仮想通貨交換業者のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
18:39 2019年10月14日
今月来月はリリースラッシュですー! まずはGtaxの法人・個人事業主版から。仮想通貨取引をしていて、損益計算だけでなく仕訳・記帳が必要な方向けのサービスになります。 仮想通貨交換業者様、ブロックチェーン事業者様向けの取り組みについても近日中に続報をお届けします
仮想通貨交換業者における Bitbank というサービスの特性(いわゆる大手の中で、いままで派手な宣伝を打っていない)も考慮に入れる必要はあるとは思うんだけど、興味深いデータ。 高齢化した日本の人口分布で補正すると、20歳以上50歳未満の旺盛さは、さらに際立ちそう。
仮想通貨交換業者が主導している日本では、たぶんこれあんまり重視されていない。 なぜなら交換業者から見れば、顧客が口座開設したら自分が所有するアドレスが顧客に割り振られるから。 また、自社割り振りアドレス以外を顧客が持つというのは、彼らにとって実はあんまり都合の良いことでもない。
金融庁、仮想通貨交換業者にLINEグループの「LVC」を認可|LINK(LN)トークンが高騰
今年はしっちゃかめっちゃかになって終わる覚悟は出来てる。ゆっくり待つw ■FATF 対日審査スケジュールが正式決定 FATFの日本審査の日程が、10月28日~11月15日の3週間にわたり行われることが正式に決定した。マネロン規制対象には“仮想通貨交換業者も含まれ”日本の審査結果は20年夏に公表される。
今年はしっちゃかめっちゃかになって終わる覚悟は出来てる。ゆっくり待つw ■FATF 対日審査スケジュールが正式決定 FATFの日本審査の日程が、10月28日~11月15日の3週間にわたり行われることが正式に決定した。マネロン規制対象には“仮想通貨交換業者も含まれ”日本の審査結果は20年夏に公表される。
【New】LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可【速報】
これ、「過去一度も破られたことがなく米国の政府機関にも長年愛用されているAPPGUARDを導入していた仮想通貨交換業者ビットポイントジャパンが、マルウェアに感染して約30億円分の被害に遭っていた」という事になるけど、やばたにえん案件なのでは…
LINEが日本で認可ー!BTC、ETH、BCH、LTC、XRPがリスト予定。 LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可【速報】 #coindeskjapan
日本で仮想通貨の販売するには、仮想通貨交換業者と同じライセンスが必要だと思うけど、第何号とったんだろ!?!?!?
LINEが国内で仮想通貨取引所「BITMAX」を開始するそう。 世界最大級のコミュニケーションアプリ。 早ければ来月にも国内で仮想通貨交換業者として 取引開始する可能性があるそうです。 LINEの今後にも注目していきたいですね~
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
会社は潰れてない(仮想通貨交換業者じゃなくなるだけだ)けど、もう世間では潰れた事になってる。。。汗 その内フィスコとかと組んで、日本でCOMSA再開しますとか言っても、一部の朝山さんファンじゃなきゃ付いてこないような気がする。。。 ウルトラCでCCと組んだら話題性はありそうだけど。
ケナ氏(37)は現在、0.5ビットコイン(約4000ドル=約42万7000円相当)しか所有していないという。かつては数千ビットコインを保有していた。同氏は米国初の仮想通貨交換業者であるトレードヒルを率いているが、一獲千金を狙って業界に入ったのではなく、世界を変えるためだったと話す。
【Podcast 仮想通貨週刊ニュース】 第88回『金融庁が仮想通貨交換業者にLINEグループの「LVC」を認可』 “目次“ ◯バイナンス、9/7に大きな発表か ◯どうなるステーブルコイン戦争 ◯厳しい局面を迎えるXRPの今後 ◯9月28日は
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
仮想通貨は匿名性が高い。仮想通貨交換業者を通じてマネーロンダリングに悪用される恐れがあることもあり、金融庁は締め付けを強化している。反社会的勢力の顧客リストがない、反社会的勢力の取引を意図的に見過ごすなど不正取引防止の意識が薄い業者も多い。
日本も仮想通貨に対して前向きな姿勢⁉️ 金融庁、仮想通貨交換業者にLINEグループの「LVC」を認可 $BTC
LINEが国内でも仮想通貨交換事業に参入。 / LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可 (CoinDesk Japan)
LINEが日本で認可ー!BTC、ETH、BCH、LTC、XRPがリスト予定。 LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可【速報】
LINEが日本で認可ー!BTC、ETH、BCH、LTC、XRPがリスト予定。 LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可【速報】
LINEが日本で認可ー!BTC、ETH、BCH、LTC、XRPがリスト予定。 LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可【速報】
LINEが日本で認可ー!BTC、ETH、BCH、LTC、XRPがリスト予定。 LINE傘下のLVC、金融庁が仮想通貨交換業者に認可【速報】
【新着情報更新】仮想通貨交換業者に求められる経営管理態勢や仮想通貨の流出リスクへの対応、ICOへの対応等を、監督上の着眼点として明確化するため、「事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)」の一部を改正しました。
【速報】金融庁、仮想通貨交換業者にLINEグループの「LVC」を認可 @coin_postから
【チェック・再掲】 金融庁、事務ガイドライン(仮想通貨交換業者関係)の一部改正(案)におけるパブコメ結果 ・12の個人及び団体より32件のコメント ・改正後の事務ガイドラインは、本日からの適用
2019 は明日まで開催中! bitFlyer はブロックチェーン事業のパイオニア、そしてビットコイン取引量国内 No.1 のとして業界を一層盛り上げるべく、唯一のダイアモンドスポンサーを務めています。ブースも出展しておりますので、是非お立ち寄りください!
国連制裁の執行を監視するパネルが安全保障理事会に宛てた報告書は、北朝鮮のエージェントが金融機関と仮想通貨交換業者から約20億ドル(約2100億円)を違法に取得したと指摘
9/6注目記事 ▶︎『米国版バイナンス』9月7日に新発表予告、取扱い銘柄やローンチ日の言及に期待感 ▶︎ビットコイン1000億円相当が大量移動、Bakktへの入金か ▶︎金融庁、仮想通貨交換業者にLINEグループの「LVC」を認可
仮想通貨は物やサービスとの交換はOKだが仮想通貨同士や法定通貨との交換はNGという新しい財 仮想通貨交換業者への上場は仮想通貨同士や法定通貨との交換を限定的に解禁すると理解すれば良い。
仮想通貨交換業者はこの課題を合理的なコストで解決できていません。 金融業者がFATFのガイドラインに従ってもコストが上がるだけで、この課題を合理的なコストで解決できないのです。 ここで登場したのが です。 そのプロ版が です。
古物商/古物市場は一見物を介して非効率に見えるかもしれませんが、マネロン防止の観点からは結果的に仮想通貨交換業者より低コストでトークンエコノミー経済圏を作ることができます。 中長期的には高コストで高品質なものより、低コストで低品質なものが勝ちます(イノベーションのジレンマ)

2ch掲示板

608: 承認済み名無しさん 2019/08/22(木) 20:21:14.56 ID:tpgCJVO7.net
>>607
インフラ整備はビットポイントと提携しているから仮想通貨交換業者の免許がなくても問題ないです。
とアップから説明されました。
ビットポイントから委託されるような形で一緒にインフラを開拓してくれる人を集めてます。
と言われました。

977: 承認済み名無しさん 2019/04/30(火) 11:11:47.58 ID:okFLjsaO.net
世の中はどんどんキャッシュレス、ブロックチェーン社会になってきているけどビットマスターには一切関係ない話だよね。
いつまでマルチで人集めするのかな?
営業できる商品がないんだし、仮想通貨交換業者の免許も電子決済等代行業の申請もしてないんだから早く撤退したら?

543: 承認済み名無しさん 2019/01/22(火) 20:15:47.22 ID:Na8QQF/h.net
>>542
仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京)から当時のレートで約580億円相当の
仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、ハッカー側がネムを資金洗浄して得た
仮想通貨「ビットコイン」の一部を海外の仮想通貨交換所に持ち込み、現金化しよう
とした形跡があることが21日、捜査関係者への取材で分かった。事件は26日で発
生から1年を迎えるが、現金化の動きが確認されたのは初めて。警視庁は仮想通貨
相場の下落傾向を受けて、現金化を急いだ可能性があるとみている。

416: 承認済み名無しさん 2019/01/22(火) 18:29:14.71 ID:KlpJSaaa.net
仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京)から当時のレートで約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、
ハッカー側がネムを資金洗浄して得た仮想通貨「ビットコイン」の一部を海外の仮想通貨交換所に持ち込み、現金化しようとした形跡があることが21日、捜査関係者への取材で分かった。
事件は26日で発生から1年を迎えるが、現金化の動きが確認されたのは初めて。警視庁は仮想通貨相場の下落傾向を受けて、現金化を急いだ可能性があるとみている。

12: 承認済み名無しさん 2019/01/22(火) 11:45:19.20 ID:THS+LUnO.net
うわあああついにcoincheckからネム盗んだやつが売り始めたあああああ終わりだたああああ

仮想通貨交換業者「コインチェック」(東京)から当時のレートで約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、
ハッカー側がネムを資金洗浄して得た仮想通貨「ビットコイン」の一部を海外の仮想通貨交換所に持ち込み、現金化しようとした形跡があることが21日、捜査関係者への取材で分かった。
事件は26日で発生から1年を迎えるが、現金化の動きが確認されたのは初めて。警視庁は仮想通貨相場の下落傾向を受けて、現金化を急いだ可能性があるとみている。

11202: 投資丞相 2018/10/5(金) 09:20 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-11202.net
日本の取引所で取引するのは危険なので、海外の取引所に口座を作って有望なプロダクトを保有する仮想通貨を買うのがいいでしょう。

仮想通貨流出、補償先送り テックビューロ混迷
海外で小口換金、所在追跡できず

2018/10/4付
日本経済新聞 朝刊

仮想通貨交換業者テックビューロで約70億円の仮想通貨が流出した問題の波紋が広がっている。9月14日の流出から約3週間たった今も詳細の公表はなく、9月中としていた顧客への補償の枠組みの決定も先送りされた。インターネットに接続した状態で仮想通貨を保管する仕組みへの懸念もあり、仮想通貨の流出リスクが拭えない。

623: 承認済み名無しさん 2018/09/29(土) 16:22:05.09 ID:jfSwoPhm.net
確かに
くさっても金融庁管轄の仮想通貨交換業者がやってるICOだし
もし解散して返金命令出たらラッキーではある

10479: 投資丞相 2018/9/6(木) 16:13 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10479.net
仮想通貨にとっては不吉な日となった。ピア・ツー・ピア(P2P)取引を提供する最も著名な交換業者の1社がユーザーに個人情報を求め始めたからだ。中央集権的ではないP2Pの分散型ネットワークは、本来のビットコインのビジョンに沿っている。


  スイスに本拠を置く仮想通貨交換業者シェイプシフトのエリック・ボールヒーズ最高経営責任者(CEO)は4日のブログ投稿で、基本的な個人情報の登録が必要な会員制プログラムを導入すると発表、「近く義務化する」と説明した。アカウント登録が不要な交換業者として知られていたシェイプシフトにとって180度の方向転換となる。


  ボールヒーズ氏は質問への電子メールによる回答で、会員登録は1-2カ月以内に義務化されると説明。「私はビットコインの終焉(しゅうえん)を宣言する多くの人たちにも直面してきた」とした上で、「究極的にはデジタル資産とデジタル金融が世界を支配するだろう。さまざまな否定論者が何を言おうと、その実現を助けるためにわれわれはいる」と述べた。


  ブログ投稿によると、シェイプシフトが会員制プログラム導入に動いた背景には、ユーザーらが電子メール通知などアカウントに関連した機能を求めていたことがある。同社はまた、ロイヤルティー・プログラムのトークン化の可能性を探る中で、「規制環境を乗り切るために慎重かつ思慮深いアプローチ」が必要と認識しているとした。仮想通貨ウオッチャーらは、この最後の部分に注目し、シェイプシフトが当局に屈したのではないかとみている。


  ボールヒーズ氏は今回の動きが当局からの具体的な要求に応じたものなのかとの問いに、「常に変わる法律のグレーゾーンの中で当社のリスクを回避するための予防的な措置だ」と説明した。ただ同氏はブログ投稿で、こうした批判に一部同調し、メンバー登録を必須とするのは「最悪」であり、シェイプシフトは依然として、個人には金融プライバシーの権利があると考えていると述べた。

10431: 投資丞相 2018/9/3(月) 14:57 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10431.net
コインチェックは下記のニュースで更にハードルが高くなったという事になりますね。

リミックスポイントがますます有利な状況に・・・

ニュース
金融庁、仮想通貨交換業者への対応増員20人など平成31年度の機構・定員・予算要求を発表

来年度の予算総額約265億円計上、対前年度プラス17億8000万円


 金融庁は8月31日、平成31年度機構・定員および予算要求についての発表を行い概要を公開した。仮想通貨交換業者への対応強化など検査・監督等の質の向上のために20人の増員ほか、金融行政の戦略立案・総合調整機能の強化や企画能力の強化などのために、合計34人の増員を要求している。平成31年度予算については、金融行政の的確な実施のために必要な予算として、対前年度プラス17億8000万円となる約265億円を計上している。

10388: 投資丞相 2018/8/31(金) 18:36 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10388.net
楽天は8月31日、連結子会社である楽天カードを通じて、仮想通貨交換業を営むみんなのビットコインの全株式を2億6500万円で取得することを明らかにした。
本株式取得は楽天カードと、みんなのビットコインの親会社であるトレイダーズインベストメントとの間で締結された株式譲渡契約に基づくもの。10月1日を株式譲渡実行予定日としている。
Eコマースを中心にトラベルやデジタルコンテンツ、金融など70を超えるサービスを運営する楽天。これらのサービスを楽天会員を中心としたメンバーシップによって結びつけ、独自の「楽天エコシステム」を拡大させてきた。
そのような環境において同社では2016年に「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国に設立し、ブロックチェーン技術の研究を推進。将来的にEコマースや実店舗での決済、個人間での決済手段として、仮想通貨による決済機能の役割が大きくなっていくと見込んでいるようだ。
仮想通貨の決済手段を円滑に提供していくためには仮想通貨交換所機能の提供が必要であること、 また楽天証券において、FX顧客を中心に仮想通貨による運用機会の提供を期待する顧客の声が大きくなっていることもあり、仮想通貨交換業への参入を検討してきたという。
今回買収したみんなのビットコインは、2017年3月30日に仮想通貨交換所のサービスを開始。2017年9月7日に仮想通貨交換業者の登録申請書を提出し、現在はみなし仮想通貨交換業者として営業している。2018年4月25日には関東財務局より業務改善命令を受け、現在は指摘事項の課題について改善を図っている段階だ。
楽天ではみんなのビットコインが仮想通貨交換業者の登録を目指すには、楽天グループの傘下で事業を強化することで、事業の安定や拡大の実現とともにユーザーへ価値を提供できると判断。株式譲渡に関する協議に入ったという。
株式取得の決定に至った理由として「これまでのみんなのビットコインによる仮想通貨交換業のノウハウと楽天グループの広範な金融事業におけるノウハウを合わせ、事業体制の確立を行うことで、早期の仮想通貨交換業者としての登録と今後の仮想通貨に関するサービス発展に向けた事業展開が期待できると判断し、今回の株式取得の決定に至りました」としている。

10039: 投資丞相 2018/8/11(土) 06:00 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10039.net
5時間前
Cointelegraph Japan
金融庁が検査結果のとりまとめ公表、仮想通貨交換業の新規登録はより厳格化

 金融庁は10日、仮想通貨交換業者への検査・モニタリングへの中間とりまとめを発表した。仮想通貨交換業者が急速にビジネス規模が拡大する一方で、顧客資産の管理や内部管理態勢などの体制が追い付いていなかったことが改めて浮き彫りになった。今回のとりまとめを受け、交換業者の新たな登録にはより厳格な審査が行われるとみられる。
 今回のとりまとめで、仮想通貨交換業者の会社規模が急拡大したことがわかった。交換業者の会社規模(総資産)は1年間で約6.5倍の6928億円に拡大。昨年秋からの仮想通貨市場の盛り上がりで、一気に規模が拡大した形だ。その一方で、利用者財産の管理を少ない役職員で行っている。平均して1人で33億円もの預かり資産を管理していた。
 急速な事業拡大に業者側の体制整備は追いつかず、杜撰な内部管理態勢や顧客保護が不徹底なケースも見つかった。既に複数のみなし業者や一部の登録業者への行政処分で個別の問題については発表されているが、今回のとりまとめで網羅的に問題点を把握することができるだろう。

金融庁「仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング 中間とりまとめ 主なポイント」より
 指摘されている問題点は、ビジネス分野、リスク管理・コンプライアンス、内部監査、コーポレートガバナスと多岐にわたる。既に個別の行政処分で金融庁が指摘しているように、こういった問題は「業容が拡大する中、それに見合った人員の増強やシステム・キャパシティの見直しを行っていない」ことにあるとみられる。
今後の新規登録再開は?
 金融庁は現在、すべてのみなし業者と登録業者7社に対して立ち入り検査を実施。残りの登録業者にも検査を行っていく方針だ。

9684: 下剤統一超低周波スピーカー学会 2018/7/25(水) 17:32 ID:MIESdTNzsTM7kgpQJA--9684.net
日本仮想通貨交換業協会は24日、投資家が担保に預けた資金の何倍もの金額で取引ができる「証拠金取引」について、現在は上限が無制限の倍率を証拠金の4倍以内とするよう推奨する自主ルールを設ける方向で調整に入った。仮想通貨の急激な価格変動で投資家が多額の損失を被るのを防ぐ狙いがある。同協会に参加する仮想通貨交換業者の同意を得て、月内にも決めたい考えだ。

861: 承認済み名無しさん 2018/07/25(水) 00:28:59.46 ID:+gdYS6VX.net
クルクルってみんな頭悪そう

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト