インスタントセンドのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
23:00 2019年11月22日
用のホットキーを一つ減られるのでいいですね!
普段はDockから消していて、LaunchBarの呼び出しはcommand+space、はfn二度押しで使ってました
【インスタントセンド@仮想通貨】 ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
【インスタントセンド@仮想通貨】 ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
【インスタントセンド@仮想通貨】 ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
【インスタントセンド@仮想通貨】 ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
【ダッシュ④@仮想通貨】 ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
【ダッシュ④@仮想通貨】 ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
【ダッシュ④@仮想通貨】 ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
が一時的に無効化されています。攻撃者が6つ以上のマスターノードを持った場合に悪用される恐れがあることが発見されたため。9月リリースのDash Core12.2に修正プログラムを含めるため、リリースまでを選択しないでくださいとのこと
【事実確認1/2】 のダークセンド、インスタントXは2016年6月にそれぞれプライベートセンド、に名称を変更しています。 の承認時間は1.3秒以下です。 通常の送金は匿名化されておらず、認証方式はProof of Workです。
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
$Dash がLLMQインスタントセンドとChainLocksを実装したことは大きなニュースだと思うんですが、暗号通貨関連メディアはまだ殆ど取り上げていません。
また、Dashを取り扱っている取引所等でDashの高速入金ができるのはKraken、Upholdなどまだ少数のようです。
Dashは眼中にないという人が多い印象です
7月2日にアクティブ化した $Dash のChainLocksとLLMQインスタントセンドについてはこちらの記事をご覧下さい。これによりDashは51%攻撃への極めて高い耐性を獲得し、ビットコイン等にはない即時のファイナリティ(決済の確定)を実現しました。#暗号通貨 #仮想通貨 #暗号資産
現在約0.04円という超少額の手数料で、瞬時に決済を完了でき、受取直後に連鎖的な送金ができる $Dash を少額(時価約5円)ですが無料でお送りしています。ChainLocksにより高くなった堅牢性と、LLMQインスタントセンドにより実現した即時のファイナリティを体感いただけます。
によると現在 $Dash の過去24時間のトランザクション数が 3万件を超えて $LTC を上回っています。アクティブアドレス数も10万を超えています。DashにはPrivateSendがあるので多くなる傾向があります。
PSのためのミキシング時間もLLMQインスタントセンドによって短縮されました
$Dash の送金実験を再びしました。LLMQインスタントセンドは素晴らしいです。ブロックの生成を意識することなく自由な送金を繰り返せます。従来のInstantSendは承認時間が2秒とか4秒とか書かれていましたが、LLMQインスタントセンドは1秒と言っていいと思います。多くは1秒もかからないかもしれません
ユーザーが注意すべきことは、17時から約1時間にわたってインスタントセンドが使えなくなることです。これはハードフォークではありませんので、送金自体は安全に行なえます。
このアップグレードによりDashは極めて高い51%攻撃耐性を獲得し、全トランザクションが即時に決済完了となります。
【インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
【インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
Dash. org上にギフトカードプラットフォームの@eGifter を統合したというサイトが登場。
米国内の300以上のブランドのギフトカードを $Dash のインスタントセンドで即時に購入できるようになりました。現在、キャッシュバックならぬDashバックの特典もあります。 #仮想通貨
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
【インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
$Dash は近日中にAutomatic InstantSendのアクティブ化(Spork16)も予定されています。
Dashのほとんどのトランザクションが追加手数料なしでインスタントセンドになります。2秒以下で承認される攻撃耐性の高い安全な決済が超少額の手数料で実現します。二重支払い(Double Spend)の問題もありません。
なぜベネズエラでDashなのか?
1⃣採掘可能な暗号通貨の中で特に安い送金手数料(現在中央値は約0.04円)➡️来月にもインスタントセンド機能のデフォルト化で殆どの承認時間が約1.3秒に
2⃣DAOの自己資金で現地コミュニティが成長
3⃣高インフレ率のベネズエラ・南米を最重視している開発チームの営業力
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
ビッグストーンさん(@bigstonebtc)からLightningウォレットで1000satoshisをいただきました。ありがとうございます。
$Dash のインスタントセンドは手数料の安さと超少額送金という点では負けるものの、ユーザビリティ・安全性という点でLightningNetworkにじゅうぶんに対抗できると私は思いました。
昨年末に私が無料で送付していたDashの送金額は5万duffsで現在約3.9円。送金手数料は1件あたり226duffsで約0.02円です。
v0.13のアクティブ化で、この送金は自動的に無料でインスタントセンドとなり約1~2秒でトランザクションがロックされます。
Dash対応のウォレットさえあれば誰でも送受信できます
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
マスターノードによってロックされたInstantSendトランザクションと競合するブロックは拒否されます。次のv0.13でインプットが4以下なら自動的に無料でインスタントセンドが適用されるようになります。さらにv0.14では、DIP8で提案されているChainLocksの実装が可能になり攻撃耐性が格段に向上します。
【インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
ほとんどの通常送金(送信元アドレスが4つ以下の場合)にインスタントセンドが無料で適用されるようになります。
インスタントセンドです!
決済が安全かつ即時に完了するところがいいですね。
$Dash の公式クライアントであるDash Coreのv0.13.0(旧称0.12.4)が現在テストネットで動いています。その概要が発表されました。特筆すべき点はAutomatic InstantSend。これまでオプション機能で追加の手数料が必要だったインスタントセンドが追加手数料なしで自動的に適用されるようになります。
インスタントセンド@仮想通貨】
ノードの中から一定条件の中でランダムにマスターノードを選び、承認作業を任せることによってより速い承認作業をすることができる仕組みの事。
#インスタントセンド
【ダッシュ④@仮想通貨】
ダッシュはインスタントセンドという仕組みを使い、取引の長い待ち時間をなくした仮想通貨である。ビットコインは送金に10分かかるのに対し、ダッシュは1回の取引にかかる時間が約1.4秒。
#ダッシュ
BitGoは $Dash の予算を獲得していて、Dashをウォレットに追加しインスタントセンド(即時送金)機能をサポートすることを約束していました。
採掘アルゴリズムにDashと同じX11を採用し、PoW/PoSハイブリッド(ブロック報酬の配分は15%/85%)。マスターノードを建てるには5,000PTRの所有が必要。インスタントセンド機能あり。プレマインが1億PTR?ブロック生成間隔は1分。ブロックサイズは4MB。ソースコードは非公開
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト