中国人民銀のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
01:21 2019年12月12日
◆WeChat、Alipay、仮想通貨取引をブロック◆

中国人民銀行や銀行規制委員会をはじめとする中国の5つの高水準規制機関が、仮想通貨に関連する資金調達や取引活動に対して警告を発した。WeChat PayとAlipayはこの発表の後、規制当局に追いつくために奮闘している。

【情報提供:Coindesk】 #フォビ
☾[ロイター] 中国人民銀、仮想通貨・ブロックチェーン企業の違法な資金調達に警告【】[ロイター] 中国人民銀、仮想通貨・ブロックチェーン企業の違法な資金調達に警告……
[ロイター] 中国人民銀、仮想通貨・ブロックチェーン企業の違法な資金調達に警告
中国人民銀、仮想通貨・ブロックチェーン企業の違法な資金調達に警告 | Article [AMP] | Reuters
中国人民銀行などが音頭をとって、海外取引所のIPへのアクセス禁止や監視を強化。
まあ絶対迂回手段すぐ考案されるし、OTCがさらに活況になるか、またはDEXのテイクオフ機会になるくらいだと思ってる。
多分それも、いずれはでてくる中国国営の取引所までの繋ぎ。
これは終わりの始まりか。中国人民銀行、中国銀行業監督管理委員會など6つの中国における金融行政最高機関が、海外IPアドレスを用いて、中国在住者にインターネット等を通じて仮想通貨取引やICO参加を呼びかけることを禁止。wechat payやalipayもトランザクション監視下に。
中国人民銀、仮想通貨・ブロックチェーン企業の違法な資金調達に警告 #中国人民銀 #仮想通貨 #ブロックチェーン企業 #違法 #資金調達 #警告 #BITCOIN #ビットコイン
◆中国、仮想通貨などによる資金調達のリスクに対し注意喚起◆

金融革新やブロックチェーン名目で、仮想通貨の発行による資金調達は詐欺の可能性が高いとして、中国の銀監会、サイバー管理局、公安部、中国人民銀行、国家市場監督管理総局が注意を呼びかけている。

【情報提供:華爾街見聞】#フォビ
中国人民銀行は8月24日、期間1年の中期貸出ファシリティー(MLF)を通じて金融機関に1490億元を供給。金利は3.30%で変わらず。今回のMLF融資は国債発行に伴う支払いやリバースレポ満期といった要因に対処するためとしている。 #中国
中国政府が124の海外仮想通貨取引所への中国からのアクセスを遮断する意向【】上海証券報によると潘巧勝中国人民銀行副総裁は海外から中国国内の投資家に対して仮想通貨取引サービスを提供している1…
【中国人民銀行顧問:政府部門がブロックチェーン産業を監視するのはブロックチェーンの健康的な発展に良いこと】中国人民銀行の顧問は「仮想通貨は本質的に通貨ではなく、規制当局の規制により、健康的に発展させることができる」と発言した。
【重要】
中国人民銀行など ICOや仮想通貨取引の規制を強化する新たな規制方針を発表

・国外にサーバーを持つ124のウェブサイトに取引記録の提供などを要求し 仮想通貨取引などの抜け道となっていれば閉鎖措置
・決済サービスに対しても仮想通貨ビジネスを行わないよう要求

2ch掲示板

10288: 投資丞相 2018/8/24(金) 12:59 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10288.net
中国政府が124の海外仮想通貨取引所への中国からのアクセスを遮断する意向
2018年08月23日18:39

上海証券報によると潘巧勝中国人民銀行副総裁は海外から中国国内の投資家に対して仮想通貨取引サービスを提供している124の海外仮想通貨取引所へのアクセスをブロックする意向があると語ったそうです。

国家フィンテックリスク是正事務局(CNFRRO)は2016年に中国の国務院により設立された仮想通貨を取り締まる局ですが、今後、海外仮想通貨取引所の締め出しを強化する模様です。

すでに中国からはバイナンス、ビットフィネックス、OKExのサイトにはアクセスできなくなっています。

10293: 投資丞相 2018/8/24(金) 18:02 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-10293.net
中国規制当局が124の海外取引所への国内からのインターネットアクセスをブロックする予定
WeChat上での取引やICOサービスを提供する公式アカウントや国内サイトの封鎖も予定
WeChat上ではすでに複数の仮想通貨メディアのアカウントが停止
記事ソース:China Seeks to Block Access to 124 Foreign Crypto Exchanges
中国規制当局が124の海外仮想通貨取引所への国内からのインターネットアクセスをブロックする方針で動いていると現地メディアが報じました。
中国の金融規制当局の報道を扱う上海証券タイムズの報道によると、中国規制当局はこれまでに、現在国内からアクセス可能であり海外IPアドレスを利用する124の仮想通貨取引所を特定しているとされています。
当局は今後、それらの取引所の監視と、国内からそれらの取引所へのインターネットアクセスのブロックを行う予定です。
昨年9月には中国人民銀行が国内でのICOと取引所の全面禁止を発表し、中国の取引所はその業務を海外へ移しました。
また、中国ではすでにBinance (バイナンス) 、OKEx、Bitfinex (ビットフィネックス) などの主要取引所へのアクセスがすでにブロックされています。
また今回の報道では、WeChat上の仮想通貨取引やICOサービスを提供する公式アカウントや国内のウェブサイトを永久に封鎖する予定であることも報じられています。
さらに当局は決済サービスを提供する企業との連携を進めており、仮想通貨取引に関与していると見られるアカウントの停止を求めるともされています。
2日前にはWeChat上の複数の仮想通貨メディアのアカウントが停止されたことも報じられています。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト