オフチェーンのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
07:23 2019年10月23日
ETH速報:イーサリアムで初となる双方向オフチェーンプロジェクトLiquidity Networkはアンドロイド用アプリをリリース。指紋認証機能他、無料で100weiをもらうことができ、テストが行えます。#イーサリアム #Ethereum #仮想通貨 #LiquidityNetwork #オフチェーン
aeternityのbitcoin-NGはオンチェーンスケール、state channelでオフチェーンスケール。そして、ネットワークは分散システムに使われ信頼されているErlangで実装されています。LINEのバックエンドでも使われている環境ですね。state channelのためにもこれ大切。
スマートコントラクトの実行は全ノードでやる必要は無いと思う。当事者間で合意できたら状態遷移だけをブロックチェーンに記録。実行はオフチェーンでいい。
【ライトニングネットワーク】
ビットコインのスケーラビリティ問題に対する解決策の一つ。ビットコイン取引をブロックチェーンの外(オフチェーン)で処理することで、ブロックを作成せずに取引ができる。メリットとして、手数料減少や送金速度向上などが挙げられている。実装時期は未定。
そこで上げトレっぽい雰囲気でTxが増えまくってるから詰まり気味と。
投機需要だけでこれなんだからしょうがねぇな。実需が乗っかってきたときにこれでだれが商売できんねん。オフチェーンにしろ書き込みでけへんやん
"オフチェーン決済の、イーサリアムにメインネットをローンチ" #仮想通貨 #feedly
イーサリアム初!オフチェーン決済を可能にする「」のメインネットが公開

#ETH
#オフチェーン
マイクロライデンとオフチェーンについては下記を参照してください。



#イーサリアム #Ethereum #仮想通貨 $ETH #ブロックチェーン #Liquiditynetwork #microraiden #raidennetowrok #raiden
最近はサイドチェーンプロジェクトが多かったですが、有望なオフチェーンプロジェクトもどんどんローンチされていきそうですね。ライデンネットワークのマイクロライデンは多対一(ライデンは多対多)でDapps課金用のペイウォールなのでLiquidity Networkには期待。 #イーサリアム #Ethereum #仮想通貨
#ライトニングネットワーク(LN)を通じた送金、多額の時に課題。現状は使い物にならない可能性。

取引がオフチェーンで行われるためマイニング報酬が減る。今後の報酬もどうするのか。

$BTC #フィンテック #仮想通貨 #ビットコイン #ブロックチェーン
気づいてなかったけど、Coinbeseにプロトコルチームなんてものが出来ていたのか。
ペイメントチャンネルやオフチェーンなどの先進的な技術領域にコミットをするチーム>

“Introducing the Coinbase Protocol Team” by @varunsrin
ユーザのためを思うたび、オフチェーンが優れていると思える。
自キャラの装備を変えるだけで課金されるとかひどすぎる。
少なくともサイドチェーンが来るまでは、全てチェーン上で処理するのは開発者の自己満足だよ。
・公式キャラクターコンテスト
・公式Discord開設
・Starringの機能開発
 - オフチェーン/オンチェーン連携機能の実装
 - キャラクタートークン(会員証や株式みたいなもの)発行機能の実装

2ch掲示板

443: 承認済み名無しさん 2018/07/21(土) 09:57:47.23 ID:dJ83bAtt.net
>>440
BTC持ってても詰まって動かくなるんで150万ぐらいでもう使えないけどな
オフチェーンに移行しそうにないし
送金が多いサービスに利用する場合、
BTC、ETHとかblockchain1.0、2.0世代は使えんし

117: 承認済み名無しさん 2018/07/19(木) 01:31:20.34 ID:ezWwaNNm.net
>>111
俺も最初はそう思っていたがBTCやイーサではダメなんだよ
高騰したり流通の増加により「詰まり」が発生するようではダメなんだ
だからといってライトニングとかライデン使った、
オフチェーンで処理を速くすればいいというものでもない。
あくまで「オンチェーンで高セキュリティを確保しつつ」流動する必要がある。

そういう方向性の高性能通貨はもう幾つも出てきてるが

有事の際とか如何なる時でも
流動性とセキュリティを保証された暗号通貨でないと使い物にならない。
というかXRPの価値の源泉はまさにその部分「信頼の絶対保証された実用性」
にある。

それは性能だけでなく各国の当局の基準にどれだけ親和準拠しているかなどの
法的側面でも信頼性を持っていないといけない。
最終的に価値の移動の世界基準を獲れるかどうかが今後のXRP躍進の明暗を分けるが
リップルはそれを一番理解し最も進んでいる。

51: 承認済み名無しさん 2018/06/29(金) 20:20:57.36 ID:wqFP7sKC.net
>>48
取引所のpcnアドレスは全員同じ
取引所内はオフチェーン
よってCEが協力しない限り保有は証明できない

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト