479.net
仮想通貨にとっては不吉な日となった。ピア・ツー・ピア(P2P)取引を提供する最も著名な交換業者の1社がユーザーに個人情報を求め始めたからだ。中央集権的ではないP2Pの分散型ネットワークは、本来のビットコインのビジョンに沿っている。


  スイスに本拠を置く仮想通貨交換業者シェイプシフトのエリック・ボールヒーズ最高経営責任者(CEO)は4日のブログ投稿で、基本的な個人情報の登録が必要な会員制プログラムを導入すると発表、「近く義務化する」と説明した。アカウント登録が不要な交換業者として知られていたシェイプシフトにとって180度の方向転換となる。


  ボールヒーズ氏は質問への電子メールによる回答で、会員登録は1-2カ月以内に義務化されると説明。「私はビットコインの終焉(しゅうえん)を宣言する多くの人たちにも直面してきた」とした上で、「究極的にはデジタル資産とデジタル金融が世界を支配するだろう。さまざまな否定論者が何を言おうと、その実現を助けるためにわれわれはいる」と述べた。


  ブログ投稿によると、シェイプシフトが会員制プログラム導入に動いた背景には、ユーザーらが電子メール通知などアカウントに関連した機能を求めていたことがある。同社はまた、ロイヤルティー・プログラムのトークン化の可能性を探る中で、「規制環境を乗り切るために慎重かつ思慮深いアプローチ」が必要と認識しているとした。仮想通貨ウオッチャーらは、この最後の部分に注目し、シェイプシフトが当局に屈したのではないかとみている。


  ボールヒーズ氏は今回の動きが当局からの具体的な要求に応じたものなのかとの問いに、「常に変わる法律のグレーゾーンの中で当社のリスクを回避するための予防的な措置だ」と説明した。ただ同氏はブログ投稿で、こうした批判に一部同調し、メンバー登録を必須とするのは「最悪」であり、シェイプシフトは依然として、個人には金融プライバシーの権利があると考えていると述べた。

タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
XRPが電子クズになるのを心配する方もおいでだろうが、既にXRPには多くの実需が乗っかってる。例えば初期の頃のラーセン氏が行った慈善団体活動や大学への寄付など。更にはXRPのユースケースの研究開発としてのXpring。もしXRPの価値が0になったら、全ての活動資金が0になる。個人的には考えにくい。
せっかく書いたのに全然売れないんで月内3000円で販売します!!
恐らく価格が良心的でないんだろう( TДT)気兼ねなくDMください

今までの集大成的な内容「負けないトレードのすゝめ」PDF約100ページ25000字越えの大作|ヌマちゃん @death_btc|note(ノート)
WayV’s 伊周magazine will be on sale at the end of July. The magazine has two versions, one is physical magazine and another one is e-magazine.

WayV also prepares gifts for fans. Check out the video for details.

#WayV @WayV_official
#NCT @NCTsmtown
NEM(XEM)最近あまり注目されてないけれど、5/15につけた過去最大の出来高もあるし、秋以降仕掛けが何かあるかもしれない。

今日は久しぶりにNEMを盛り上げるぞ!!!
夜までにちょっぴり面白いお知らせができるかも☆
リップルCEOブラッド談
「XRPは、国境を越えた支払いのための劇的に速く、安価な橋を提供することにより、数兆ドルの問題を解決するためにユニークに装備されています。@Ripple既に規制当局、銀行、金融機関と協力して、@MoneyGramこれを世界中で実施しています」(5/7)
脅威の素材グラフェンで「海水を飲料水にする」ことに成功 (アーカイブ記事)
NANJに限った事じゃないけど将来性を感じるから買うわけだし、それすらなくなったら売るだけ。
投資ってそういうもんでしょ。

一番分からないのは絶望しているのに握り続けて文句ばっか言っている事。

あと、現時点で誰も正解なんて分からないわけだから、それについて殴り合うなんて不毛の極みよ。
11月開催のファンイベントへ向けて解説、『仮想通貨XRP』とリップル社が目指す未来 | XRP Meetup Japanコラム1


2019年11月10日開催の日本初コミュニティ主催イベント “XRP Meetup Japan(@xrpmeetupJA)” さんの初回コラム記事公開されました!是非ご覧ください!
GiantGoxさんの電子書籍『リップル総合まとめ: ユニコーン企業はこうして誕生した』発売です!

リップルとは何ぞや?XRPとは何ぞや?
巷ではリップルとXRPへの誤解が溢れています
真のリップルとXRPの物語はここにある
皆さんこれでお勉強しましょう!
|•'-'•)و✧

BTCが嫌いなわけでないし、
偉大な通貨だと思ってますよ。
ただBTCをとりまく、それを利用して一般人から金を巻き上げる詐術師達が嫌いなだけです。
必要な規制はどんどん行い、詐術師達が消えるなら嬉しい話しですよね。リブラにも詐術師達が絡む要素があるなら今の内に規制強化排除は正しいでしょ
おすすめサイト