アリババのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
01:41 2019年10月20日
中国版Googleまで仮想通貨排除。
どこまでいくのか。中国よ。
#仮想通貨

中国バイドゥ、テンセントとアリババに続き仮想通貨の規制強化 via @JpCointelegraph
ETHnewsによると、アリババの子会社であるAnt Financial Servicesは、湖北省武昌市政府との提携により、米の生産、品質、輸送を追跡するブロックチェーンサービスアプリケーションを開始すると発表しました。ウチャンライスの各袋には固有の識別コードが付いています…
政府がQRコード推進し始めたのはやっぱりアリババの勢い見てからだよね、
ソフトバンクって投資で凄く儲けてるイメージあるけど、含み益はほぼアリババ株分。ただし、そのアリババが桁違いにスゴい。
時価総額40兆は日本の頂点トヨタの倍。
というか含み益14兆も日本で2位のソフトバンクの時価総額11兆円より上!
8月28日、黒龍市の武昌市政府は、アリババグループのTmall、Rookie Logistics、Ant Financial Groupと協力し、Wuchang RiceはアリJinfuブロックチェーントレーサビリティ技術を導入する予定です。 9月30日から、Wuchang …
ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイが、インドのPaytm(ペイティーエム)へ約400億円の投資。株式の3~4%の取得。同社はインド最大のモバイル決済企業で、既にソフトバンクとアリババが投資をしている。インドの決済領域は、面白くなっていきそう。
【ネオ(NEO)】
簡単に言っちゃうと中国版「イーサリアム(ETH)」だよ^ ^
提携先としてマイクロソフトとアリババが噂されてる^ ^
今後の動向次第では上昇があるかも^ ^
中国テクノロジー企業大手バイドゥ(百度)は、テンセントやアリババに続き、仮想通貨への対応を厳格化するようだ。これら3社の声明は、中国で最近始まった仮想通貨への規制強化の動きに関連している。北京の朝陽区では、仮想通貨関連のイベントの開催が禁止された。
中国バイドゥ、テンセントとアリババに続き仮想通貨の規制強化
#CryptoClubJapan #クリプトクラブジャパン
●中国バイドゥ、テンセントとアリババに続き仮想通貨の規制強化【】中国テクノロジー企業大手バイドゥ(百度)は、テンセントやアリババに続き、仮想通貨への対応を厳格化するようだ。サウス…
アリババの生鮮スーパーは、スーパーの皮を被ったEC倉庫だった
♫中国インターネット大手各社、対仮想通貨対策講じる、政府の方針受け【

 中国最大手の検索サイト百度、インターネット関連会社、テンセント、eコマース大手、アリババは、新たな対仮想…
Morning SIGNAL | 2018/8/28(火)の注目ニュース

◆中国大手検索エンジン百度(バイドゥ) テンセントやアリババに続き、仮想通貨取引や関連サイトに対する規制を強化

◆TRON 本日KuCoinに上場予定

#仮想通貨 #リスク #トロン #MorningSIGNAL
[ニュース]ロイター トップ! コラム:中国アリババ、時代遅れの複合企業化で価値下落か
中国2大決済システム「仮想通貨決済禁止」|アリババ「中国政府の仮想通貨”OTC取引”監視に協力」と発表
あれッ、Ripple社は、アリババとの提携を発表しているのかな?Rippleと関係無いなら、Rippleの立場がないね。
テンセントとアリババが各自仮想通貨取引への決済機能を遮断した後、バイドゥも仮想通貨への封鎖に加わった。少し前まで人気の仮想通貨、クリプトなどをテーマにするバイドゥ掲示板がすっかり消えた。

中国の夏のニュースによると、テンセントとアリババの2つのインターネット巨人がデジタル通貨のオフエクスチェンジ支払いチャネルを遮断した後、Baiduはまた、通貨円、活発な通貨円、デジタル通貨、仮想通貨の包括的な封鎖に加わった。ポストが完全に禁止されていると、目に見えないコインの…
アリババグループが上海嘉定区南翔に2018年2月に開業したロボットレストラン「ROBOT HE 机器人餐庁」の損益が思うように伸びていない。ここでは、注文から決済まで全て、アプリで完了、注文した食事は、モバイルカーにより運ばれてくる。8月末にはEC大手の京东も当該事業に参入する。 #中国
アリババは2019年度第1四半期の財務報告で、子会社のアント・フィナンシャルのブロックチェーン特許申請件数が世界最多であることが分かった。

そりゃそうよ、当たり前。
これを防ぐにはアリババのジーマクレジットみたいな信用スコアを導入するのが最適。個人と紐付けしていればbotのような不... #NewsPicks
そろそろ?
テンセントは今後12か月の間に2,000億円でXRPを購入、7月初旬に最初の1,000億円分を購入する予定といいます。リップル技術をWechatに統合し、アリババやAmazonにモバイル決済分野で対抗することが狙いのようです。
JDドットコムに興味のある人はまずはこちらのPDFファイルに目を通しておきましょう。



中国のEC市場はまだ成長余地が大きい。リーマンショックがあってもアマゾンが成長し続けたように、アリババとJDドットコムの成長も長期で続きます。

人々がスマホを捨てない限り(^^)
マネーグラムとアントフィナンシャル即ちアリババは世界の消費者がより利便性の高い送金やデジタル決済を行えるよう、新たなイニシアチブを結成し、両社が互いに助け合っていくことを宣言している。

中国のアリババとアメリカリップル。既に繋がってるところウォルマートとマネーグラム。
感動を共有します。
アリババ創業者 ジャック・マーに関する動画

※動画の発信者は私ではありません。

@YouTubeさんから
■アリババ、ブロックチェーンを使って香港からフィリピンへ送金 送金サービスの国際展開も計画

送金の試験を初めて行い約3秒で取引を完了

銀行口座を持たない人々が世界には17億人もいる。そのほとんどが携帯電話を持っている
中国アリババ、ブロックチェーンを使って香港からフィリピンへ送金 送金サービスの国際展開も計画

#ブロックチェーン #仮想通貨 #ビットコイン
世界をリードし続ける8人

ジェフ・ベゾス(amazon)
ラリー・ペイジ(google)
ジャック・マー(アリババ)
ポニー・マー(テンセント)
マーク・ザッカーバーグ(Facebook)
ティム・クック(Apple)
サティア・ナデラ(マイクロソフト)
ロビン・リー(バイドゥ)

メモメモ。。
Rippleって金融インフラをベースから改善するためのソフトウェアを開発する会社なんだよね…
どうやってアリババが競合するんだろ…?
土俵と力士は相撲とらないだろ??
車と道路はレースしないだろ???
インターネットとGoogleは競合しないだろ????
面白い試みだけど、#データ改ざん とかされた時、怖いね…。

#アリババ #芝麻信用
#中国 で浸透する「#信用スコア」の活用、その笑えない実態
ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

#アリババ
#Alibaba
#ジャック・マー
#AntFinancial
アリババってTOYOTA、HONDA、NISSANを併せたよりも大きい。日本で対抗できる企業はない。Google、Facebook、Amazon、AppleなどのIT巨人が動くと、世界はガラッと変わる。仮想通貨市場が大きくなると動きだす可能性があって、FBのCEOは興味を持ってるみたいだから、FBには注目。
何の技術使ってるんだろう。
中国アリババ、ブロックチェーンを使って香港からフィリピンへ送金 送金サービスの国際展開も計画 | Cointelegraph

2ch掲示板

8695: 投資丞相 2018/6/26(火) 05:48 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-8695.net
ビットコイン「バブルの可能性高い」 アリババ馬氏
By Stella Yifan Xie
2018 年 6 月 26 日 01:39 JST
 【香港】中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングの馬雲(ジャック・マー)会長は25日、ビットコインを巡る投機的な動きを批判し、仮想通貨への投資は避けると明言した。

8720: 投資丞相 2018/6/26(火) 14:31 ID:sTjijz1ktTWLrTCDBrgsWh4-8720.net
仮想通貨を使わなくともブロックチェーンによる送金は出来る。
アリババもソフトバンクグループの孫正義氏も仮想通貨に対しては懐疑的

中国アリババ、ブロックチェーンを使って香港からフィリピンへ送金 送金サービスの国際展開も計画

アリババ子会社のアント・フィナンシャルは、ブロックチェーンによる送金の試験を初めて行い、約3秒で取引を完了させた。ブルームバーグが25日に報じている。
 アント・フィナンシャルは、アリペイを運営する企業だ。香港のアリペイHKと、フィリピンのGキャッシュ社との送金が行われた。Gキャッシュはフィリピンの通信会社グローブ・テレコムとアント社によるジョイント・ベンチャーだ。
 フィリピンではブロックチェーンを使った送金事業への関心が高まっている。アリババのジャック・マーCEOは、報道陣に対して、アント・フィナンシャルが将来的に国際展開を進めるだろうと語った。
 「国境を越えた送金を行う際にブロックチェーンを活用することは、過去6か月間で私が最も関心を持っていたプロジェクトの1つだ。香港からスタートし、このサービスを将来的に世界的に展開していくだろう」と、ジャック・マー氏は語っている。
「ブロックチェーンはたった一晩で金持ちになるような技術であってならない。…銀行口座を持たない人々が世界には17憶人もいる。そのほとんどが携帯電話を持っている。ブロックチェーンが人類の未来に及ぼすインパクトは、私たちの想像をはるかに超えている」

 マー氏は、アリペイとブロックチェーンに対する関心の大きさを示したわけだが、最近ではアント・フィナンシャルは1400億ドル(約1.5兆円)にものぼる資金調達も行っている。アント社は調達資金でブロックチェーンや人工知能(AI)などの開発を進めるとしている。
 一方で、マー氏は仮想通貨に対しては厳しい見方を示している。5月に開かれたカンファレンスでは、ブロックチェーン技術の可能性について称賛する一方で、ビットコインを「バブルだ」と語った。
 マー氏の盟友であるソフトバンクグループの孫正義氏も今月に開かれた株主総会で、「ブロックチェーンを使った通貨は、実態よりも投機的な価値が先行している」と仮想通貨に対しては懐疑的な見方を示す一方で、ブロックチェーン技術への取り組みは進めていくとした。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト